2021年09月17日

素晴らしき、きのこの世界(原題:Fantastic Fungi)

konoko.jpg

監督:撮影:ルイ・シュワルツバーグ
脚本:マーク・モンロー
音楽:アダム・ピーターズ
ナレーション:ブリー・ラーソン
出演:ポール・スタメッツ(菌類学者)、マイケル・ポーラン(ジャーナリスト)、ユージニア・ボーン(フードライター)ほか

菌類は150万種。植物の6倍以上。菌類の中の2万種がキノコを作る。地下に張り巡らされた菌糸網の実のようなもの。カビや麹も菌類。動物や植物が死ぬと、菌類が分解し、養分に変え土に返していく。油も吸収し分解するので、原油が流出した海も救うことができる。菌類は45億年前に地球に現れ、地球上の生き物が死に絶えたときも生き延び、あらゆる生命体の母となった。70億の人間は菌類なくしては存在しえない。

ポール・スタメッツは子どものころ吃音がひどくて人と話せず、いつも下を向いて歩き、見つけたのが化石とキノコだったそうです。キノコに魅せられ興味は尽きず、現在も菌類を研究し、実験、栽培を続けています。
原生林のあちこちに生息しているキノコが成長するようすが高速度カメラで撮影され、一つ一つが愛らしく、美しく不思議です。原生林は菌類の宝庫なので、そこを守ることは人間を守ることに繋がると映画は知らせています。菌類のアオカビからペニシリンが発見されたように、菌類からは様々な病気、感染症に効果のある薬が作られています。そしてまだまだ未発見の物質があるのだとか。また学習して、そのネットワークで知識を共有する生物なのだそうで、学習しても今後に生かせない人間よりずっと賢くないですか?人間は菌類に学ぶべき。キノコ愛好家が多いのも納得でした。(白)


◆予告編(1分30秒) https://www.youtube.com/watch?v=z_ncBhl3qS4

2019年/アメリカ/カラー/アメリカンビスタ/81分
配給・宣伝:アンプラグド
(C)2018, Fantastic Fungi, LLC
https://kinoko-movie.com/
★2021年9月24日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 15:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラミティ(原題:Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary)

caramity.jpg

監督:脚本:レミ・シャイエ
音楽:フロレンシア・ディ・コンシリオ
出演:サロメ・ブルバン、アレクサンドラ・ラミー、アレクシ・トマシアン
日本語版:福山あさき、松永あかね、木野日菜、木戸衣吹、畠山航輔、杉田智和、上田燿司

アメリカ西部開拓時代。12歳のマーサ・ジェーンは家族とともに大規模な幌馬車隊で西に向けて旅を続けていた。旅の途中、父親が暴れ馬で負傷し、マーサが家長として幼い弟妹の面倒を見、家族を守らなければならない立場になってしまった。女は女らしくと期待されていた時代、長いスカート姿では父親代わりはできない。マーサは家族のために少年のように髪を短く切り、男性だけのものだったジーンズをはいた。
マーサを危機から救ってくれたサムソン少尉を幌馬車隊に引き合わせたたことから、よそ者を嫌う旅団の中でさらなる軋轢を生む。馬に乗り、銃も扱えるようになったマーサはいつしか「カラミティ・ジェーン」と呼ばれるようになる。

『ロングウェイ・ノース 地球のてっぺん』のスタッフが再集結して製作したアニメーション。2020年春に完成し、アヌシー国際アニメーション映画祭にてワールド・プレミア上映され、見事クリスタル賞(グランプリ)を受賞。日本ではフランス映画祭でフランス語版、翌年3月開催の東京アニメアワードフェスティバルでは、日本語吹替え版がプレミア上映されました。
本作も輪郭線はなし、綺麗な色彩の絵(水彩風でなく、切り絵風)が横長の画面に拡がり、どこを切り取って額にいれても映えそうです。
ストーリーは実在した女性ガンマン、マーサ・ジェーン・キャナリー(1856~1903年)の子ども時代のお話。カラミティとは「厄介者」「疫病神」の意味。西部へ移動中に母親が亡くなり、この映画の中で落馬した父親も入植して数年後には亡くなっています。アニメのキャラでは眉の太い凛々しい顔だちのマーサ・ジョーン、弟妹たちの親代わりであり、男勝りになって(ならざるを得ず)奮闘したようです。名前のとおりトラブル・メーカーであったのか、後の伝聞では諸説あるようです。男装した勇敢な少女だったのは間違いなさそう。(白)


淡いトーンで描かれたお転婆なカラミティ・ジェーンの物語。大人相手に勇敢に立ち向かう姿に引き込まれます。ふと気が付くと、アメリカ西部開拓の物語なのに、フランス語?と、ちょっと違和感があったのですが、思えばヨーロッパ各地から新天地を求めて人々がやってきた時代。何語を話していたかは、逆にわからないですね。お互い、言葉が通じないこともあったのだと思います。何事も恐れないジェーンのような人物だからこそ、生き抜けたのだと! この映画を観た子どもたちが勇気をもらえますように! (咲)

2020年/フランス・デンマーク合作/カラー/シネスコ/82 分
配給:リスキット
(C)2020 Maybe Movies ,Norlum ,2 Minutes ,France 3 Cinema
https://calamity.info/
★2021年9月23日(木)より新宿バルト9ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 14:21| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クーリエ 最高機密の運び屋(原題:The Courier)

courier.jpg

監督:ドミニク・クック
脚本/製作総指揮:トム・オコナー
撮影:ショーン・ボビットBSC
音楽:アベル・コジェニオウスキ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ(グレヴィル・ウィン)、メラーブ・ニニッゼ(オレグ・ペンコフスキー/アレックス)、レイチェル・ブロズナハン(エミリー・ドノヴァン/ヘレン)、ジェシー・バックリー(シーラ)、アンガス・ライト(ディッキー・フランクス/ジェームス)

1962年10月、アメリカとソ連の対立は頂点に達し、キューバ危機が勃発。アメリカの目と鼻の先にあるキューバに、ソ連がミサイル基地を作っているという情報が入ってきたのだった。もし実際にミサイルが発射されたなら、アメリカはすぐに報復し、世界中を巻き込んだ核戦争が起きてしまう。なんとしても正確な情報を手に入れなければならない。
英国人のグレヴィル・ウィンは、東欧へ機械や部品を売るセールスマン。彼ならば疑われることなく、商用だとソ連の往復ができる。英国の情報組織MI6に見込まれ、スパイの経験など一切ないにも関わらず「クーリエ(運び屋)」をすることになってしまった。モスクワへと飛んだ彼は、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)の高官オレグ・ペンコフスキーとの接触を重ね、機密情報を西側へと運び続けるが……。

スパイ活動など縁のないセールスマンに「国家機密」を運ばせたというのが史実だとは!声をかけられたウィンは固辞するのだが、”核戦争になったら妻や息子のアンドリューがどうなるか。これを止められる機会があったのに、とあなたは後悔する”と諭されます。彼の情報を全て知ったうえで具体的に数字もあげて未来の話をします。これを断れる人はいないでしょう。
冒頭にソ連でスパイ活動が露見した男が銃殺されるシーンがありました。ペンコフスキー大佐もそれを見ています。裏切者の運命はわかっています。それでも祖国の機密をアメリカへ渡し続けた心中はいかばかり。
互いに信頼し合い、命がけの任務を遂行し、国や立場を越えた友情を築いたアレックスとウィンの2人。説得力を持った俳優の好演が真実味を倍加させました。ウィンの前半後半の体型や表情の激変を身を挺して演じきったカンバーバッチに驚くこと必至です。当時を再現した美術や衣裳、カメラワーク、温かみを配した色調、すみずみまで注意を払って作られた本作は緊張感を最後まで持続させます。
中にアレックスとウィンがモスクワでボリショイバレエ「シンデレラ」を鑑賞、お返しにとウィンがロンドンで接待するシーンがあります。映画館にはプレスリーの『ガール!ガール!ガール!』の看板があがっています。チャビー・チェッカーの「Let's Twist Again 」(世界中でカバーされたヒット曲)が流れ、アレックスとウィンが笑顔でツイストを踊っていました。ウィンの家での食事シーンでは、子どもの率直な質問にアレックスが答えます。どうぞ聞き逃さないで。
日本は1956年の経済白書では「もはや戦後ではない」と戦後復興の先を突き進み、東西冷戦当時の池田内閣は「所得倍層計画」を掲げていました。大人も冷戦を心底心配していたのかどうか、私の記憶にはほとんどありません。庶民は毎日を送るだけでいっぱいだったのではないでしょうか。東西だけでなく、世界中で起こる対立は政治の上でのこと、文化や人の交流は可能です。個人に目覚めてほしくないのは誰でしょう?(白)


courier.1jpg.jpg


映画の中でケネディ大統領が演説するテレビ映像が映し出されて、小学生だった当時、ケネディ大統領に憧れたのを思い出しました。ケネディとフルシチョフが握手して、これで戦争にならないのねと子ども心に単純に思ったものでした。それが、1962年のキューバ危機回避の時のものだったかどうかはわからないのですが。
あの米ソ対立の時代に、こんな史実があったとは!と驚きました。 最後に映し出された本物のグレヴィル・ウィンの解放された時の姿に、国家にうまく利用された人の良さを感じました。カンバーバッチがまさに体現していて素晴らしいです。また、ソ連の高官がどんな気持ちで機密情報を流したのかと思いを馳せました。旧ソ連グルジア(現ジョージア)出身の俳優メラーブ・ニニッゼが好演でした。
それぞれの家族の姿も丁寧に描いていて、いずれもまさか夫がスパイ活動をしているとは思いもせず、平穏な暮らしを望んでいることに涙です。(咲)


2020年/イギリス、アメリカ合作/カラー/112分
配給:キノフィルムズ
(C)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://www.courier-movie.jp/
公式Twitter(@courierjp)https://twitter.com/courierjp
★2021年9月23日(木・祝)ロードショー

posted by shiraishi at 13:16| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空白

kuhaku.jpg

監督・脚本:𠮷田恵輔
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
撮影:志田貴之
音楽:世武裕子
出演:古田新太(添田充)、松坂桃李(青柳直人)、田畑智子(松本翔子)、藤原季節(野木龍馬)、趣里(今井若菜)、伊東蒼(添田花音)、片岡礼子(中山緑)、寺島しのぶ(草加部麻子)

中学生の添田花音が車に轢かれて死んでしまった。スーパーで化粧品を万引きしようとしたところを店長の青柳直人に見つかり、追いかけられて逃げた挙句道路に飛び出してしまったのだ。妻と離婚後、いつも花音を放たらかしだった父親の充は、突然の娘の死が信じられない。いじめではないかと学校へ乗り込み、自分の娘が万引きなどするはずがないと主張し、店長の直人を激しく追及し続ける。先代の店長のころからスーパーで働いている麻子は、直人をかばって応援する。充の怒りは収まらず、テレビの取材ではコメントを切り取られ、直人の心は折れていく。

これまでの𠮷田監督の作品を観続けています。他人や友人、兄弟姉妹などの関係、その中での加害や被害、善や悪を描いてきました。『ヒメアノ~ル』での狂気の森田剛さんに震えましたが、この突然娘を亡くした父親役の古田新太さんも怖い。いくら謝っても許してもらえません。毎日のように追いかけまわされ、罵倒されたら病んで心が壊れてしまいます。スーパーを継いだごく普通の青年を松坂桃李。しばしばスターのオーラを消して市井の一人になる俳優さんですが、今回も添田に攻撃されっぱなしの直人を演じて違和感ありません。あまりに儚げなので、つい心が動いてしまう麻子の気持ちもわかろうというもの。
娘のことを知らないというのは、添田自身が一番よくわかっているので、自分に怒り、学校へ乗り込み、目の前にいる青柳直人に怒りを集中させてしまいます。そんな添田に元妻は前には飲み込んだことを言い、若い漁師・龍馬は八つ当たりされながらも憎むことはしません。藤原季節さんは柳に風のような役がよく似合います。
𠮷田監督の作品のどの人間にも光と影があり、どん底へ落ちようと、這い上がるとっかかりがあります。観るほうも追い詰められますが息をさせてもらえます。
10月28日から始まる第34回東京国際映画祭にて、Nippon Cinema Now部門「𠮷田恵輔監督」特集が決定しました。こちらです。この『空白』のほか、旧作が上映され監督も登壇する予定。ぜひお楽しみに。(白)


私は、(白)さんと違って、𠮷田恵輔監督作品を観たのは、今年4月9日に公開された『BLUE/ブルー』が初めてでした。
登場人物それぞれの心情を丁寧に描いていて、じんわりと心に染み込む映画でした。
この『空白』も、突然、娘を失った父親の行き場のない思い、万引きに悩まされていた店主にとっては、自分が追いかけたせいだという自責の念、そして言われなき周りからの罵倒・・・ それぞれの押しつぶされそうな気持ちが、ずっしり伝わってきました。
本作の企画・製作に当たった河村光庸氏は、英語タイトルを『Intolerance(不寛容)』としたけれど、果たして、今のこの時代を「不寛容」という言葉で言い表せるのでしょうか?とも自問されています。“生きづらさ”や“閉塞感”とも違う「空っぽ=空白」な時代を生きているのではないでしょうか?と。 生きていれば、必ずいつか、空白を埋めることができると信じて前を向いていきたいものです。(咲)



2021年/日本/カラー/ビスタ/107分
配給:スターサンズ/KADOKAWA
(C)2021「空白」製作委員会
https://kuhaku-movie.com/
★2021年9月23日(木・祝)全国公開

posted by shiraishi at 11:10| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日をへぐる

2021年9月11日 ポレポレ東中野を皮切りに全国ロードショー

640_R.jpg


楮(こうぞ)をめぐる山里の人々の暮らし

監督・編集:今井友樹
企画・製作:山上 徹二郎 
企画協力:田岡重雄 
撮影:今井 友樹 / 伊東 尚輝
航空撮影:辻 智彦 
ドローン撮影:佐藤 千春 
録音:今井 友樹 / 川上 拓也
音楽:山村 誠一(スティールパン他)
音楽編集:山田やーそ裕(7 弦ギター)
ナレーション:原田 美枝子  
音声ガイドナレーション:笠井信輔 
ポスター画:田島征三
パラブラ第一回配給作品 

高知県いの町吾北地区周辺で、土佐和紙の原料・楮をめぐる山里の人びとの暮らしを四季を通して撮影。日本が誇る和紙の文化を通して私たちの日常を見直してみたいとの思いから製作したドキュメンタリー作品。

土佐和紙の原料となる楮(こうぞ)をめぐる山里の人々の暮らしを記録したドキュメンタリー。高知県のローカルな方言である「へぐる」は、特殊な包丁で土佐楮の皮から表皮部分を削ぎ取る作業のことを指す。高知県の山あいの町で楮を丁寧にへぐっていく90代の女性たち。楮の外皮を何度も削り落とし、繊維だけを残していく。そのようにすると、楮は1000年以上の耐久性を持つといわれる和紙へと生まれ変わっていく。その手わざや佇まいから、世代を越えて受け継がれてきた山里の暮らしが見えてくる。手間もかかり大量生産もできず、継承者もいないことからやがて失われてしまうのではないかと言われている「へぐりの作業」をはじめ、楮を栽培し、紙を漉いてきた人たちの暮らし。そして和紙の文化を通して、効率性や利便性を求め余裕が失われてしまった現代社会の日常を見つめ直す。
今井友樹監督は 2014 年公開の『鳥の道を超えて』を始め、数多くのドキュメンタリー作品に携わっている。

メイン_R_R.jpg


和紙を作る体験工房で紙漉きの体験をしたことがある。「綿のような白い繊維」が水に浮いていて、それを巻きすを大きくしたような簀桁(すけた)というものを何度もくぐらせ、その白いものが積み重なり厚みが出たところで乾燥し、それが和紙になった。その「綿のような白い繊維」が楮(こうぞ)だったのだろう。和紙になる原料には楮、みつまた、雁皮(ガンピ)などがあるそうだけど、この吾北地区周辺では楮を植え、それを収穫してきた。その収穫した楮を蒸し、皮を剥ぐ作業を、この地区の人たちは共同でしている。綿のような繊維になるまでの工程がこんなに大変ということを、この作品で知った。楮は90年も100年も樹齢があるのだということも。そして毎年枝を切って、木そのものは丸坊主になってしまい、また春になると枝が出て来て、冬になると枝を切る。
この作品では、村の衆が出てくるけど、楮の枝を刈ったり、蒸したり、へぐったり、川で洗ったり、干したり、それぞれの作業に来る人達は15,6人くらい。ほとんどが60代以上? 中には90歳を超えた方もいて、元気に作業をしている姿が心強かったけど、将来のことを考えると、もっと若い世代が参加しなくては将来にわたって継続していくのは厳しいかも。もっともこの山村の地区に住んでいる人たちの中に若い人はほとんどいないのかもしれない。
和紙は障子や表具用などに使われてきたが、これらの需要は減ってきているので、最近は版画用、公文書修復用などに使われることが多い。ここの楮で作られた和紙は高品質で、版画用などに使われていて好評らしい。
そして、これまでずっと謎だったことが解けた。山里や山村に行くと、低木でゴツゴツした木が並んで生えていて、春から夏にかけて2mくらいに枝が伸びる木があって、これは何だろうなと思っていたのだけど、それが楮だった。日本全国、あちこち行ったけど、この「木」はあちこちにあった。ということは、楮の生産地というのは、かなりあったということなのでしょう。今井友樹監督は 『鳥の道を超えて』でも、地方に伝わるカスミ網を使った猟を描いていましたが、貴重な地方文化の記録を続けているということに敬意を表さずにいられない(暁)。
(暁)。


『明日をへぐる』公式HP
2021年製作/73分/日本
配給:Palabra、シグロ
posted by akemi at 08:55| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする