2021年03月13日

夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~

yoake.jpg

監督・撮影・編集:原 義和 
制作:高橋年男 山田圭吾 糸洲のぶ子 
ナレーション:宮城さつき
音楽:白川ミナ 
創作舞踏:Danzatakara.
製作協力:沖縄県精神保健福祉会連合会 沖縄YWCA 
製作:障害者映像文化研究所 イメージ・サテライト
プロデューサー:中橋真紀人 

「私宅監置」は1900年制定の法律に基づき精神障害者を小屋などに隔離した、かつての国家制度。1950年に日本本土では禁止になったこの制度は、沖縄ではその後1972年まで残った。原監督は、岡庭武氏が撮影した1964年の医療調査の写真に出会ったことから、被写体となった人々を探し始める。その社会的背景を考察し、法律のもと犠牲となり排除された人々の心に寄り添おうとするドキュメンタリー。

メイン 私宅監置小屋跡.jpg
私宅監置小屋跡

こういう法律があったなんて映画を観るまで知らずにいました。座敷牢というのは、時代劇で知っていましたが、近代に制度化されていたとは…。
原監督が出逢ったたくさんの写真は、1960年代に調査のために派遣された医師が撮影したものです。監置小屋の中からその視線が問いかけています。なぜここにいなくてはいけないのか?それは誰のためなのか?いつになったら出られるのか?
原監督にお話を伺いました。(白)


IMG_5133.jpg

★原監督インタビューはこちらです。

何で見たんだろう。私は沖縄の私宅監置を以前、ドキュメンタリー映画で見て知っていた。記憶を辿って探してみたのだけれど、どうしてもタイトルが思い出せない。ただ、そのときはこんなに多くの方が辛い思いをし、しかも当事者だけでなく、子や孫にまで大きな影を落としていたとは知らなかった。
日本国内では1950年に廃止された制度が沖縄では1972年まで残ってしまったのは、サンフランシスコ条約で沖縄が日本から切り離されてしまったから。日本でもアメリカでもない状況が悪しき制度を存続させた。沖縄が背負わされた悲しみは基地問題だけではなかったのだ。
今、人ならざる者を描いた作品がヒットしている。「鬼滅の刃」然り、「呪術廻戦」然り。それを非難するつもりはないが、人として扱ってもらえなかった人がいた歴史ときちんと向き合うことも忘れてはいけない。(堀)


精神障害者を小屋などに隔離した「私宅監置」。沖縄では1960年代までそういう制度があったというのをこの作品で知ったが、本州でもこの数年でこういう拘束されていた障害者の話がいくつかあったと思う。暴力をふるう障害者に対して拘束と言っているが、拘束されてしまうからよけい暴れるということもある。これは精神障害者への話だが、今も高齢者を拘束する病院がある。それはいろいろつけた診療のためのチューブなどを苦しさから外してしまう行動を避けるためだが、10年くらい前、母が脳梗塞で倒れた時、入院した大きな大学病院はその拘束をしていた。私たち子どもは、それに対して外してほしい。ほかの方法でと頼み、ミトンの手袋にしてもらい、拘束をはずしてもらったことがある。
沖縄でも、のちに拘束がなくなった人を取材していたけど、拘束をされることで、自尊心も傷つけられる。病院やほかの人の都合で拘束するというのは人権侵害ではないのか。拘束しないと犯罪に走るかもしれないという恐れもあるけど、その人の気持ちになって親身にあたるということで解決できることもあるのでは?(暁) 


2020/日本/DCP/カラー/5.1ch/97分 
配給:新日本映画社 
(c)2020 原 義和  
公式サイト:http://yoake-uta.com/
★2021年3月20日(土)より東京 K’s cinema、4月3日より沖縄 桜坂劇場ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 15:31| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

地球で最も安全な場所を探して  英題:Journey to the Safest Place on Earth

2021年2月20日(土)シアター・イメージフォーラムにて公開他全国順次公開
上映情報 
地球で最も安全な場所を探して.jpg

監督:エドガー・ハーゲン
撮影:ペーター・インデルガンド
録音:ジャン・ピエール・ジェス
編集:ポール・マイケル・セドラセック、エドガー・ハーゲン
音楽:トメク・コルチンスキー
プロデュ―サ―:ヘリクリ・バンディ
製作:ミラ・フィルム
スイス/2013年/100分

”核のごみ”を捨てる場所はみつかるのか?
原発推進論者の科学者と反原発の映画監督が
”世界⼀安全な場所”を探す旅に出る


この60年間で高レベル核廃棄物35万トン以上が世界で蓄積されてきた。それらの放射能を含む核廃棄物は、人間や環境に害を与えない安全な場所に長期に渡って保管する必要がある。しかし、そのような施設がまだ作られていないにも関わらず「核のごみ」は増え続けている。そんな中、スコットランド出身でスイス在住の核物理学者で、国際的に活動している廃棄物貯蔵問題専門家のチャールズ・マッコンビーが世界各地の同胞たちとこの問題に取り組む姿をスイス人のエドガー・ハーゲン監督が撮影。
チャールズとエドガー監督の2人は、放射性廃棄物で汚染されたアメリカ先住民居留地の神聖な山・ユッカマウンテン、イギリスのセラフィールド、中国・ゴビ砂漠、青森県六ヶ所村、スウェーデン、スイスなど世界各地の最終処分場候補地を巡る旅に出る。
未来の世代に対する今の時代に生きている私たちの責任、解決方法など、様々な問題を提起。
果たして10万年後にも安全な、"楽園"を探すことはできるのか―。
廃炉も含め約60基の原発を抱える原発大国でもある日本。2020年、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が最終処分場候補地として名乗りを上げ、2020年11月から文献調査が開始されているという。

●エドガー監督から日本公開に向けてのメッセージ
現在原子炉は、世界で400基ほどあり、核廃棄物を作り出しているにも関わらず、その処理方法を見つけられないまま、原子力エネルギーを生産し続けています。そこで、この問題を世界的に解決しようと取り組んでいる人々と一緒に映画を作ろうと考えました。
この問題は全世界的に渡る問題です。核廃棄物の処分方法が問題になり始めた70年代から40年近く、どう処理するかの解決方法を見つけないまま走ってしまっている問題をこの映画では追っています。この40年間の、何かを試みては失敗するという繰り返しの歴史を照らし出しています。
日本は確実にこの問題について真剣に考えないといけない国だと思っています。50基以上の原子炉があり、それと同時にたくさんの核廃棄物があり、地政学的にも地震が多かったりと複雑な問題を持っているので、この問題を真剣に考えないといけないと思っています。現在、日本では北海道の2町村が名乗りを上げています。そこが適しているかは引き続き調査が必要ですが、2つの地域が名乗りを上げることで核廃棄物について議論しようと思う事は良いことだと思います。必ずしもそれが解決方法だ、ということは簡単には言えませんが。
このタイミングで日本でたくさんの方に観て頂けることを望んでいます。日本でも議論をし、意見交換すべき作品になれば幸いです。

この狭い日本に、現在(2020年)50基以上の原発があり、建築予定の原発は16基。稼働中の原発は9基だという。あとは原発はあっても稼働していないのか? それは幸いというべきか、でもなんて無駄なことをしてくれたのかとも思う。この映画は核廃棄物の処分場が用意できていないまま、原発の建設を進めている現状が描かれている。これまでもいくつもの核廃棄物処理場をめぐる映画があったけど「核廃棄物処理」の問題は進展のないまま。
これまで、スリーマイル島(1979)、チェルノブイリ(1986年)など大きな原発事故があり、2011年の福島の事故があって、原子力に対する安全神話は崩れ、放射能の危険性がこんなに叫ばれているのに、まだ原子力事業を進めようとしている人たちにぜひ観てもらいたい。ちゃんと核廃棄物の処理の問題が解決されてもいないのに、原発の建設を進めることは人類に対する犯罪のように感じる。原発を作って、あとの処理は後の方たちよろしくと先送りにしてしては地球に対するぼうとくではないのか(暁)。

参照:原子力発電所の現状(資源エネルギー庁データ)
https://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/001/pdf/001_02_001.pdf

『地球で最も安全な場所を探して』というタイトルを聞いたとき、てっきり人間が住むのに安全な場所を探す話かと勘違いしました。実際には核廃棄物をいかに安全に処理するかの話です。
理系の娘が就活の真っ最中ですが、インフラ業界を志望しています。東京電力も候補の1つ。昨年の夏以降、何度も説明会に参加し、オンラインでのインターンシップ(緊急事態宣言が発令しなかったら福島で行われるはずでした)も参加しました。インターンシップでどんなことをしたのかを娘に聞いたところ、いかに安全に廃炉にするかを日々研究しているとのこと。娘は福島のコースを選びましたが、もし柏崎のコースを選んでいたら、原子力の安全な活用方法を研究している方々の話を聞くことになったそう。娘が東京電力とご縁があるかわかりません。しかし、いろいろな視点で安全に向けて必死に取り組んでいる人たちが日本にもいることを娘の就活を通じて知りました。
原子力発電は危険だから止めるべきという主張も理解できますが、電気を使わないで生活はできません。ではどうしたらいいのか。本作を考えるきっかけにして、人々が意識していくことが大事なのではないかと思います。(堀)


『地球で最も安全な場所を探して』公式HPはこちら
後援:在日スイス大使館
日本語字幕:平井かお
予告編制作:株式会社ネツゲン
宣伝美術:追川恵子
配給:きろくびと
スイス/2013年/英語•ドイツ語•中国語•日本語/カラー/DCP/100分

参考
放射性放射性廃棄物、核廃棄物の再生利用などを描いた映画

『チャルカ~未来を紡ぐ糸車~』 監督:島田恵
劇場公開 2017年8月12日

『福島 六ヶ所 未来への伝言』 監督:島田恵
劇場公開 2014年2月15日

『放射性廃棄物 終わらない悪夢』 監督:エリック・ゲレ
劇場公開 2011年10月22日

『100,000年後の安全』 監督:マイケル・マドセン
日本公開 2011年4月2日

『六ヶ所村ラプソディー』 監督:鎌仲ひとみ
2006年10月7日公開

『六ヶ所人間記』 監督:山邨伸貴 倉岡明子
劇場公開 1985年10月26日

『夏休みの宿題は終らない』監督:山邨伸貴 製作:倉岡明子
劇場公開 1990年1月29日

『田神有楽』 監督:加藤哲
劇場公開 2002年11月30日

『下北核半島からの報告 核燃料サイクル』 監督:森弘太
1988年

『海盗り――下北半島・浜関根』監督:土本典昭
1984年
posted by akemi at 09:47| Comment(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

クィーンズ・オブ・フィールド(原題:Une belle equipe)

queens.jpg

監督:モハメド・ハムディ
脚本:モハメド・ハムディ、アラン=ミシェル・ブラン
撮影:ローラン・ダイアン
出演:カド・メラッド(マルコ)、アルバン・イヴァノフ(ミミル)、セリーヌ・サレット(ステファニー)、サブリナ・ウアザニ

サッカーが盛んな町、北フランス・クルリエール。
90年の伝統を誇る名門チームSPACの試合中にまさかの乱闘騒ぎが起き、なんと主要メンバーの男性たちが出場停止⁉このままでは残りのリーグが戦えずにチームは崩壊、町にも大打撃が訪れてしまう…。そんな彼らの窮地を救ったのは、奥様達だった!!チームを、そして町全体を救うために専業主婦、シングルマザー、セレブ妻、女子高生達もが次々と立ち上がった。今までサッカーは見る専門だった彼女たち。家事や育児に代わり、サッカーを始める事になった彼女たちに待っていたものとは…?そして夫たちはどうなるのか…。

名門チームのピンチヒッター(サッカーでもそう呼ぶのか?)に初心者の奥さんたちとは無謀だ!と無茶ぶりに呆れましたが、そこは達者な俳優陣。無理なく笑わせながら心温まるドラマを作っていました。
コーチは試合までにどんな指導をするの?メンバーの優劣は?夫たちの理解と協力は?などなど疑問がいっぱい湧いてきます。そこをどうやって乗り越えていくのかが、見どころ。どこの国だろうが、やはり似ている夫婦間のバトルが一番共感できました。
サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の活躍に目を見張ったものですが、彼女たちもいろいろ苦労があったでしょうねぇ。(白)


妻や娘がピンチを救おうと立ち上がったのに、どうせ女には無理と、ヘタレな男たち。出場停止になったのは、自分たちのせいなのに! 女だって、やれば出来ることを見せてくれて痛快でした。
チームを率いる主役マルコを演じたカド・メラッドは、アルジェリア出身のフランスを代表する俳優。モハメド・ハムディ監督も、アルジェリア系。前作『La vache』 (2016)では、アルジェリア人の男性が主人公でしたが、本作ではアルジェリアは関係なく、女性のことを描きたかったそうです。監督には6人の姉妹がいて、お母さまも含めると7人の女性を見て育ったので、本作の女性たちに反映されているのかもしれません。
それにしても、男たちだけでなく、女性たちも集まれば下ネタ炸裂! おフランスだなぁ~(咲)


先日、韓国で女子高生がプロで野球をするために必死になる映画『野球少女』が公開されましたが、今回はフランスでサッカー。どこに国でもどんなスポーツでも男が主体と思われているのを改めて感じます。
ただ、モハメド・ハムディ監督は女性が本気でサッカーをする姿を描いたのではありません。もちろん登場する女性たちは必死に取り組んでいますが、妻が練習に参加する間、慣れない育児に右往左往する夫をコメディタッチに描くことで、社会において女性の役割と思い込まれていることに対して問題提起しているように感じました。(堀)


2019年/フランス/カラー/シネスコ/95分
配給:イオンエンターテイメント
(C)2019 ADNP - KISSFILMS - GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - 14EME ART PRODUCTION - PANACHE PRODUCTIONS - LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
https://qof-movie.com/
★2020年3月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 15:23| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミナリ(原題:MINARI)

minari pos.jpg

監督・脚本:リー・アイザック・チョン
出演:スティーヴン・ユァン(ジェイコブ)、ハン・イェリ(モニカ)、アラン・キム(デビッド)、ネイル・ケイト・チョー(アン)、ユン・ヨジョン(スンジャおばあちゃん)、ウィル・パットン(ポール)ほか

1980年代のアメリカ アーカンソー州。韓国系移民のジェイコブは、ロサンゼルスの孵卵場で10年働いてきた。自分の土地を持ち、農業で成功することを夢見て高原に移り住んだ。だだっ広い土地に古いトレーラーハウスがあるだけなのに妻のモニカは「約束が違う」と呆然。長女のアンと身体の弱い長男デビッドに「大きな農園を作る」とジェイコブは意気盛んだ。まもなく韓国からモニカの母がやってくる。両親が働いている間、子どもたちの世話をするためだったが、一風変わったおばあちゃんらしくないおばあちゃんだった。

リー・アイザック・チョン監督の両親が移民一世として韓国からアメリカへ移住し、一家が苦労して農業で生計を立てた過去を背景にして描かれている半自伝的作品です。
どこの国でも移民1世はうんと苦労してきたと思いますが、ジェイコブの家族も例外ではありません。苦労が多くてモメがちな夫婦でしたが、母親が来て妻の気持ちの安定に一役買います。これ、夫の母ではダメでしょうね。妻のストレスが増えます。ユン・ヨジョンさんが絶妙です。
様々な出来事に翻弄されますが、おばあちゃんが川辺にミナリ(セリ)の種をまいて、どんなに有用な植物かデビッドに蘊蓄を傾けるシーンがあります。セリは逞しく根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから「子供世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きる」という意味が込められているそうです。このシーンがあったので、未来への希望が持てました。ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞!(白)

thumbnail_「ミナリ」リー・アイザック・チョン監督(C)NBC.jpg
©NBC

リー・アイザック・チョン監督受賞コメント
史上初のリモート開催となった授賞式に出席したリー・アイザック・チョン監督は、「本作をつくったきっかけはこの子です」と娘さんを抱き上げ、彼女を膝に乗せ受賞コメントを語った。
<「ミナリ」は家族の物語です。彼らは、自分たちの言葉で繋がろうとします。それは、どんなアメリカの言葉やほかの外国の言語よりも深いところにあります。それは心の言葉です。私もこの言葉を学び、特に今年はお互いにこの‘愛の言葉’で通じ合えることを願っています。

1980年代のレーガン大統領の時代、年間3万人の韓国人が移民してきていて、ジェイコブは韓国野菜が懐かしいはずと目の付け所はよかったのですが、なかなかうまくいきません。スンジャおばあちゃんは、ミナリ(セリ)は場所を選んで種をまいておけば勝手に育つことをちゃんと知っていて、一枚上手。日本では七草粥くらいしか一般には使わないセリですが、韓国料理では色々使われているようです。ミナリという響き、可愛いですね。
花札が好きな、いかにもの韓国のおばあちゃんを演じたユン・ヨジョンさん、アメリカ映画賞での演技賞22冠を達成!(2021年2月22日現在)アカデミー賞の助演女優賞の呼び声も高いです。このところ、『チャンシルさんには福が多いね』『藁にもすがる獣たち』と、毒舌なおばあちゃん役が光るユン・ヨジョンさんですが、ふっと思い出したのは、ドラマ「ホテリアー」(2001年)での素敵な社長役です。ますますのご活躍が楽しみです。(咲)


1980年代のアメリカを舞台に韓国から移民した夫婦の奮闘ぶりを描いた作品と聞くと、自分からは遠い話に思うかもしれません。しかし、頼りがいのある夫、父親と思われたいジェイコブと堅実な生活を望むモニカの心のすれ違いが描かれていると聞けば、共感する方は多いのではないでしょうか。どこの国でも男って夢見がちなのですね。
いさかいが絶えない両親に心を痛め、何とか2人を取りなそうとする姉弟の健気な姿に胸が熱くなります。夫も妻も子どものためにがんばっているのに、いつの間にか方向性がずれてしまったよう。「うちは大丈夫?」と思わず、自分の家庭を振り返ってしました。
夫婦に余裕がないので、モニカの母スンジャが子守りに呼び寄せられます。しかしガサツな感じがおばあちゃんぽくないとデビッドは受け入れられません。それでもスンジャは孫たちに無償の愛を注ぎ、崩壊しかけた家庭を繋ぎ留めました。家族への責任に雁字搦めになってしまうと心に余裕がなくなり、心がぎすぎすしてきますが、スンジャのようにおばあちゃんの立場になると大らかに接することができるのでしょう。
スンジャが韓国から種を持ってきて小川のほとりに蒔いたセリが根付きます。主人公一家がアメリカに根付いていくことの象徴かもしれません。(堀)


<第93回アカデミー賞 作品賞含む6部門ノミネート!!>
(3月15日発表。現地時間4月25日(日)に行われる第93回アカデミー賞授賞式での結果が楽しみです)
★作品賞 
★監督賞(リー・アイザック・チョン) 
★脚本賞(リー・アイザック・チョン) 
★主演男優賞(スティーヴン・ユァン) 
★助演女優賞(ユン・ヨジョン) 
★作曲賞(エミール・モッセリ)


2020/アメリカ/116分
配給:ギャガ
(c) 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/minari/
★2020年3月19日(金)TOHOシネマズシャンテほかロードショー

posted by shiraishi at 14:58| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

アウトポスト   原題:THE OUTPOST

outpost.jpg

監督:ロッド・ルーリー(『ザ・コンテンダー』)
脚本:エリック・ジョンソン
出演:スコット・イーストウッド(『ワイルド・スピード ICE BREAK』、)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(『スリー・ビルボード』)、オーランド・ブルーム(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)、ジャック・ケシー(『デッドプール2』)、マイロ・ギブソン(『ハクソー・リッジ』)

本作は、アフガニスタンで最悪の戦闘と言われる「カムデシュの戦い」を、ジェイク・タッパーによるノンフィクション小説「The Outpost: An Untold Story of American Valor」に基づき映画化したもの。

2006年、アフガニスタン北東部に現地の人々と連携してパキスタンからのターリバーン流入を防ぐため前哨基地(アウトポスト)が作られる。 キーティング前哨基地は、米軍の補給経路を維持するための重要拠点でもあったが、ヒンドゥークシュ山脈に囲まれた谷間にあって、いつ上から敵に狙われても不思議のない立地だった。時折、銃撃され命を落とす者もいて明日は我が身だ。
ついに、2009年10月3日、300人ものターリバーン兵が押し寄せる。50人の米軍兵は圧倒的不利な状況下でいかにして立ち向かったのか・・・

なぜ、米軍はこの地で戦わなければならないのか?という大前提はさておき、救われるのは、大尉たちが部下に「地元の人に敬意を表して、彼らの気持ちに寄り添うように」と諭していること。
地元の長老たちとの合議場で、「40年も居座って」と言う長老に、「それはロシア・・・」と言いかけてやめる場面がありました。ソ連がアフガニスタンに侵攻したのは1979年12月なので、2000年後半の時点では、それから40年も経っていませんが、それよりもずっと前の19世紀にイギリスが居座ったことを思えば、40年以上! 
パキスタンとの国境線も、パシュトゥーン人が住む地区を真っ二つに分断する形でイギリスが引いたもの。パキスタンのアフガニスタン難民キャンプで育ったパシュトゥーン人が中心となってできたターリバーンにとって、険しい山伝いに国境を越えてくることなど朝飯前。地元の人たちとは言葉も通じるはず。米軍にとって、まさに強敵です。
映画の最後に、実際にこの戦いを経験した本物の兵士で自分自身を演じた方が「亡くなった戦友たちのことを伝えるのは義務だと思った」と語っています。 彼らは、愛する家族と離れて、死と隣り合わせの兵士という任務になぜつかなければならなかったのか?と、つくづく思います。
この部隊は、勲章の数が多かったことも映画で紹介されますが、勲章のために兵士になったわけでもないでしょう。戦争のない世界は、なぜ実現しないのかと虚しくなります。(咲)


この谷間に到着した兵士の誰もが、あんぐりと口を開けたに違いない、とおばちゃんの私でも想像がつきます。狙ってくれと言わんばかりの地形のところに前哨基地など作らせたのは、命令だけして弾の届かない場所にいる高官でしょう。大事な夫や息子や兄弟がそんなところで「国や家族を守るため」と死んでいくとわかったら、誰も送り出したくありません。
リアルな戦闘場面を精魂込めて再現しただろうスタッフ、キャストたちに敬意を表し、任務を全うして亡くなっていった若い兵士たちを心から悼むばかり。(白)


2020年/アメリカ/英語ほか/123分/シネマスコープ
字幕翻訳:大城哲郎、字幕監修:大久保義信
配給:クロックワークス
© 2020 OUTPOST PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://klockworx-v.com/outpost/
★2021年3月12日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー


posted by sakiko at 03:03| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする