2020年02月10日

名もなき生涯 英題:A HIDDEN LIFE

15813053162290.jpg

監督・脚本:テレンス・マリック
製作:グラント・ヒルダリオ・ベルゲジオ
撮影監督:イェルク・ヴィトマー
美術:ゼバスティアン・クラヴィンケル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
衣装:リジー・クリストル
出演:アウグスト・ディール 、ヴァレリー・パフナー、マリア・シモン、ブルーノ・ガンツ、マティアス・スーナールツ

ナチス・ドイツに支配されたオーストリアの山あいの村で、農民のフランツ(アウグスト・ディール)は、妻のファニ(ヴァレリー・パフナー)と娘たちと一緒に暮らしていた。あるとき召集されたフランツは、ヒトラーへの服従を拒絶し収監されてしまう。ファニはフランツを手紙で励ますが、彼女に対する風当たりも強くなる。

テレンス・マリック、76歳。映像に拘る監督だ。とりわけ”光”の捉え方、追い求めようには人かたならぬ思い入れを感じる。
マサチューセッツ工科大学、仏在住時に哲学の教鞭を執っていたこともあり、時として映画が観念的な方向へ向かう傾向も観られた。が、本作は実在の人物を描くだけに、具象性と詩情溢れるマリック的話法の程よいバランスを湛えた秀作に仕上がっている。

徹底した自然光撮影は、主人公一家が暮らす雲上の村、山肌、さやぐ草木、農場、家畜牧舎、果樹園や教会などを滑らかに照らし出す。曲折した山道を遊び廻る子どもたちを追うステディカムカメラ。静と動の緩急が生むリズム感。
おそらく長回し撮影によって、俳優たちはカメラを意識せず自然な動きで溶け込んだ姿をテンポの良いカット編集で繋ぐ。

家屋内、酒場、監獄なども光源は窓・開口部から刺す太陽光だけ。いきおい逆光スモークになる独特な絵柄に魅せられてしまう。
”ヌケがいい”とは日本語独特の表現だろうが、映像が放つ透明感とでも言うべきか·····。画面から空気が流れて来るような爽快さだ。

響く鐘の音、木々のさやぎ、鳥や牛、羊の鳴き声、農具の音、畑の草刈りといった環境音に、マリック特有の俳優による独白が重なり、静かに劇伴が織り込む時、観客は視覚聴覚とも作品世界に呑み込まれて行く。

主人公一家が暮らした村は、ヒトラーが生まれ育った街と同じ州だそう。総統時代をエヴァ・ブラウンと過ごした山荘からもほど近い。画面には登場しないヒトラーが影のように、主人公フランツの透徹した眼差しから見え隠れする。

今は巡礼の地となっているフランツたちが暮らした家、周辺の森は雲上に輝く神の視座を得たかのように映し出される。3人の娘たちは今でも地元近くに暮らし、妻は100歳まで生きたという。

神父や司祭までが、「口だけでいい。書類に署名さえすれば...」とフランツに偽りの忠誠を求め、説得したにも係わらず、自らの意思を通した揺るぎない魂が、今も雲上の村を彷徨しているようだ。(幸)


配給:20世紀フォックス/ ディズニー
2019/アメリカ・ドイツ合作カラー/175分
(C) 2019 Twentieth Century Fox
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/namonaki-shogai/
★2月21日(金)より全国公開★
posted by yukie at 12:30| Comment(3) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッドサマー       原題:MIDSOMMAR

15813050855840.jpg

脚本・監督:アリ・アスター
出演:フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ヴョルン・アンドレセン

 思いがけない事故で家族を亡くした大学生のダニー(フローレンス・ピュー)は、人里離れた土地で90年に1度行われる祝祭に参加するため、恋人や友人ら5人でスウェーデンに行く。太陽が沈まない村では色とりどりの花が咲き誇り、明るく歌い踊る村人たちはとても親切でまるで楽園のように見えた。

『ヘレディタリー 継承』で圧倒的な力量を見せつけた若き異才アリ・アスター監督が、前作を超える今年一番の衝撃作を差し出した!
芸術的先鋭性を帯び、単なる冒険譚の域を凌駕したスケール感を備えた本作をジャンル分けすることは避けねばなるまい。今まで見たことのない世界観が提示されているのだ。

主訴はシャーマニズムである。入口は分かりやすい。スウェーデンの村で開かれる夏至祭(ミッドサマー)を舞台とし、90年に一度の祝祭が催される。一日中太陽が沈まない白夜が続く中、米国から文化人類学を学ぶ学生たちを案内人に、アスター監督は観客を儀式の只中へと誘う。

集う人々は金髪碧眼のスカンジナビア系美男美女。白い衣裳に色鮮やかな花々を纏う姿は、さながらフラワーチルドレンのような趣きだ。アスター監督が意図して選んだのか、彼らは眼の光に”文明の色”がない。プリミティブでメディア擦れしていない顔立ちが特徴の信者たち。

眩い光の下、胸踊る祝祭が次第に不穏な空気を醸成し、驚愕の事態に進む流れには澱みがない。あらためてアスターの精緻さが際立つ構成、トリッキーな編集の妙に感嘆する。

なぜ「村や祝祭の内容を口外することは禁じられている」のか?
キリスト教伝来以前より村に伝わる宗教儀式、民間伝承について、現代人の価値観から是非を問うことは出来ない。
木下惠介、今村昌平両監督の『楢山節考』を想起させる場面があった。予感的中!アスターは今村昌平作『神々の深き欲望』を本作の参考にしたという。是非この3作品も同時に鑑賞することをお奨めしたい。

本作の魅力を語り尽くせないが、これだけは言わせてほしい。ヴィスコンティ作『ベニスに死す』の美少年ヴョルン・アンドレセンの出演場面を見逃さないで!(幸) 


 配給:ファントム・フィルム
アメリカ/ビスタサイズ/2019/147分/R15+
(C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.phantom-film.com/midsommar/sp/
★2月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開★

posted by yukie at 12:27| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ 原題:Der Goldene Handschuh 英題: The Golden Glove

yaneura.jpg

監督・脚本:ファティ・アキン
出演:ヨナス・ダスラー、マルガレーテ・ティーゼル、ハーク・ボーム

1974年、ハンブルク。
留年が決定した美少女ペトラは、冴えない転校生ウリィーに誘われカフェに立ち寄る。
ぺトラが手にしたタバコに、突然、火を差し出す醜い男フリッツ・ホンカ。
ホンカは、立ち去るペトラをじっと見つめていた。

労働者や年増の娼婦が集うバー「ゴールデン・グローブ」。
ホンカは、女に酒を奢ろうと声を掛けても、なかなか相手にされない。そんな中、注文もせずに座る中年女ゲルダにホンカは一杯奢り、ゲルダを家に連れ帰る。ゲルダはホンカの部屋に入るなり、異臭に戸惑う。階下のギリシャ人の料理のせいだというホンカ。ゲルダは30歳になる独身の娘がいると語る。カフェで見かけた美少女を思い浮かべるホンカ。居候するようになったゲルダに「娘を連れて来い」と命じるが、いつまで経っても連れて来ないあげく、ゲルダはいなくなる。
ある日、ホンカは車に突き飛ばされる。それを機に禁酒し、夜間警備員の仕事につく。夫がクビになり掃除婦をしているヘルガに思いを寄せるようになる・・・

ドイツ・ハンブルクで1970年から5年間にわたって4人の娼婦を殺害した実在の連続殺人犯フリッツ・ホンカの物語。
トルコ移民の両親のもと、1973年にハンブルクで生まれたファティ・アキン監督は、子供の頃、「気をつけないと、ホンカに捕まるぞ!」とよく言われたそうです。
殺人鬼フリッツ・ホンカの事件を描いたハインツ・ストランクのベストセラー小説に触発されて、ファティ・アキンは映画を製作。著者ハインツ・ストランクは、本作に退役軍人役でカメオ出演しています。
小説は第二次世界大戦の敗戦から立ち上がりつつある70年代のドイツの社会情勢とともに描かれていて、映画でも、その片鱗が見られます。
ホンカが酒場で声をかけた娼婦の一人には、腕に番号を彫られた跡があって、1937年から終戦まで強制収容所で売春をさせられたと明かします。ホンカも父が共産主義者を理由に収容されていたと語ります。これ以外、ホンカの出自について本作では多くは語られませんが、ナチスがユダヤ人を強制収容する以前から邪魔者を収容していた実態を教えてくれる場面でした。また、ドイツで暮らす人々が、それぞれに戦争の時代をひきずっていることも感じさせられました。
ラストで実際にホンカが住んでいた安アパートの屋根裏部屋の図面や、本人の姿が映し出されます。屋根裏部屋を忠実に再現したのも凄いですが、なんといっても、それなりに美男子のヨナス・ダスラー(『僕たちは希望という名の列車に乗った』)が、実年齢より20歳以上も上の醜いホンカになりきっているのに驚かされます。
映画で語られる最後の日、ホンカが酒場で美少女ぺトラを見かけ、追いかけていきます。彼女も毒牙にかかるのか・・・ 結末はどうぞ劇場で! (咲)


2019年/ドイツ・フランス/110分/R15+
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/yaneura/
★2020年2 月 14 日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!






posted by sakiko at 12:31| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

松田優作メモリアルライブDVD発売

CLUB DEJA-VU ONE NIGHT SHOW 
松田優作メモリアルライブ+優作について私が知っているニ、三の事柄

matudayusaku.jpg

企画:黒澤満  
構成・演出:崔洋一
出演:水谷豊、内田裕也、宇崎竜童、石田えり、原田美枝子、シーナ&鮎川誠、EK、白竜、李世福、桃井かおり、原田芳雄、原田喧太、エディ藩、竹田和夫、新井英一、KEITH、仲野茂、世良公則、BORO、黒田征太郎ほか多数

1990年12月3日、松田優作が40才の若さで亡くなって1年と少しが過ぎた日、池袋サンシャイン劇場に来場した約800人の観客のみが目撃した、幻のステージ。それは40歳という若さでこの世を去った松田優作を偲んで、彼の死の一年後に友人たちが開催した、一夜限りのライブ「CLUB DEJA-VU ONE NIGHT SHOW」。
2018年11月に製作会社セントラルアーツのプロデューサー黒澤満氏が亡くなりました。所属の松田優作を起用して世に出した数々の作品は色褪せることなく、今も人気です。黒澤氏の遺品の中から、長らく所在不明で幻・伝説と化していたライブテープが見つかりました。その素材をもとに映像・音声をブラッシュアップして崔洋一監督の綿密な編集の末、蘇ったものです。

disk1  松田優作を不在のCLUB DEJA-VUのオーナーに。ボーイ長を水谷豊。
入れ代わり立ち代わりやってくる常連たちが不在の松田の持ち歌を歌い、エピソードを披露し、笑ったり叫んだり踊ったり涙ぐんだりしています。次々と登場する懐かしくまた濃い面々…最初の内田裕也がフツーに見えてしまいます。松田優作が兄貴と慕った原田芳雄がこのライブ開催の中心となったのだそうで、数曲歌っています。
disk2 松田優作のスチール写真、本人の歌唱も収録。崔洋一監督が水谷豊、桃井かおりをはじめ、このショウを陰で支えた人たちに新たにインタビュー、言葉の端々に亡き友人への愛が溢れているドキュメンタリーです。

原田芳雄さんの歌を初めてちゃんと聞いて、上手い!素敵!と驚きました。2011年に主演した『大鹿村騒動記』公開の舞台挨拶の痛々しい姿(3日後に亡くなられました)が記憶にありますが、この歌っている原田さんが観られてよかった!
松田龍平さん翔太さんがいい俳優さんになって、お父さんの年齢にもだんだん近づいてきました。いつまでもそう言われるのは重いかもしれませんが、それだけ愛された人だったんです。ファンは必見。「できれば劇場公開したい」と崔洋一監督。大きなスクリーンでみんなで観られたらより盛り上がるでしょう。DVDの売り上げに貢献してくださいませ。(白)


DSTD20319 6,900円+税/COLOR168分/片面2層1枚片面1層
主音声:ステレオ16:9LB
(C) 株式会社 セントラル・アーツ
★2020年2月5日より発売

https://www.toei-video.co.jp/special/matsudayusaku-dejavu/
posted by shiraishi at 02:49| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

影裏

15807027777141.jpg

監督:大友啓史
脚本:澤井香織
音楽:大友良英
原作:「影裏」沼田真佑(文春文庫刊)
撮影:芦澤明子
出演 :綾野剛、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、國村隼、永島瑛子、安田顕、松田龍平

会社員の今野(綾野剛)は岩手に転勤し、そこで同僚の日浅(松田龍平)と知り合う。一緒に飲みに行ったり、釣りに行ったりするなど、まるで遅い青春時代のような日々を過ごすうちに、今野は日浅に心を開いていく。だがある日、日浅は今野に何も告げずに突然退職し、その後しばらくしてまたフラリと姿を現す。

冒頭から綾野剛の毛穴が見える程のクローズアップや肢体の場面が続く。綾野剛、松田龍平の主演コンビだけではなく、出演者全員が容赦ないクローズアップに晒される。顔の表情の奥にある内心までをも映し出そうとするかのようだ。ソフトフォーカスレンズで安易に綺麗な映像を作るような意図は、今回の大友啓史演出には通用しない。

遅れてきた青春時代のように交流する綾野剛と松田龍平の楽しげな絡み場面ですら、不穏な空気を孕んでいる。それが次第に切なさを帯びて行き、終盤は思わぬ展開が待ち受ける…。

登場人物たちの顔、彼らを取り巻く環境の全てが卓越したカメラワークで”説明”される。地方都市・盛岡の古い倉庫、今野(綾野剛)の住む普通のアパートに漂うジャスミンの薫り、ビアズレー絵画、光る川面、夜の川、炎が照らす闇、魚たち、苔むした森、人々の祝祭などを映し出した芹澤明子の撮影は、脚本以上に作品世界を表現して見事という他はない。近年これほどの絶品な撮影技量にはお目にかかれない。

大友啓史監督は、原作が芥川賞を受賞する前から映画化を起草していたそうだ。盛岡の再生と記念碑となるべきアートを模索していた地元自治体との利害が上手く合致した。ロケ地の全面協力のもと、生まれた逸品である。漫画を原作としたのエンタテインメントを器用に撮る印象のあった大友啓史監督の新たな側面を観た思いだ。(幸)

配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給協力:アニプレックス
カラー/製作国日本/ 134分
(C)2020「影裏」製作委員会
公式サイト:https://eiri-movie.com/
★2020年2月14日(金)より全国ロードショー★
posted by yukie at 13:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする