2021年05月16日

ベルリン・アレクサンダープラッツ  原題:Berlin Alexanderplatz 

berlin alexander plats.jpg

監督:ブルハン・クルバニ  
脚本:マーティン・ベーンケ、ブルハン・クルバニ  
原作:アルフレート・デーブリーン著「ベルリン・アレクサンダー広場」(1920年)
出演:ウェルケット・ブンゲ、イェラ・ハーゼ、アルブレヒト・シュッヘ、アナベル・マンデン、ヨアヒム・クロルほか

西アフリカ・ギニアビサウ出身のフランシス(ウェルケット・ブンゲ)は、国を逃れ、難民として海を渡り、命からがらドイツにたどり着く。地底で不法に重労働に就くフランシスは、やがて麻薬売人のラインホルト(アルブレヒト・シュッヘ)のもとで働くようになる。ラインホルトのボスのプムスからは、ゴリラ呼ばわりされる。ラインホルトから荷積みの手伝いを頼まれるが、宝石店強盗だった。拒んだことから、車から突き落とされ、片腕を失う。以前クラブで知り合ったナイジェリア女性のエヴァがドイツ女性ミーツェにフランシスを看るように手配してくれて、やがてフランシスとミーツェは恋仲になり、子どもを宿す。エヴァのクラブでの仮装パーティの夜、身重のミーツェは連れていけないとフランシスは一人で出かける。ミーツェはキティの名で、アントレという男と連絡を取り合っていたが、フランシスの留守に初めてアントレと会う。アントレは実はラインホルトの別名だった。そして、その夜、悲劇が起こる・・・

「善人になりたい」と願うフランシスですが、不法滞在のドイツで、どんどん悪の世界に巻き込まれていきます。最初に働いていた地下の作業場で、同僚が負傷し救急車を呼んだことから、不法就労がばれて働けなくなります。ちなみに、この時に負傷した同僚がマスードという男性で、恐らくクルバニ監督の故国であるアフガニスタンからの難民だと思います。
働き場所を無くし、不法移民を食い物にするラインホルトの甘い誘いに乗ってしまうフランシス。最初は、売人がたむろする公園でビサウ料理のマンカラを売っていたのですが、だんだん悪の世界に引きずり込まれます。それでもなお、善人になりたいともがくフランシス・・・

原作は、1920年代に出版されたアルフレート・デーブリーンによる現代ドイツ文学の金字塔「ベルリン・アレクサンダー広場」。アフガニスタン人難民の息子として、1980年にドイツで生まれたブルハン・クルバニ監督は、独自の解釈で映画化。原作の主人公は、下層労働者でしたが、それをアフリカからの難民に設定。時代も現代にして、貧困・人種・難民の問題を盛り込んだ深みのある作品に仕上げています。(咲)


<ブルハン・クルバニ監督 コメント>
原作の「ベルリン・アレクサンダー広場」を読んで僕は育ちました。ベルリンに引っ越したとき、近くの公園には金持ちも黒人もいて、ただ麻薬のコミュニティは黒人の難民がほとんどでした。格差を目の当たりにし、僕は彼らに焦点を当てた物語を作りたいと考え、頭の中で難民の物語とフランツ・ビーバーコップ(「ベルリン・アレクサンダー広場」の主人公)の物語が重なりました。自慢のチームと役者たちが作った、旅をするような映画です。本作はドイツ人社会と難民の話で、そこには闇が存在する。しかし結末には希望の見える話になっています。楽しんでください。

2020年/ドイツ・オランダ/ドイツ語・英語/183分  
配給:STAR CHANNEL MOVIES  
公式サイト:https://star-ch.jp/starchannel-movies/detail_048.php
★2021年5月20日(木)よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映

☆「ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021」上映作品
(5月開催予定が11月に延期されました)
posted by sakiko at 17:21| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やすらぎの森  原題:Il Pleuvait des Oiseaux 英題:And the Birds Rained Down

5月21日(金)、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
劇場情報 https://theaterlist.jp/?dir=yasuragi
●最終版『やすらぎの森』ポスター_R_R.jpg
© 2019 - les films insiders inc. - une filiale des films OUTSIDERS inc.

監督・脚本:ルイーズ・アルシャンボー
原作:ジョスリーヌ・ソシエ
撮影:マチュー・ラベルディエール
編集:リチャード・コモー
出演
ジェルトルード/マリー・デネージュ役:アンドレ・ラシャペル
チャーリー:ジルベール・シコット
トム:レミー・ジラール
テッド・ボイチョク:ケネス・ウェルシュ
ラフ(ラファエル):エブ・ランドリー
スティーヴ:エリック・ロビドゥー
ジュヌヴィエーヴ:ルイーズ・ポルタル 

ケベックの森から届いた人生賛歌!

カナダ・ケベック州の人里離れた深いにある湖のほとりにたたずむ小屋で、3人の高齢の男性たちが愛犬たちと一緒に暮らしていた。歩んできた人生、それぞれの理由で社会に背を向け、人里を離れ森の中で暮らしを満喫していた。そんな彼ら世捨て人たちの前に、思いがけなく女性来訪者が現れる。その80歳の女性ジェルトルードは、少女時代に父の誤解により、不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を強いられていた。甥っ子の判断で療養所には戻さず、世捨て人たちの仲間に。彼らも最初は戸惑ったけど、だんだんに受け入れられていった。ジェルトルードはマリー・デネージュという名前で新たな人生を踏み出し、森の中の生活に慣れ、澄みきった空気の中で活力を取り戻していった。そして、それまで得られなかった「愛」を得ていくのだが、そんな温かな森の生活を揺るがす緊急事態が巻き起こり、彼らは重大な決断を迫られていく。
森での新しい出逢いと湖畔での穏やかな共同生活。80代の男女を主人公に、人生の晩年をいかに生きるかを深い森の中、詩情豊かに描く。愛と再生の物語。

『やすらぎの森』というタイトルを見て、ニヤっとした人はきっと、倉本聰脚本の「やすらぎの郷(さと)」「やすらぎの刻(とき)~道」を見ていた人でしょう。そういう私も、ここ数年、このTVドラマを毎回見ていた(録画したものだけど)。「やすらぎの郷」というのは、TV業界で活躍した人たち(俳優や脚本家、裏方の人たち)だけが入居できる老人ホームのような場所。それぞれ、この『やすらぎの森』にも出てくるコテージのような一軒家で暮らしているので、「シニア村」ともいうべき感じだった。石坂浩二、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、名高達男、野際陽子、藤竜也、風吹ジュン、松岡茉優、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭など (※役者名50音順)そうそうたる俳優たちが出演していた。「死との向き合い」「愛情」「絆」「友情」「日本がたどってきた道・歴史」など多彩なものを盛り込み、「社会に対する批判と提言」が盛り込まれているように感じた。
これはまさに、『やすらぎの森』にも通じるもので、大いに共鳴できるものだった。詳しくは出てこなかったけど、ここに出てきた男たちも社会からドロップアウトし森の中で暮らすようになったのだろうし、ジェルトルードにいたっては、社会に出ることもなく精神科療養所に入れられ、社会とのつながりもたたれていた。
小学校の頃「ロビンソンクルーソー漂流記」を読んで、無人島や森の中で生活をすることに憧れた。そして成長してからは、東京ではなく田舎で暮らしたいと、30代後半に信州白馬で5年くらい働いていたことがある。その経験は大変だったけど幸せな体験だった。
森の生活の解放感を感受するのは若者たちだけでなく、老人たちにもあっていい。電気もガスも水道もない生活は不便だけど、解放感はなにものにもかえがたい(暁)。


『やすらぎの森』公式HP 
原作:「Il Pleuvait des Oiseaux」ジョスリーヌ・ソシエ著
2019/カナダ/フランス語/スコープサイズ/カラー/5.1ch/126分/映倫:G
日本語字幕:手束紀子 
後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所 
配給・宣伝:エスパース・サロウ

posted by akemi at 13:33| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペトルーニャに祝福を 原題: Gospod postoi, imeto i’ e Petrunija 英題:God exists,her neme is Petrunya

『ペトルーニャに祝福を』.jpg

監督:テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
脚本:エルマ・タタラギッチ、テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
出演:ゾリツァ・ヌシェヴァ、ラビナ・ミテフスカ

北マケドニアの小さな街シュティプ。32歳のペトルーニャは大学を出たのに仕事に就けず、ウェイトレスのバイトでしのいでいる。母がお膳立てした縫製工場の面接に渋々行くが、男性の担当者から身体を触られた上に、容姿をけなされる。散々な面接の帰り道、ぺトルーニャはキリストの受洗を祝う「神現祭」の群衆に巻き込まれる。寒い中、上半身裸の男たち。司祭が川に十字架を投げ込み、それを手に入れた男は、1年間幸福に過ごせると信じられている祭。ぺトルーニャの目の前で十字架が投げ込まれ、思わず川に飛び込み十字架を手に入れる。「女が取るのは禁止だ!」と男たちから猛反発を受け、教会や警察を巻き込んでの大騒動になる・・・

日本でも神事や相撲の土俵など、女人禁制とされてきたものが多々あります。本作では、神現祭の取材に来ていたテレビ局の女性ジャーナリスト、スラビツァ(演じているのは、監督の妹ラビナ・ミテフスカ)が、女性に十字架を取られたことは、なぜ問題なのかと皆に問います。司祭は「子供に男だけがとれると教えている」と答えます。要は、慣例。納得できる答えではありません。ぺトルーニャは、十字架が欲しかったわけではなく、女に禁じられていることに挑戦したかったのだと感じます。何をしようと娘のことを信じている父親の存在も、ぺトルーニャの勇気の源泉だと思いました。
petoruhya kantoku Photo (c) Ivan Blazhev.jpg
Photo (c) Ivan Blazhev
テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ監督は、1974年旧ユーゴスラビア(現北マケドニア)スコピエ生まれ。芸術一家に生まれ、子役としてキャリアをスタート。絵画とグラフィックデザインを学んだ後、ニューヨーク大学のティッシュ芸術学部で映画の修士号を取得。本作は、2014年に、北マケドニアのシュティプで十字架を掴み取った若い女性が住民から「狂っている」「問題を抱えている」という烙印を押された事件をもとに完成させました。伝統儀式「神現祭」は、東欧の東方正教を信仰する国々で毎年1月19日に行われていて、男性だけが参加を許されてきました。2018年には、騒動のあったシュティプの町で女性も参加するようになったとのこと。
「幸せになる権利は私にもあるはず。なのに、なぜ?」というぺトルーニャの思いは、女性だけでなく、男女問わず、すべての人のもの。大学で学んだ知識を生かす仕事に就けない人がいるのも、多くの国の現実でしょう。そして、仕事についていたとしても、本作に登場するテレビ局のカメラマンは安月給故に、賭けサッカーに夢中です。同じ安月給のスラビツァは、上司からほかの話題に注力しろと言われても、ぺトルーニャのことを通じて、人権について報道しようと頑張ります。
さて、最終的に十字架はぺトルーニャのものになったのかどうか・・・ 結末はぜひ劇場で!(咲)



2019年 第69回ベルリン国際映画祭 エキュメニカル審査員賞&ギルド映画賞W受賞

2019年/北マケドニア・フランス・ベルギー・クロアチア・スロヴェニア合作/マケドニア語/シネスコ/5.1ch/100分
日本語字幕:岩辺いずみ 
後援:駐日北マケドニア共和国大使館 
提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム
© Pyramide International
公式サイト:https://petrunya-movie.com/
★2021年5月22日(土)より岩波ホールほか全国順次公開

*当初、2020年4月25日(土)公開予定でした。緊急事態宣言で延期され、やっと公開です。  


posted by sakiko at 04:06| Comment(0) | 北マケドニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

藍に響け

ainihibike.jpg

監督:奥秋泰男
原作:すたひろ「和太鼓♰ガールズ」(双葉社刊)
脚本:加藤綾子
出演:紺野彩夏(松沢環)、久保田紗友(新島マリア)、永瀬莉子(江森寿)、板垣瑞生(江森司)、小西桜子(佐伯美鈴)、山之内すず、 茅島みずき、 吉田凜音、川津明日香、山本亜依、カトウシンスケ、濱田マリ、須藤理彩、筒井真理子、吹越満

ミッション系のお嬢様学校に通っている松沢環は、父の会社が倒産して生活が変わってしまったことを誰にも言えないでいる。好きだったバレエも続けられなくなった。富裕層の子女が集まるこの学校で、以前と同じように友達と付き合うには、バイトをするほかなかった。鬱屈した思いを抱える環は太鼓の音に気付く。吸い寄せられて覗くと、クラスメートの新島マリアが一人で和太鼓の練習をしていた。
マリアは事故で声帯を損傷して、まだ発声することができない。言葉の代わりのように力強い音を響かせるマリアは、孤独な影を持っている環を和太鼓部に誘う。

少女漫画が原作かと思っていたら、男性コミック誌に連載されたものでした。本音を話すことができない環と、事故で声が出なくなったマリア。話したいのに話せない二人と、太鼓にかける女子高生たちの青春が描かれます。最初に環が太鼓に気づくのは、水盤の水の見えたさざ波でした。練習場所から離れているのに、空気や水面を震わせるんですね。
環が興味をひかれてから入部するまでがちょっと長いです。辛抱して。厳しい指導に腰が引けそうになりますが、ここも辛抱して。上達は辛さを越えたところにあるようです。
何かを目指している人には特に響くだろう台詞がいくつもありました。太鼓部キャストが吹替なしで挑んだ演奏シーンは圧巻の一言。マメや筋肉痛に悩まされたはず。その甲斐あって彼女たちの特技に「太鼓」と入れてもいいんじゃないかと思う出来栄えでした。
気になる若手注目株・板垣瑞生が寿(ことほ)の兄で太鼓の先輩役。太鼓部が一緒に出かけて観る”御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)”は石川県輪島に伝わる無形文化財。上杉謙信の時代から始まった幽玄・勇壮な太鼓です。こちらも必見。(白)


2021年/日本/カラー/ビスタ/117分
配給・宣伝:アンプラグド
(C)すたひろ/双葉社 (C)2021「藍に響け」製作委員会
https://ainihibike.com/
★2021年5月21日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、池袋シネマ・ロサ他全国順次公開
posted by shiraishi at 20:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茜色に焼かれる

akaneiro.jpg

監督・脚本・編集:石井裕也
撮影:鎌苅洋一
音楽:河野丈洋
主題歌:GOING UNDER GROUND「ハートビート」
出演:尾野真千子(田中良子)、和田庵(田中純平)、片山友希(ケイ)、大塚ヒロタ(熊木直樹)、芹澤興人(滝)、笠原秀幸(斉木)、泉澤祐希 (教師)、前田勝(ケイの彼氏)、コージ・トクダ(店長)、前田亜季(幸子)、鶴見辰吾(有島耕)、嶋田久作(成原)、オダギリジョー(田中陽一)、永瀬正敏(中村)

田中良子の夫・陽一は7年前事故死した。自転車で横断歩道を渡っていて、85歳の元官僚の車にはねられたのだ。夫を死なせた老人は認知症だったからと逮捕すらされなかった。一人息子の純平と残された良子は謝罪しなかった加害者から賠償金も受け取らず、必死に働いて息子を育ててきた。義父の入っている老人ホームの料金も家計を圧迫する。頼みのカフェはコロナ禍でつぶれ、スーパーのパートの他、息子には内緒でピンクサロンでも働く。同僚のケイは糖尿病でインスリン注射が欠かせず、愚痴をこぼしながらこの仕事をしている。ケイが解せないのは、陽一がほかの女性との間に作った子どもの養育費まで良子が払い続けていることだ。

息子や友達に良子がよく言うのが「まあ頑張りましょう」。息子の純平は良子がピンサロで働いていることで、級友のいじめに遭っています。母親の頑張りを見て育った彼は、決してそのことを口に出しません。良子が加害者の葬式に出席しようとして門前払いをくったときだけは、なんで?と尋ねます。
観ていて「なんで?」と私も思いました。葬式じゃなくて。「夫は戻ってこないけど」と賠償金を受け取り、大事に使えば風俗で働かなくても純平と食べて行けるのに。それをしないことが良子の「背骨」であり、夫の娘への養育費も良子なりの「筋を通す」ことなんだろうと。これは石井監督の「母親」への憧憬と愛情ですよね。凛々しくてまっすぐで、「頑張りましょう」と言ってくれる人=世の母親へのエール。
尾野真千子さん、今回もしっかりした女性役です。面白いのは良子が劇団出身で「芝居が真実」というところ。問題山積みでせち辛い世間を舞台に、日々演じることで生きてきたことが「なんで」の答えになります。
父親はオダギリジョーさん。生活力はなさそうなのに、浮気して子どもまで残して、ヘラヘラしたまんまいなくなっています。『アジアの天使』でもヘラヘラ役でしたが、彼が演じるとどうも憎めなくなってズルイ~。その分永瀬さんがお助け神のごとく現れて男気を見せました。(白)


「母ちゃんは、時々意味わからない、難しい人だ」と息子がつぶやくように、田中良子の行動は一般常識では考えられないもの。交通事故の賠償金を受け取っていれば、風俗で働く必要もないのにと思うのですが、尾野真千子さんが演じたことによって、田中良子の生き方に納得させられてしまいます。
コロナ禍で製作された本作。良子が働くスーパーの花売り場の担当者は、上司からコロナでバイトがなくなった取引先の娘の為に、一人解雇しろと言われ、良子が売れ残った花を持ち帰ったのは規則違反、店の前で電話したのも規則違反と難癖をつけて解雇を告げます。「解雇は2か月前に伝えるのが規則では?」と返す良子。理不尽なことには黙っていられないのです。
このような母親に育てられた純平くん。これまた和田庵くんが、好青年を体現しています。良子の同僚のケイが、もう少し年がいっていれば本気で惚れてしまうと言うほど! 闘病しながら風俗で務めるケイを演じた片山友希さんも好演で、なんとも切なかったです。(咲)

2021年/日本/カラー/シネスコ/144分/R15+
配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ
(C)2021「茜色に焼かれる」フィルムパートナーズ
https://akaneiro-movie.com/
★2021年5月21日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開



posted by shiraishi at 18:46| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする