2019年06月09日

99歳 母と暮らせば

99sai.jpg

監督・撮影・編集・ナレーション:谷光章
出演:谷光千江子、谷光賢、谷光育子、谷光章

71歳の谷光監督の母千江子さんは99歳。認知症が進んで目が離せなくなってきた。谷光監督は仕事の場を実家へ移し、同居して介護を始めた。料理を作り、下の世話をし、デイケアへ送り出し、と気負うことなくこなしている。千江子さんは、物忘れはあっても食欲旺盛、社交的で明るい。
蝣エ髱「蜀咏悄・医Γ繧、繝ウ繝サ繧オ繝輔y・・hahato_sub06.jpg

母と息子の関西弁の会話は漫才のようで、思わず笑ってしまいます。老々介護を1年間淡々と映して、編集した作品。谷光監督は初めての介護体験ながら、大変だと愚痴ることもなく体調の良しあしの波もうまくやり過ごしています。お二人手をつないで桜を愛でる表情の晴れやかなこと。2年後の今も変わりなくお元気だそうです。この穏やかな日々が続きますように。(白)
蝣エ髱「蜀咏悄・医Γ繧、繝ウ繝サ繧オ繝輔y・・hahato_sub01.jpg


千江子さんの言葉や行動が、なんとも可愛らしくて、ほのぼのとさせられました。
とはいえ、老々介護が大変だなぁ~ということも、ずっしり伝わってきました。
その大変さを気持ちの持ちようで載り切る術を教わったような気がします。
8年前に亡くなった母のことも思い出しました。
最後の1年は認知症が進んでちょっと大変でした。
知らない間に、物を買ってしまうということもよくあって、まさに「あるある」と。
一方、96歳になる私の父はまだまだ元気で、これから千江子さんのようになっていくのかなと。
誰もがたどる道、介護と、自分の老い・・・明るく乗り切りたいと思わせてくれる映画です。(咲)

老いた母親を介護する作品はこれまでにも『毎日がアルツハイマー』や『ほけますから、よろしくお願いします。』など、いくつも見てきたが、この作品ほどほのぼのとしたものはなかった。何が違うのか。ふと考えてみたら、視点が娘ではなく、息子なのだ。
以前、仲間内で“母親が認知症になったとき、娘はすぐに受け入れ、介護認定を取ることなど先々のことを考えるが、息子は母親がぼけたことを受け入れられず、認知症を認めない傾向がある”ということが話題になった。「娘は冷めた目で見てしまいがちだよね」という結論に落ち着いた覚えがあるが、この作品がほのぼのしているのも、それが影響しているのではないだろうか。
もちろん、介護の本当にしんどい部分はカットしたのかもしれないが、それでも今なお、年老いた息子が前向きに介護を続けていけるのは、母親への意識の違いが大きいのだろう。親の介護は娘や嫁がするべきという固定概念を捨て、息子が中心にやっていくのがいい。この作品を見ているとそんな気持ちになってくる。(堀)


P1290287 99sai 320.JPG
谷光監督インタビューはこちら
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/466507574.html

2018年/日本/カラー/92分
配給:イメージ・テン、ムービー・アクト・プロジェクト
(C)Image Ten.
http://99haha.net/
★2019年6月8日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開
posted by shiraishi at 10:10| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷上の王、ジョン・カリー(原題:The Ice King)

john.jpg

監督・脚本:ジェームズ・エルスキン
ナレーション:フレディ・フォックス
音楽監督:スチュアート・ハンコック
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ

アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。(公式サイトより)

フィギュアスケートは、次々と登場する美しいアスリートたちのおかげですっかりメジャーになりました。私もかたずをのんで見守っています。ここまでくるには先達の努力があったはず、と思いつつこの映画を観るまでジョン・カリーのことは知らずにいました。
栄光の背後には血のにじむ努力と、孤独な日々があると想像に難くありません。動画でも一枚の写真でも、彼の影を伴った美しさが見て取れます。同性愛が忌むべきもの、病気として治療すべきものとされていたことは、多くの映画でも描かれていますが、ジョン・カリーも父親から「人間として根本的なところがおかしい」と非難され続けたとか。一番味方でいてほしい家族から受け入れられなかった彼の孤独は、どれほど深かったことやら。
彼の完璧なパフォーマンスと、さらに高みを目指し続けた姿勢は、現代のスケーターにも憧れをもって見つめられています。どうぞ大きな画面でご覧ください。(白)


2018年/イギリス/カラー/89分
配給:アップリンク
(C)New Black Films Skating Limited 2018
http://www.uplink.co.jp/iceking/
予告編はこちら
★2019年5月31日(金)新宿ピカデリー、東劇、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 09:58| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

さよなら、退屈なレオニー(原題:The Fireflies Are Gone)

sayonara-leonie.jpg
 
監督:セバスチャン・ピロット
出演:カレル・トレンブレイ、ピエール=リュック・ブリラント

カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー(カレル・トレンブレイ)。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。 そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーヴに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことに…。夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター…毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。

主人公は高校卒業を目前に控えた、こじらせ系女子。仲間とつるむのも、親との関係もうざい。「将来は?」と尋ねられても答えられない。決断や責任から逃げてばかり。レオニーを演じるカレル・トレンブレイからイライラする気持ちが手に取るように伝わってきた。
さて、これからどうするのか。人を非難するのは簡単。自ら行動することが大事と気付いてほしい。(堀)


主演のカレル・トレンブレイは第31回東京国際映画祭2018でジェムストーン賞(新人賞)を受賞した。(『さよなら、退屈なレオニー』の映画祭でのタイトルは『蛍はいなくなった』)
参照 第31回東京国際映画祭2018 授賞式レポート

カレル・トレンブレイ.jpg
撮影 宮崎暁美

2019年/カナダ/カラー/96分
配給:ブロードメディア・スタジオ
©CORPORATION ACPAV INC. 2018
公式サイト:http://sayonara-leonie.com/
★2019年6月15日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開
posted by ほりきみき at 01:27| Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の機嫌の直し方 

kigen-movie.jpg

監督:有田駿介 
脚本:蛭田直美    
脚本協力:横澤夏子  
音楽:吉川慶出演:

大学でAIの研究をしているリケジョの真島愛(早見あかり)は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆中。データ収集のために、“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトをすることにした。
その初日。上司となったウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、新婦・北澤茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)の結婚式を担当することに。ところが挙式直前に茉莉のウェディングドレスがワインで汚れてしまう。青柳と悠が式に間に合わせようと代わりのドレスを探しに動き出すが、茉莉はそのドレスにこだわる。困り果てた悠と青柳に、愛は男女脳の違いを説きながら、茉莉の不機嫌の理由を紐解く。愛のアドバイスを実行した悠は、茉莉の機嫌を見事に直すことに成功する。
その後も式のあらゆる場面で、男女トラブルが発生。そのたびに愛が「女の機嫌の直し方」を授けて、問題を次々と解決。結婚式はなんとか無事、お開きに向かうと思われたが、最後に、とんでもない大トラブルが発生する。

黒川伊保子の同名書籍が原案。結婚式を舞台に男女のトラブルを女性脳と男性脳の違いで修復する。あるあるのトラブル連発につい引き込まれ、笑って泣いた。彼女が「仕事と私のどっちが大事?」と選択を迫ったときは、「君が大事」と女性を選ぶのは間違いというアドバイスには思わず膝を打つ。
女性からすれば「そうなのよ〜」ばかりだが、男性にはどう見えるのか。そもそも問題点に気がつかないのかもしれない。(堀)


2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/ 107分
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
(C) 2019「女の機嫌の直し方」製作委員会
公式サイト:http://kigen-movie.official-movie.com/
★2019年6月15日(土)より全国順次公開

posted by ほりきみき at 01:19| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴公園

shiba-park.jpg
 
監督:綾部真弥 
企画・脚本:永森裕二
撮影:伊藤麻樹 
照明:藤森玄一郎 
主題歌:「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC) 
出演:渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本、桜井ユキ、水野勝、松本若菜、寺田農、山下真司、佐藤二朗

ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)!? もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる。

人間関係を築くことが苦手な主人公の恋の顛末。柴犬を飼う男3人が同じ公園に集う。リア充には縁がない感じで、互いにペットの名前で呼び合う関係。適度な距離感が心地よさそう。しかし、主人公に恋が芽生えてからその距離感も変わってくる。
俳優以上?!の抜群な演技を見せる犬たち。見ているだけでも心が癒される。(堀)


2019年/日本/カラー/99分
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C) 2019「柴公園」製作委員会
公式サイト:https://shiba-park.com/
★2019年6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開
posted by ほりきみき at 01:19| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする