2020年07月22日

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン(原題:Der Trafikant)

17sai.jpg

監督:ニコラウス・ライトナー
原作:ローベルト・ゼーターラー「キオスク」(東宣出版/酒寄進一 訳)
脚本:クラウス・リヒター ニコラウス・ライトナー
音楽:マシアス・ウェバー
出演:ジーモン・モルツェ(フランツ・フーヘル)、ブルーノ・ガンツ(ジークムント・フロイト)、ヨハネス・クリシュ(オットー)、エマ・ドログノヴァ(アネシュカ)

1937年 ナチス・ドイツが台頭してきたオーストリア。フランツはアッター湖のほとりで母親と暮らしてきた。17歳になっても仕事のない彼を心配した母親は、ウィーンに住む古い知り合いを頼るよう送り出す。元軍人のオットーが営むタバコ店(キオスク)で、住み込みの見習いとして働くことになっていた。仕事を覚える日々の中、常連のひとり“頭の医者”として知られるフロイト教授と話すようになった。田舎から来たばかりの純朴なフランツに、教授は「人生を楽しみ恋をするよう」勧める。その言葉に従って町に出たフランツは謎めいた年上のアネシュカに一目惚れしてしまう。初めての恋に戸惑うフランツに、教授はいくつか助言を与える。しかしドイツとオーストリアの併合準備が進み、小さなキオスクも激動の波に巻き込まれていく。

ドイツとオーストリアの併合は翌年3月のこと。じわじわとナチ色が浸透してきて、反対するもの、賛成するものに分かれてのいざこざやナチの弾圧も背景に見せています。そんな不穏な時代に生まれ合わせてしまったフランツの、甘くほろ苦い恋と成長の物語に、実在の人物であるフロイト教授が登場します。教授じきじきのお悩み相談とはなんと贅沢でしょう!教授の指南でフランツが書き残す夢のシーンも幻想的で素敵。
ブルーノ・ガンツは『ヒトラー 最期の12日間』(2004)でヒトラー役でした。本作では迫害を受けるユダヤ人、亡命するフロイト教授役です。その物腰もまなざしも思慮深く若者を思う優しさがにじみ出ていて、さすがです。2019年に亡くなってしまい残念ですが、この遺作は観客の心に刻まれるはず。
フランツ役のジーモン・モルツェ、ボヘミア少女のエマ・ドログノヴァはお初ですが、次の作品を期待してしまう若手。オットー役のヨハネス・クリシュはじめ、脇の方々もあの時代を背景に生きている存在感あり、オーストリア、ドイツで作られて良かったと思いました。原作者のローベルト・ゼーターラーは作家、脚本家、俳優といくつもの顔があるそうですが、エンドロールを観ていたらキャストの中にお名前があったんです。いったいどの役だったのでしょう?(白)


母親のパトロンが湖で事故死して、ウィーンのタバコ屋で働くことになったフランツ。毎日のように母親に宛てて絵葉書を書く孝行息子です。常連客の「頭の中身を治してくれる」フロイト教授。「本を読んで勉強する」というフランツに、「女の子と親しくなって好きなことをしろ」と処方します。ユダヤ人のフロイト教授とカフェに入ったときに、奥の見えない席に案内され、ひしひしとナチの力がウィーンに浸透しているのを感じます。
タバコ屋の店主オットー(ヨハネス・クリシュ)もまた、フランツを導いてくれる人物。「タバコ屋は味わいと快楽を売る店。秘密厳守」と、こっそりエロ本を売る一方、ナチ党の新聞は決して扱わない。アカもユダヤ人も大事なお客、「心の自由なくして民族の自由なし」とドアに掲げる気骨のある人物です。それ故、「ユダヤ人御用達」と烙印を押され、ついに秘密警察に連れ去られます。戦争で片足を失ったオットーの必需品である松葉杖が店に残されていて、フランツが届けに行く姿にほろりとさせられます。
ナチ・ドイツのオーストリア併合という激動の時代に、17歳のフランツがフロイトや店主との出会いによって大人へと成長していく、瑞々しい物語。
原題『Der Trafikant』は、「タバコ屋」ですが、邦題の『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』、なかなか素敵です。(咲)



2018年/オーストリア、ドイツ合作/カラー/113分/R15 
配給:キノフィルムズ
© 2018 epo-film, Glory Film
http://17wien.jp/
★2020年7月24日(金・祝)Bunkamuraル・シネマほか全国公開

posted by shiraishi at 20:44| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

zk/頭脳警察50 未来への鼓動

7月18日(土)より新宿K’s cinemaにて公開 その他の劇場情報

zk_B5flyer_表面.jpg
©2020 ZK PROJECT

監督:末永賢
企画・プロデュース:片嶋一貴
プロデューサー:宮城広
撮影:末永賢 宮城広
整音:臼井勝
編集:末永賢
スチール:シギー吉田 寺坂ジョニー
企画協力:田原章雄 徳田稔
出演
頭脳警察: PANTA、TOSHI、澤竜次、宮田岳、樋口素之助、おおくぼけい
加藤登紀子、植田芳暁(ワイルドワンズ)

日本におけるロックの源流を生み出し、カウンターカルチャーをリードし続けてきた“頭脳警察”50年の足跡を映画化!

1969年、中村治雄(PANTA)と石塚俊明(TOSHI)によって結成された「頭脳警察」。のちに日本語ロックの元祖と言われるようになった彼らは、安保闘争、反戦・反体制運動が盛り上がるなか、過激な歌詞と自由なメロディー、表現方法によって、運動に参加する人たちの心に衝撃を与え支持を得た。
のちに“革命三部作”と呼ばれる「世界革命宣言」「銃をとれ」「赤軍兵士の詩」は、抑圧された社会情勢の中、若者の心情に共鳴する「詩」「叫び声」として享受されていった。
埼玉・所沢公園、かつてここに米軍の基地があった。PANTA(中村治雄)の父は、そこの日本人職員として働いていた。父の同僚の軍曹がハーモニカで聴かせてくれた「ケンタッキーの我が家」が音楽の原点のひとつ。名門校に進学するが、バイク窃盗事件の冤罪がもとで退学処分を受け、このことが体制に対する拭えない猜疑心を芽生えさせた。
PANTAとほぼ同じ頃に東京で生まれたTOSHI(石塚俊明)。同じ頃に生まれたふたりは戦後の激動の時代、社会情勢の中で、それぞれの胸に反骨心と音楽への憧れを育てていった。そして、17歳のときに出会い、1968年大学に進学。大学は学生運動の波の中だった。そして二人は1969年「頭脳警察」を結成。
当時はグループ・サウンズ全盛時代だったが、頭脳警察はその枠にとらわれない、自分たちだけの音楽と詩の世界を追い求めライブハウス中心に活動を開始。ベトナム戦争、あさま山荘事件などを経て若者たちの生き様が変わりゆくなか、頭脳警察は成田闘争の地・三里塚でのイベントに参加するなど、時代の風潮に逆らい続けた。
やがて彼らはもっと純粋な音楽への探究を模索し始め、1975年ステージを降りてしまう。以後、PANTAとTOSHIはそれぞれの道を歩みながら離合集散を繰り返し、その都度「頭脳警察」は進化し続けた。
時は過ぎ、2019年「頭脳警察」は新たに若い人たちが参加し再始動!
ギター・澤竜次(黒猫チェルシー)、ベース・宮田岳(黒猫チェルシー)、ドラム・樋口素之助、キーボード・おおくぼけい(アーバンギャルド)という若いミュージシャンとともに「頭脳警察 50周年バンド」を結成。

これは「頭脳警察」と同時代を歩んできた人、その背中を追ってきた人などの証言とともに、変わらぬ音楽への思いを保ち続ける彼らの「現在と過去」を追うことで、日本におけるカウンターカルチャーやサブカルチャーの歴史を浮き彫りにしていくドキュメント作品でもある。そして、新たな強力メンバーを得た「頭脳警察」の闘いは、この時代を生き抜くための力を私たちに与えてくれるだろう。

main2.jpg
©2020 ZK PROJECT


1970年代から1990年代、いろいろなイベントや集会などに行った時、PANTAさんが来たこともあり、そのときに「頭脳警察」というバンドがあることを知った。また頭脳警察が参加したイベントで演奏や歌を聴いたこともあったと思うけど、PANTA & HALの時だったかも。でも、過激な歌詞やパフォーマンスで、発禁や放送禁止などのエピソードを持つと、PANTAさんが自虐ネタで話していたことも、この映画を観ながら思い出した。でも、それからすでに20年はたっていると思うので、まさか今も活動しているとは思っていなかった。そしてこの映画の登場。頭脳警察が50周年を迎えて2019年に再結成したというのはこの映画で知った。まるで不死鳥のよう。でも二人の話からそれぞれ音楽は続けてきたのだと思った。
最近観た映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の中で、司会をしていた全共闘の芥正彦さん(劇作家、演出家、俳優)は「学生運動は今はないかもしれないけど戦いは終わっていない。今も戦っている」と言っていたし、ウーマンリブのリーダー的存在だった田中美津さん追ったキュメンタリー『この星は、私の星じゃない』を観た若い人が、ウーマンリブはの活動はいつ頃終わったのですか?という質問に、「終わってはいない。今も戦っている」と答えていた。彼ら、彼女たちは信念をぬいて生きていると思う。戦い方は変わったかもしれないけど、形を変えて今も戦いながら生きている。頭脳警察の二人も、形を変えながら音楽を続けて生きてきたのだと思う(暁)。


公式HP
2020年製作/100分/日本
配給:太秦

posted by akemi at 21:03| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶

okinawasen.jpg

監督:太田隆文(『朝日のあたる家』『明日にかける橋』)
撮影:三本木久城 吉田良介 音楽:サウンドキッズ 題字:大石千世
声の出演:栩野幸知 嵯峨崇司 水津亜子
ナレーション:宝田明 斉藤とも子
【 証言者 】
上江洲安昌 知花治雄 上原美智子 照屋勉 長浜ヨシ 川満彰 比嘉キヨ 佐喜眞道夫 真栄田悦子 座間味昌茂 松田敬子 島袋安子 山内フジ 瑞慶覧長方 平良啓子 吉浜忍 平良次子 吉川嘉勝 知花昌一 大城貴代子 他

第2次世界大戦末期、日本で唯一地上戦となった沖縄。当時の沖縄の人口の3人に1人、12万2282人が命を落とした。それが米軍からの攻撃だけでなく、日本の軍国主義によりもたらされた悲劇だったことを経験者の証言で伝えるドキュメンタリー。

1945年3月、米軍が沖縄に上陸。
本土決戦準備の時間稼ぎのために沖縄は捨て石にされ、14歳以上70歳まで男女全員が徴用され、戦闘協力を強いられた。
日本軍のことを沖縄の人たちは友軍と呼んでいたが、日本軍は食糧を奪ったり、壕に一緒にいると、泣いている赤ちゃんを母親に殺させたりした。軍隊の本質はどう戦うかで、住民を守ることは考えていなかったのだ。
さらに、集団強制死(集団自決)が起こったのも、民間人と軍が一緒にいた壕でのことだった・・・

沖縄上陸作戦から、戦闘終了までを、米軍が撮影した記録フィルムも用いて時系列で伝えながら、経験者や専門家の証言をはさんで、当時のことがまざまざと伝わってくるドキュメンタリー。
これまでにも、沖縄戦や、その後の沖縄に関する映画の中で市民が地上戦に巻き込まれたことを描いたものは多々ありますが、本作は戦争を知らない世代にわかりやすく伝わる映画です。
証言した人たちは、当時はまだ子どもでしたが、今は80歳以上。もう生の証言を集めることのできる最後の機会と思うと、その意味でも貴重な作品です。

中でも、証言者の方が、集団自決ではなく集団強制死と語っていたのが印象に残りました。
米軍が「殺さないから出てきなさい」と日本語で示しても、日本軍が女性はレイプされ、男性は殺されると言って外に出さず、あげく、米軍が壕に入ってきたときには、親に子を殺させ、親には自決を促したとの証言がありました。
同じ読谷村で、別の日本軍がいなかった壕では、ハワイに26年在住して帰国した男性が英語で米軍と交渉し、全員生存しているのです。
軍国主義教育が行き届き、軍の命令に従わないのは売国奴と言われた時代です。
さらに沖縄では、皇民化教育の一環で、沖縄的なものを排除し、学校教育では標準語で沖縄の言葉を使わせなかったそうです。日本軍が沖縄を差別していることを、米軍は利用できると思ったともいいます。
今も沖縄は日本の敗戦の重荷を一手に引き受けている状態です。悲しい記憶を引きずっている人たちに、それはあまりに過酷なことではないでしょうか。(咲)


沖縄戦関係の映画を、シネジャのサイトより紹介します。あわせてご覧ください。

『ぬちかふぅ-玉砕場からの証言―』 製作報告会見
http://www.cinemajournal.net/special/2009/nuchikafu/index.html

『沖縄うりずんの雨』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/420978086.html

『戦場ぬ止み』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/419005267.html

『標的の島 風(かじ)かたか』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/448654152.html

『標的の村』三上監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2013/hyoteki/index.html

『沖縄スパイ戦史』
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/460792611.html

『米軍アメリカが最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』
佐古忠彦監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2019/kamejiro2/index.html


2019年/105分/日本
制作:青空映画舎
配給:渋谷プロダクション
製作:浄土真宗本願寺派(西本願寺)
公式サイト:http://okinawasen.com/
★2020年7月25日(土)より新宿K’s cinemaにてほか全国順次公開




posted by sakiko at 19:50| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラド美術館 驚異のコレクション  原題:Il Museo del Prado - La corte delle meraviglie

prado.jpg

監督・脚本:ヴァレリア・パリシ
ナビゲーター:ジェレミー・アイアンズ

スペインの首都マドリードにあるプラド美術館。
ここには、ベラスケス、ゴヤ、グレコの三大巨匠をはじめ、15世紀から19世紀にかけて歴代のスペイン王室が独自の審美眼で買い集めた美術品が収められている。
プラドが王立の絵画館として開かれたのは、1819年11月19日。昨年200周年を迎えた。創設したのは、対ナポレオン独立戦争後に復位したフェルナンド7世。絶対専制的な王政を行った中で、唯一の文化的な善政。19歳でポルトガルから嫁いだ王妃イザベル・デ・ブラガンサが懸命に独裁的な王を説得して実現させたという。だが、イザベルは開館を見ることなく1818年12月に21歳でこの世を去っている。
開館当初スペイン画派のみ3室311点だったが、今や、建物は増大し、展示作品約1700点。収蔵作品は3万5千点を超えるとされる。
名優ジェレミー・アイアンズがナビゲーターとなり、ミゲル・ファロミール館長はじめ学芸員たちが収蔵品について解説し、美術館の魅力の全貌を明かしていく。
監督のヴァレリア・パリシは、イタリア女性。本作が初長編ドキュメンタリー。

プラド美術館に収められているのは、レコンキスタ(イスラーム王朝からの国土回復)を果たしたイサベル女王が初めての1点を購入した時から、1868年に女王イサベル2世の治世が終わるまでに、王室が蒐集した作品が中心。
イサベルとフェルナンドのカトリック両王に始まる15世紀以降のスペイン近世・近現代史を、収蔵品を通じて学ぶことのできるドキュメンタリーになっています。
1936年に始まったスペイン内戦、その後のフランコ政権の時代には、美術館の収蔵品は国内外の安全な場所に疎開させています。価値ある所蔵品を守ろうとした人たちのことにも思いを馳せました。

イスラーム勢力がスペインに渡った711年から、スペイン最後のイスラーム王朝であるグラナダ王国の王が去った1492年に至る800年近いイスラーム時代の文化や美術品は、一切出てこないので、「国土回復」したカトリック王朝としては全く興味がなかったということなのかなと、ちょっと寂しい思いもしました。(咲)



2019年/イタリア・スペイン/92分/G
配給:東京テアトル、シンカ
公式サイト:http://www.prado-museum.com/
★2020年7月24日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー


posted by sakiko at 19:27| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グランド・ジャーニー(原題:Donne-moi des ailes)

grand poster.jpg

監督:ニコラ・ヴァニエ「ベル&セバスチャン」「狩人と犬、最後の旅」
撮影:エリック・ギシャール
出演:ジャン=ポール・ルーヴ(クリスチャン)、メラニー・ドゥーテ(パオラ)、ルイ・バスケス(トマ)、フレッド・ソレル(ビョルン)

気象学者クリスチャンは雁の研究に打ち込むあまり離婚し、妻のパオラは一人息子トマと暮らしている。夏休みを過ごすために父親のもとにやってきたトマはオンラインゲームに夢中で、電波も届かない自然豊かなこの地も退屈なだけだ。
クリスチャンは超軽量飛行機を使って、絶滅危惧種の渡り鳥に安全な飛行ルートを教えるというプロジェクトを手がけていた。はじめはしぶしぶ父親につきあったトマだったが、卵が孵ってヒナたちが自分について歩くようになって気持ちが変わる。プロジェクトは「無謀だ」として飛行許可が下りない。

ジャック・ペラン監督のドキュメンタリー映画『WATARIDORI』が大好きでした。その制作に参加した鳥類研究家で気象学者のクリスチャン・ムレクが、実際に挑んだ超軽量飛行機でのノルウェーからフランスまでの旅を映画化したもの。成功した事実を知っていても、映画を観ていて事故がおきないかとつい心配になります。
子どもの頃「ニルスのふしぎな旅」を読み、1980年にヒットしたアニメ番組も欠かさず見ていたのを思い出しました。トマは普通の少年なので軽量飛行機で飛ぶのですが、鳥たちと一緒に旅をするうちにニルスのように様々な体験をします。撮影も素晴らしくて、観客もトマと一緒に旅をした気分になれますよ~。
映画以後、ニコラ・ヴァニエ監督とクリスチャン・ムレク(本人)は、300~400羽の鳥をラップランドから避難地へ移動させるという活動に取り組んでいるそうです。(白)


茶色いローブを着た少年がたった一人で超軽量飛行機に乗り、鳥のひなたちを連れてノルウェーからフランスまで飛行する。フィクションのような話ですが、なんと実話だそう。鳥は最初に見たものを親だと認識するので、親鳥らしく見えるように茶色いローブを着ているのです。大人が着て、羽をばたつかせるように手をバタバタさせると何だか笑ってしまいますが、少年がすると微笑ましく見えるから不思議です。
オンラインゲームに夢中だったイマドキの少年が危険を乗り越え、ひなとともに成長していく。オーソドックスな展開ではありますが、ドキドキハラハラもしっかりあるので、見ていて飽きません。また美しい自然の風景に心が和みます。クライマックスは親になった気分で少年を迎えてあげてください。(堀)


2019年/フランス・ノルウェー合作/カラー/シネスコ/113分
配給:クロックワークス
(C)2019 SND, tous droits reserves
http://grand-journey.com/
★2020年7月23日(木・祝)Bunkamura ル・シネマほかにてロードショー
posted by shiraishi at 13:46| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする