2021年03月28日

緑の牢獄

2021年3月27日沖縄桜坂劇場先行ロードショー
2021年4月3日より ポレポレ東中野ほか全国順次公開
劇場情報 
320_R.jpg
(C)2021 Moolin Films, Ltd. & Moolin Production, Co., Ltd.

監督・プロデューサー・編集:黃インイク(黃胤毓:ホアン・インユー)
共同プロデューサー:山上徹二郎
撮影:中谷駿吾
出演:橋間良子(江氏緞)

2021年製作/101分/日本・台湾・フランス合作
配給:ムーリンプロダクション、シグロ
『緑の牢獄』公式HPはこちら

台湾から西表島に来た女性の人生と、忘れ去られた炭鉱の記憶

西表島には1886(明治19)年頃~1960(昭和35)年頃まで石炭を採掘する炭鉱があった。炭鉱は最初、島の囚人を使役して始めたという。囚人を坑夫で使うのは九州や北海道でもあったが、その方法が沖縄でも取り入れられた。その後、炭鉱がいくつもでき、台湾や朝鮮からも人を集めるようになった。朝鮮人坑夫もいたけど、台湾人坑夫の方が多かったという。大正時代には琉球炭鉱や沖縄炭鉱などが乗り出し、坑夫千人余を使って採掘するようになった。しかし、坑夫たちは過酷な労働やマラリアにかかってたくさんの人が亡くなった。次第に炭鉱はすたれ、戦後の一時期、米軍が石炭採掘を試みたけど、長くは続かなかった。廃坑の周りはすでにジャングルに飲み込まれ、自然に戻りつつある。
そして廃坑近くに住む90歳の橋間良子(江氏緞)さん。彼女は、坑夫たちの親方だった養父に連れられ、10歳で台湾から来て、人生のほとんどをこの島で過ごし、今はたった一人で家と墓を守る。炭鉱で働いていた人たちのことを今でも思い出し、子供の頃から知っている炭鉱の記憶を語る。台湾で坑夫を募った話。父が語っていた炭鉱の話。島でいじめられ、学校に通えなかった話。今でもその人とは口をきかないと話す。島を出て音信不通の自身の子どもたち。父はなぜ家族を連れてここへ来たのか。望郷の思いもあるけど、もう台湾には戻れない。怒り、不安、希望、後悔、様々な思いが交錯する。

沖縄を拠点として活動する黄インイク監督が七年間の歳月を費やし製作した『緑の牢獄』。植民地時代の台湾から八重山諸島に移住した“越境者”たちと現在を描く「狂山之海」シリーズの第二弾として作られた。第一作は『海の彼方』。2017年に公開された。
*『海の彼方』シネマジャーナル作品紹介はこちら 
*シネマジャーナル『緑の牢獄』黄インイク監督インタビュー記事はこちら

P1140221補正_R.jpg

大阪アジアン映画祭2017で『海の彼方』が上映された時、黄監督は、今『緑の牢獄』を撮っていると語っていたけど、その時に初めて西表島に炭鉱があったということを知った。そして、いつ公開されるかと思ってきた。その映画がやっと公開される。7年かかって作った作品。沖縄と台湾は近い。そしてかなり昔から行き来があったんだろうと思う。黄監督は2013年から1年かけて、フィールドワークで150人以上の方にインタビューしたと語っていた。
1977年に私は沖縄に行き、西表島、石垣島にも行ったし、両方とも島を1周した。その後も沖縄に関心があったのに、沖縄には台湾から移住してきた人たちがいるとは最近まで知らなかった。その43年前の沖縄行きは台湾まで行く船だったので、那覇に着いた時、確かに台湾は近いと思ったんだけど、そういう行き来があったということには思いがいたらなかった。
パイナップルも水牛も台湾の人たちが伝えたということは、2015年に公開された『はるかなるオンライ山~八重山・沖縄パイン渡来記~』(本郷義明監督、原案・監修三木健)で知った。さらに『海の彼方』で、もっと詳しく知ることができたけど、西表島に炭鉱があったということはこの『緑の牢獄』で知った。たくさんの方が重労働やマラリアで亡くなったということも。映画はそういう歴史の記憶を記録し伝えてくれる(暁)。


西表島というとマングローブ林の広がる島というイメージ。かつて炭鉱があって、坑夫たちがマラリアに苦しめられ、まさに「緑の牢獄」だったのだと知り、驚きました。
橋間良子(江氏緞)さんは、日本の敗戦で台湾に帰りますが、居心地が悪かったのか、また西表島に戻る選択をしました。もう日本の統治下ではないので、台湾から西表島へは密航。なかなか乗せてくれる船がなくて、やっと漁船に乗せてもらったそうです。西表島から台湾は、沖縄本島よりも、ずっと近くて、漁船で渡れるほどの距離なのだとあらためて思いました。
DSCF4555 midorino 320.JPG

3月23日(火)にアンスティチュ・フランセ東京で完成披露試写会が開かれ、上映後に黄インイク監督(写真中央)と井上修氏(写真左:元ドキュメンタリストユニオン)が登壇。司会は、ジャーナリストの野崎剛氏(写真右)。
井上修氏が1972年に撮った記録映画の中に橋間良子さんの養父の姿が映っていて、「50年も前に撮ったものを大事に使っていただいてびっくり・・・」と感慨深げな井上氏でした。
黄インイク監督は、橋間良子さんが帰ろうと思えば帰れた台湾に、なぜ戻らず、何を守ってきたのかを知りたくて、彼女を撮っていたといいます。
黄インイク監督が台湾語で話しかけたことで親しくなり、西表島の炭鉱で働いていた台湾人のことを調査している結果を伝えると、さらに深い話をしてくれたそうです。橋間良子さんの台湾語は、戦前のままで、台湾にいるお年寄りの話す台湾語とも違い、黄インイク監督にとって少し難しかったとのこと。
橋間良子さんは、翡翠の腕輪をしていて、それは台湾の人が大事にしているもの。長年、西表島で暮らしていても台湾のアイデンティティを失っていないのです。
橋間良子さんは、2018年にお亡くなりになられ、『緑の牢獄』は彼女の生きた証として貴重な作品になりました。合掌。(咲)



ポレポレ東中野 舞台挨拶情報
4/3(土)10:00の回上映後 初日舞台挨拶
<登壇>黄インイク(本作監督)、中谷駿吾(本撮影)

4/4(日)&4/5(月) 各日10:00の回上映後舞台挨拶
<登壇>黄インイク(本作監督)、中谷駿吾(本作撮影)
posted by akemi at 07:50| Comment(0) | 日本・台湾・フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

サンドラの小さな家(原題:Herself)

sandra.jpg

監督:フィリダ・ロイド(『マンマ・ミーア!』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)
共同脚本:クレア・ダン、マルコム・キャンベル(『リチャードの秘密』)
出演:クレア・ダン(サンドラ)、ハリエット・ウォルター(ペギー)、コンリース・ヒル(エイド)

シングルマザーのサンドラは、たびたび夫から暴力を受けている。ある日2人の娘たちと共に夫のもとから逃げ出すが、3人が泊まれる場所がない。頼みの公営住宅には長い順番待ち、高くつくホテルの代金は滞りがち、自分で小さな家を建てたいと思いつく。サンドラはインターネットでセルフビルドの設計図を見つけ、清掃人として働いている家のペギー、建設業者のエイドら、思いがけない人々の協力を得て、家の建設に取り掛かる。しかし、束縛の強い元夫の妨害にあい…。サンドラは自分の人生を再建することができるのだろうか?

恋愛して結ばれた夫だったのに、暴力をふるうようになるとは。サンドラの痛みと絶望がせまってきます。DVが世界中で起こっていていつまでもなくならないのは、「女は男に従うもの」という考えが根強く染みているのでしょう。自分の身に起こったらと思うだけで、身体が固まる気がします。女性と子どもを受け入れるシェルターや相談窓口がたくさんできますように。数は圧倒的に少ないのですが、妻からDVを受ける夫もいます。暴力の原因は様々あるでしょうが、幸せでないことだけは確か。

「自分の家を持つ」のは誰もの目標ですが、それだけでなく「自分で自分の家を作る」ことができるんですね。「そんなに難しくないんだよ」と提唱している人をサンドラはネットで見つけます。そのノウハウも公開されているんですよ。時代は進んでいます(男女の問題は進んでないのに)。
夢の実現には障がいがつきもので、サンドラも協力者を得た後も何度となく問題にぶち当たります。二人の娘がとても可愛く、いじらしくサンドラの生きがいになっています。息子だったら「母親を守りたい」と、また違う展開になったかもしれません。
脚本を書きあげたら自分で演じることになったクレア・ダンの才能と演技力、これからも注目していきます。(白)


本作は主演で脚本も担当したクレア・ダンがシングルマザーの親友から「ホームレスにあってしまった」という電話を受けたことから生まれました。3人も子どもがいる女性が家を見つけられずにいるという状況は社会システムが崩壊していると強く感じたよう。このことが心の奥にずっと残り、あるときふっと1人の女性が社会システムから抜け出して家を建てる話を思いついたそうです。
彼女の親友が夫からのDVを受けていたのかどうかは分かりませんが、本作での描写は凄まじいものがあります。外に助けを求めるのも命懸け。やっと家を出られたかと思っても、住まいと仕事の確保が難しい。支援グループのサポートがないわけではありませんが、現実的ではありません。しかし、親権争いでは生活の安定が重要視されてしまいます。意外だったのはこんなに辛い思いをしながら、復縁を迫る夫が娘を通じて見せてきた幸せだったころの夫婦の写真を見て、主人公が幸せだったころの彼を愛おしんでいたこと。“そんなバカな”と思いますが、「あの頃のあの人に戻ってくれるなら」と思わせることもDV夫が使う搦め手の1つなんですね。かなりリサーチして脚本が書かれたのを感じます。
ラストは驚きの展開でしたが、主人公なら娘たちと乗り越えていけると思えるはず。辛い思いをしている方にこそ見てほしい作品です。(堀)


2020年/アイルランド・イギリス/英語/97min/スコープ/カラー/5.1ch/
配給:ロングライド
提供:ニューセレクト、アスミック・エース、ロングライド
©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
公式サイト:https://longride.jp/herself/

posted by shiraishi at 22:09| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

ブータン 山の教室  英題:Lunana A Yak in the Classroom

bhutan.jpg

監督・脚本 : パオ・チョニン・ドルジ
出演:シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザム 他

ブータンの首都ティンプー。ウゲン(シェラップ・ドルジ)は、教師になって4年。卒業後の義務期間は5年。あと1年教師を務めたらオーストラリアに行って歌手として活動したいと画策している。そんなある日、上司から標高4,800メートルの辺境の地ルナナの学校に赴任するよう告げられる。ラバでまず6日。その後は険しい山道を数日歩いて、ようやくルナナにたどり着く。電気もなく、携帯電話も通じない。黒板もなくて手作りする。町にいた時には、やる気のない教師と呆れられていたウゲンが、辺鄙なルナナで、目を輝かせて授業に臨んでくれる生徒たちに接して、教師らしくなっていく。やがて、山に初雪が降り、村長から今出ないと町に降りられなくなると言われる・・・

哀愁ある「ヤクに捧げる歌」が抜けるような青空に響きます。ヤクはブータンの人たちにとって家族であり財産。歌詞にはヤクへの思い、さらに自然や大地への感謝や仏教の輪廻転生も込められているそうです。
ウゲンが村長に「前世はヤク飼いだったかも」というと、「いえ、ヤクですよ」と言われます。ヤクは乳や着火剤となる糞を提供してくれる宝。ウゲンも大事な先生という意味なのでしょう。
本作は、写真家として活動してきたパオ・チョニン・ドルジの初監督作品。1999年にインターネットとテレビが解禁されて以来、ブータンの独自性がだんだん失われていくのを肌で感じ、伝統を忘れないでほしいという思いでこの映画を作ったとのこと。
1971年まで長年鎖国政策を取っていたブータン。1980年以降、国語(ゾンカ語)以外のすべての教科を英語で教える一方、公の場での民族衣装着用を義務付けています。国際化と伝統を守ることを国として取り組んでいることに感心します。電気もないルナナの小学校でも、ちゃんと英語で教えていて、さすがだと思いました。
ウゲンは子どもたちの為に教科書を取り寄せるのですが、歩いて何日もかかるところにもちゃんと届きます。
2012年3月開催の「第20回アース・ビジョン 地球環境映像祭」で上映されたブータンの『思いを運ぶ手紙』という映画を思い出しました。首都ティンプーから険しい山道を歩いて5日かかる標高3500mの村リンシに、26年間にわたって手紙を運び続けている郵便局員を追ったドキュメンタリーです。国として、どんな僻地も見捨てない姿勢を感じます。(咲)


何日もかけてやっとたどり着くような山あいの学校に赴任がきまって、不満だらけのウゲン先生。それでも村人総出で出迎えられて、何もない教室で新しい先生を期待いっぱいで待ち構える子どもたちに心が動いていきます。「先生は未来に触れる人だから、将来は先生になりたい」と尊敬のまなざしで見つめられたら、すぐにでも帰りたいと思った自分を恥じるしかありません。まるでドキュメンタリーのように見えますが、監督がそれまでに取材したエピソードを入れ込んだシナリオのある劇映画です。3人のメインキャラクター以外は皆村の人たち。
キラキラの目が印象的なペム・ザムは、本当に家庭が壊れてしまっていておばあちゃんに育てられているそうです。村から出たこともない子どもたちは、先生を通じて未来や外の世界を知るわけですから先生の責任は大きい!今回たくさんの機材を持ち込んだ撮影隊、どんなに興味津々で子どもたちが見つめたことでしょう。メイキングが観たいです。
「国民総幸福量」第1位と言われるブータンですが、都会に憧れる若い人が増えているのは、ほかと同じ。ウゲン先生と一緒に「自分の幸せは何か、どこにあるのか」と考えさせられます。いろいろ疲れているこのごろです。雄大なヒマラヤの風景、響き渡る人生や暮らしの歌、純朴な村人や子どもたち…と美しいものがいっぱいのこの作品に、ただただ癒されるのもお薦め。(白)


☆トークイベント@岩波ホール☆
下記の日程15:30の回上映後
4/3(土):パオ・チョニン・ドルジ監督
4/10(土):磯真理子さん(元ブータン政府観光局・マーケティング担当)
5/8(土):パオ・チョニン・ドルジ監督
*当日に変更・中止になることもございますので予めご了承ください。
*パオ監督はインターネットを繋いで登場する予定。

2019年/ブータン/ゾンカ語、英語/110分/シネスコ 
日本語字幕:横井和子 字幕監修:西田文信 
配給:ドマ
後援:在東京ブータン王国名誉総領事館 協力:日本ブータン友好協会
(c)2019 ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://bhutanclassroom.com/
★2021年4月3日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開!

posted by sakiko at 22:51| Comment(0) | ブータン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

水を抱く女   原題:Undine

undine.jpg

監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト(『東ベルリンから来た女』)
出演:パウラ・ベーア、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ

ギリシャ神話に登場する水の精 ウンディーヌ。
人間との結婚によってのみ不滅の魂を得ることができる女性の形をした水の精霊。
愛する男が裏切ったとき、その男は命を奪われ、ウンディーヌは水に還らなければならない・・・

クリスティアン・ペッツォルトが、ギリシャ神話のモチーフを現代に置き換えて、大胆に描いた物語。

ベルリン、風の強い日の朝。ウンディーヌは、職場近くの中庭のカフェで、恋人ヨハネスから他の女性に心移りしたと別れを告げられる。「また休憩時間に戻ってくるから、愛してると言って」とその場を去る。ウンディーヌは、ベルリンの都市開発を研究する歴史家。博士号も取り、博物館で見学者にベルリンの街の成り立ちを解説している。
休憩時間になり急いでカフェに戻るが、ヨハネスはもういない。悲嘆にくれるウンディーヌ。後ろにあった水槽が突然割れる。先ほど博物館で解説を聞いていた潜水作業員のクリストフが彼女を助ける。運命的な出会いだった・・・

バッハの調べにのせて綴られるミステリアスな愛の物語。その行方も気になりましたが、もっと惹かれたのが、ベルリンの街の成り立ちのこと。ウンディーヌが博物館でベルリンの街の大きな模型を前に、「“ベルリン”は、スラブ語で“沼”や“沼の乾いた場所を意味します。沼地に建てられた人工的な都市です・・・」と解説する場面があります。 思えば、ベルリンの博物館の集まる場所は「博物館島」。川の中州にあるのですが、そもそも沼地だったのかと、もっともっと街の成り立ちを知りたくなりました。
公式サイトの監督インタビューの中に、下記のような言葉があって、ベルリンの街の成り立ちが、この物語を生み出した大きな原動力だったと知りました。


この映画を企画している頃、ベルリン市立博物館に展示されている素晴らしいベルリンの模型を見ました。ベルリンは辺り一帯を排水処理して整地し、沼地に建てられた都市です。そして、神話を持たない人工的で近代的な都市です。かつての貿易都市のように神話を輸入しました。同時に、ベルリンはそれ自身の歴史をどんどん消し去っている都市でもあります。ベルリンの特徴的な要素であった「壁」は、非常に短い期間で取り壊されました。フンボルトフォーラム(「ベルリン王宮」の外観を復元した新しい複合文化施設)もまた過去の略奪なのです。これらの破壊された過去、神話の残骸はウンディーネの物語の一部だと思います。
(公式サイトより引用)


また、本作でもう一つ注目したのが、モニカ役で出演しているマリアム・ザリー。1983年、イラン、テヘランの刑務所生まれ。両親が反体制派で、2歳の時にドイツに亡命。自らの生い立ちやイランの政治について描いた監督作品『Born in Evin』(2019年)が、ドイツ映画賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。ぜひ観てみたいです。(咲)


第70回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(最優秀女優賞)国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 W受賞

2020年/ドイツ・フランス/ドイツ語/90分/アメリカンビスタ/5.1ch
日本語字幕:吉川美奈子
配給:彩プロ
(c)SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020
公式サイト:https://undine.ayapro.ne.jp/
★2021年3月26日(金)より、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開



posted by sakiko at 15:29| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼をさがして(原題:The East Asia Anti-Japan Armed Front)

ookami.jpg

監督:キム・ミレ
撮影:パク・ホンヨル
音楽:パク・ヒョンユ
出演:太田昌国、大道寺ちはる、池田浩士、荒井まり子、荒井智子、浴田由紀子、内田雅敏、宇賀神寿一ほか

1974年8月30日、東京・丸の内の三菱重工本社ビルで時限爆弾が爆発した。8名の死者と約380名の負傷者が出たこの事件は日本社会を震撼させた。事件から1ヶ月後、犯人から声明文が出される。「東アジア反日武装戦線“狼”」と名乗るその組織は、この爆破を「日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃である」と宣言。その後、別働隊「大地の牙」と「さそり」が現れ、翌年5月までの間に旧財閥系企業や大手ゼネコンを標的とした“連続企業爆破事件”が続いた。1975年5月19日、世間を騒がせた“東アジア反日武装戦線”一斉逮捕のニュースが大々的に報じられた。人々を何よりも驚かせたのは、彼らが、会社員としてごく普通に市民生活を送る20代半ばの若者たちだったという事実であった。凄惨な爆破事件ばかりが人々の記憶に残る一方で、実際に彼らが何を考え、何を変えようとしたのかは知られていない。
2000年代初頭、釜ヶ崎で日雇い労働者を撮影していた韓国のキム・ミレ監督が、一人の労働者から東アジア反日武装戦線の存在を知り、彼らの思想を辿るドキュメントを撮り始めた。出所したメンバーやその家族、彼らの支援者の証言を追うなかで、彼らの思想の根源が紐解かれていく。

日本の監督でなくて、なぜ韓国の女性監督がこのドキュメンタリーを?と不思議でした。赤軍派を扱った映像は観たことがありましたが、”狼”を詳しく知ったのは初めてです。大道寺将司をはじめとした「東アジア反日武装戦線」の若者たちが、なぜ過激な行動に走って行ったのか、キム・ミレ監督は彼らの足跡を追っていきます。爆弾を使ったテロは彼らの予想を越えて、通行人も巻き込んだ惨事となりました。
過激なテロ集団と報道されていましたが、関係者や支援する人々、刑期を終えた本人の言葉から見えてくるのは、少し違うものでした。虐げられた人々に目を向けられる、その辛苦や思いを想像できる若者たちだったのに、手段がいけなかったと思えるのです。
今、私が年を取ったから言えることで、当時もし近くにいたなら、支援して逮捕された荒井まり子さんは私だったかもしれません。
大道寺将司は釧路出身で、アイヌの人々から土地を奪い搾取した末裔であると言っています。同じく北海道出身ですが、こんなにはっきりと加害者意識は持ちませんでした。韓国や中国の労働者たちが劣悪な環境のもと苦役につき、多くが死んでいったことも知っていきます。ゆがみや本質に気づける人だったのでしょう。小説や映画などで表現したり訴えたりするのでなく、暴力での攻撃になってしまったことが残念です。書簡集や句集を獄中から発表しているので、読んでみるつもり。(白)


1974年~1975年、東アジア反日武装戦線が起こした連続企業爆破事件。この爆破事件が起こった時、「日本はアジアに対して何をしてきたのか。これらの企業は彼らを搾取していた」という彼らの主張はわかるけど、なぜ企業爆破という方法で?と思った。こんなやり方をしたら、彼らの主張に寄り添える人も引いてしまうと思った。そして、その思いというのは、ほとんど社会に伝わらないまま「連続企業爆破事件」という名前だけが残ってしまった。そして、最近では「強制連行はなかった」という人までいる。こんな社会になってしまった日本だからこそ、この映画が伝える意味は大きい。
キム・ミレ監督は1998年から労働運動や人権に焦点をあてたドキュメンタリー作品を撮り始めた。日本の日雇い労働者を描いた『土方』(2005)という作品でソウル人権映画祭人権映画賞を受賞している。2007年に韓国で起こったスーパーで働く女性労働者の占拠運動を撮った『外泊』(2009)は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門特別招待作品にも選出され、日本国内でも自主上映された。釜ヶ崎を撮影中に、この事件の関係者と出会い、『狼をさがして』を製作したという。そんな監督だからこそ、この事件の検証に意味がある。「反日」という言葉をやたらに使う人たちにこそ見てほしい。彼らは少なくとも「反日」ではない。なんでも「反日」という言い方で決めつけるのは、あの戦争の時代につながる(暁)。

2009外泊キム・ミレ監督_R.JPG
2009年 キム・ミレ監督 『外泊』上映会にて

2020年/韓国/カラー/74分
配給:太秦
(C)Gaam Pictures
http://eaajaf.com/
★2020年3月27日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 01:53| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする