2021年04月04日

街の上で

machinouede.jpg

監督:今泉力哉
脚本:大橋裕之
撮影:岩永洋
音楽:入江陽
主題歌:ラッキーオールドサン「街の人」(NEW FOLK / Mastard Records)
出演:若葉竜也(荒川青)、穂志もえか(川瀬雪)、古川琴音(田辺冬子)、萩原みのり(高橋町子)、中田青渚(城定イハ)、成田凌(友情出演)

下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にいつも一人で行動している。ライブや飲み屋や古本屋、自分にとって必要なものが間に合う下北沢から出ることもない。そんな青に自主映画を撮っているという女性客が「自分の映画に出ないか」と声をかける。ふってわいた話に戸惑う青だったが、ちょっとその気になって初めての映画の撮影現場に出かけてみる。

コロナ禍で、昨年の公開予定が延びて、このほど上映が決まった2019年の作品。後からの『あの頃。』がつい先日公開になりました。そちらにも出演している若葉竜也さんの初の主演作品です。舞台は下北沢、見たことのある通りや店の看板に、ブラブラ町歩きがしたくなります。事件が起きるわけでもなく、ふんわりして優しい空気の中を漂うような作品です。
試写は去年の春でした。若葉さんは出演作品が続いていますし、青が出会う4人の女優さんたちも、ほかの作品で次々と見かけました。今泉監督が「若い俳優さんたちをおんぶしてやりたい」と語るのをどこかの記事で読みました。有名俳優さんは素晴らしいけれど、どんな花が咲くかわからない若い芽を見つけてるのっていいですよね。日に当てたり、肥料をあげて育てるのって楽しい。こちらは見守らせていただきます。(白)


主人公は彼女から別れを告げられたけれど、なかなか吹っ切れない。彼が勤める古着屋には好きな女に告白しようとしている男とその男が好きだから告白の衣装決めに付き合う№2の女がくる。行きつけの古本屋のアルバイト店員は妻子ある店長に想いを寄せる。主人公を振った女は別の男と付き合うが…。恋愛って人によって本当にさまざま。何が正しくて、何が間違っているとは決められない。好きになってしまったら止められないし、気持ちが冷めたら続けられない。そんな当たり前のことで人は思い悩む。それを下北沢という街を舞台にさらりと描いてしまう今泉力哉監督の手腕に唸る。(堀)

2019年/日本/カラー/シネスコ/130分
配給:『街の上で』フィルムパートナーズ
配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)『街の上で』フィルムパートナーズ
公式サイト:https://machinouede.com/
公式Twitter:https://twitter.com/machinouede
公式Facebook:https://www.facebook.com/machinouede/
★2021年4月9日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 19:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンモナイトの目覚め  原題:Ammonite

Ammonite.jpg

監督・脚本:フランシス・リー(『ゴッズ・オウン・カントリー』)
出演:ケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』)、シアーシャ・ローナン(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)、ジェマ・ジョーンズ、ジェームズ・マッカードル、アレック・セカレアヌ、フィオナ・ショウ

英国女性メアリー・アニング。
ダーウィンの進化論の理論形成にも影響を与えたともいわれる研究を成し遂げながら、女性故に死の直前まで認められなかった。
本作は、メアリー・アニングにインスパイアされて、想像力たくましく描いた物語。

1840年代、イギリス南西部の海辺の町ライム・レジス。
石のごろつく海岸で、化石を探すメアリー。13歳の時に魚竜イクチオサウルスの化石を発掘した栄光も過去のものとなり、今は観光客の土産物用アンモナイトを探して生活の糧としている。老いた母(ジェマ・ジョーンズ)との二人暮らしだ。
そんなある日、ロンドンから化石収集家のロデリック・マーチソン(ジェームズ・マッカードル)が、妻のシャーロット(シアーシャ・ローナン)を伴ってやってくる。ロデリックは、アンモナイトを高額で購入し、採集に同行させてほしいと頼む。メアリーは独学だが古生物学者として知られているのだ。
ロデリックがロンドンに帰る日、流産した妻をこの町でしばらく静養させるので、相手をしてやってほしいと頼まれる。人付き合いの苦手なメアリーにとって迷惑な話だったが、謝礼をはずまれ嫌といえなかった。化石の採集についてくるシャーロットが、メアリーには鬱陶しい。海に入り、高熱をだして倒れてしまうシャーロット。家で献身的に介抱するうち、二人は心を通わせていく。
往診に来ていた医師から、自宅で開く音楽会に招かれる。すぐに上流階級の輪の中に溶け込むシャーロット。かつてメアリーと関係のあったエリザベス・フィルポット(フィオナ・ショウ)とも、打ち解けている姿を見て、メアリーは一人先に帰ってしまう。
翌日、海辺から大きな化石を二人で運び出し、価値ある発見を喜ぶとともにお互いの気持ちに気づく。やがて、シャーロットがロンドンに帰る日がくる・・・

メアリー・アニング
1799年5月21日、イギリス南西部ドーセット州ライム・レジス生まれ。1847年没。
家計のために観光客向けの化石採集をしていた家具職人の父に化石発掘を教わる。
1810年に父が急死。学校にも行けなくなり、兄ジョセフと家計を支える。
1811年、13歳の時、イクチオサウルスの世界初の全身化石を発掘。
独学で地質学や解剖学を学び、さらに多くの化石を発見するが、女性で労働者階級のメアリーは論文発表も学会入会も認められなかった。
彼女の死の直前、ロンドン地質学会は彼女を名誉会員に認定。
彼女の死後163年の時を経た2010年、王立協会はメアリーを「科学の歴史に最も影響を与えた英国女性10人」の1人に選んでいる。(映画公式サイトより抜粋)


13歳の時に発掘した魚竜イクチオサウルスの化石が大英博物館に展示される時に、「発掘者メアリー・アニング」の名札が外され、寄贈者の名札に変えられるところから映画は始まります。男性優位の階級社会で、女性というだけで認められなかった時代。しかもメアリーは労働者階級。亡くなってから163年も経って、栄誉を与えられたことを天国のメアリーはどんな風に思っていることでしょう。

本作誕生のきっかけは、フランシス・リーの恋人の誕生日。彼は、化石や鉱物好きな彼氏へのプレゼントを探している中で、何度もメアリー・アニングの名前を目にし、彼女の功績を知ります。ですが、メアリーがどんな人生を送ったかの記録はほとんど見つからなかったそうです。フランシス・リーは、メアリーの自伝を作りたかったわけではないと語っています。彼自身の階級やジェンダーへの思いが強く反映された物語を紡いだのだと感じます。
男性優位の社会の中でかき消されてしまったメアリー・アニングの存在を、映画という形で遺したかったのはわかるのですが、メアリーが性的マイノリティだったかどうかは不明。これまた、メアリーは映画を観て、どう思うでしょう・・・(咲)


女性は能力があっても自分の名前では評価されない。イクチオサウルスの世界初の全身化石を発掘し、大英博物館に展示されても、自分の名前ではなく、寄贈者の名前が記される。そういえば、この作品と同じくGAGAが配給した『燃ゆる女の肖像』も主人公は画家として絵を描いても認められず、父親の名前で出品していたはず。そういう時代とはいえ、何と理不尽なことか。しかし声高に不満を訴えることさえできない。男性から軽んじられる女性の鬱憤がケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンの視線や仕草で繊細に伝わってくる。一方で。やるせなさで共鳴し合った主人公2人が肉体的にも共鳴するシーンは荒々しささえ感じるほど大胆に描かれている。フランシス・リー監督の緩急あふれる演出が最近よく見かける同じようなテーマの作品と一線を画す。(堀)

2020年/イギリス/118分/1chデジタル.5/ビスタ/カラー 字幕翻訳:稲田嵯裕里
配給:ギャガ
(C) The British Film Institute, The British Broadcasting Corporation & Fossil Films Limited 2019
公式サイト:https://gaga.ne.jp/ammonite/
★2021年4月9日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次公開



posted by sakiko at 18:28| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーム・スプリングス(原題:Palm Springs)

palm springs.jpg

監督:マックス・バーバコウ
脚本:アンディ・シアラ
出演:アンディ・サムバーグ(ナイルズ)、クリスティン・ミリオティ(サラ)、ピーター・ギャラガー(ハワード)、J・K・シモンズ(ロイ)

砂漠のリゾート地、パームスプリングス。妹の結婚式に参加するためやってきたサラは、幸せいっぱいのムードに馴染めずにいた。会場で初めて会ったお調子者のナイルズに興味がわいて二人きりに。いい雰囲気になったところ、突如謎の老人にナイルズが襲撃される。怪我をしたナイルズを追って、止めるのも聞かずに洞窟に入ってしまう。目がさめると、同じ結婚式の朝に戻っていた!わけがわからないまま、昨日とそっくり同じ会話を繰り返し、会場でナイルズに再会する。洞窟に入ったサラは、ナイルズと同じ“タイムループ”に閉じ込められたとわかる。ナイルズはループから出られず、ずっと同じ日を繰り返しているのだと言う。しばらくこの世界を楽しんだサラだったが、やはり違う明日がきてほしい。

さあ、みんなの好きな“タイムループ”作品ですよ~。コロナで鬱々としていた2020年、アメリカのドライブインシアターで限定公開されるや、観客をおおいに沸かせたというラブコメです。アンディ・サムバーグは「サタディ・ナイト・ライブ」のレギュラーで、『俺たちポップスター』(2016)で主演していますが未見。本作では主演と共に制作も兼ねています。
クリスティン・ミリオティはイタリア系のはっきりした顔立ちで、表情豊かです。同じ日をループしたらどうなる?な観客の予想通りの反応をしてくれて、おおいに笑わせてもらいました。謎の老人のJ・K・シモンズが、コメディにぴりりと苦味をきかせています。タイムループもの映画というと『ハッピー・デス・デイ』が浮かびます。さて、こちらの二人はループから抜けることができるのでしょうか??(白)


同じことの繰り返しで単調な毎日にうんざりしている人は意外に多い。タイムループものはそんな日常に似ているのではないだろうか。ナイルズやロイは大きな喪失の可能性よりもそんな生活の中だからこその微かな幸せを見つけて満足しようとする。一方でサラは何としてでもループから逃れようと奮闘を繰り返す。男女の差なのか、個人の差なのかは分からない。しかし、どちらも私たちが抱えている、単調な日々の生活をどう乗り越えていくかというリアルな問題にヒントとなるような気がする。さて、あなたはどっち派?(堀)

2020年製作/90分/PG12/アメリカ・香港合作
配給:プレシディオ
(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
http://palm-springs-movie.com/
★2021年4月9日(金)新宿ピカデリーほかロードショー
posted by shiraishi at 17:38| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椿の庭

tsubakinoniwa.jpg

監督・脚本・撮影:上田義彦
音楽:中川俊郎
音楽プロデューサー:ケンタロー
出演:
富司純子、沈 恩敬(シム・ウンギョン)
田辺誠一、清水綋治
張 震(チャン・チェン)特別出演
鈴木京香

海を見下ろす葉山の高台に佇む風情ある古い家。手入れの行き届いた庭の木々が美しい。
絹子(富司純子)は夫の四十九日の法要を終え、ひと息つく。法要のため東京から実家に帰っていた次女・陶子(鈴木京香)は、老いた母が、この家で孫娘・渚(沈恩敬)と二人きりで暮らすことを心配して、東京で一緒に暮らそうという。夫や家族との思い出が詰まった家は離れがたい。
ある日、税理士の黄(張震)より、相続税の問題から家を手放すことを勧められる。大事にしてくれる人に買ってもらうと言って、人を連れて下見にくる・・・

サントリー、資生堂、TOYOTAなど数多くの広告写真を手掛けてきた写真家 上田義彦の初監督作品。
藤の花、紫陽花、蝉の声、牡丹、椿・・・、何年も、この家で絹子が家族とともに眺めてきた季節の移ろいを味わい深く捉えています。
チャン・チェンの起用が何より気になりました。『牯嶺街少年殺人事件』の少年が、『ブエノスアイレス』で爽やかな青年となり、本作では中年の域に入った税理士! 
なぜシム・ウンギョン?と思ったら、駆け落ちして海を渡った長女の忘れ形見という役どころでした。

切なく、いろいろなことを思い出した映画でした。
絹子がくつろぐとき、夫も好きだったとかける曲「トライ・トゥー・リメンバー」は、もう50年も前、高校生の時に憧れの君の鎌倉の家で聴かせてもらったブラーザース・フォアのアルバムに入っていた曲。(できれば、花にちなんで「七つの水仙」をかけてほしかった!)

チラシ画像にもある、沓脱石(くつぬぎいし:縁側から庭に降りるところにある大きな石)には、母方の祖父が昭和6年に建てた神戸の家を思い出しました。私が生まれ、15歳まで育った家。贅を尽くした和風+洋風建築の家でしたが、東京に越して数年後、東京で家を買う為に母は泣く泣く手放しました。もう跡形もありませんが、子ども時代のことと共に、隅々まで蘇ります。庭に四季折々に咲いた花のことも。
モノはなくなっても、思い出が人生を豊かにしてくれるとつくづく思わせてくれた映画でした。(咲)


前情報なしで試写を観て、静かな画面に家庭画報とかミセスとかのグラビアみたい、と思っていました。監督は写真を撮る方だったんですね。家の作りや調度、ちょっと置かれている小物が素敵でした。そこに夫の思い出と住む絹子役の富司純子さんの佇まいも美しく、品良いお召し物はきっとご自分の着慣れたもの(当たり)。3世代の女性それぞれに気持ちを重ねながら観ることでしょう。四季折々の庭の変化も愛でて、こんな風に年をとれたらいいなぁと、現実とは程遠いことを考えました。(白)

四季折々の庭や古いけれど手入れが行き届いた日本家屋が静謐な時間の中で見事に映し出されます。監督の美的センスはさすが写真界の巨匠! まるで絵画のようです。蒸れた土の匂いまで伝わってくる気がする。そこに凛とした姿勢で佇む富司純子がこれまた素晴らしい。しかし、家も庭もそして人間も時間を掛けて手を入れてきたからこその美しさです。お金を掛ければ手に入れられるものではありません。こんな風に歳を重ねたいものです。
そうそう監督の奥さまは桐島かれん。彼女がプロデュースする「ハウス オブ ロータス」のHPにこの作品で舞台となった家で撮影したのではないかと思われる写真がありました。(堀)


2020年/日本/128分/5.1ch/アメリカンビスタ/カラー
配給:ビターズ・エンド 
©2020 "A Garden of Camellias" Film Partners
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tsubaki/
★2021年4月9日(金)よりシネスイッチ銀座ほか、全国順次公開

posted by sakiko at 12:55| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

レッド・スネイク  原題:Soeurs d'armes  英題:Sisters in Arms

red snake.jpg

監督・脚本:カロリーヌ・フレスト
撮影:ステファン・ヴァレ
編集:オドレイ・シモノー(『96時間/レクイエム』)
音楽:マチュー・ランボレ(『英雄は嘘がお好き』)
出演:ディラン・グウィン(『ドラキュラ ZERO』)、アミラ・カサール(『君の名前で僕を呼んで』)、マヤ・サンサ(『眠れる美女』)、カメリア・ジョルダナ(『不実な女と官能詩人』)、エステール・ガレル(『君の名前で僕を呼んで』)

イスラム過激派ISに挑んだ女性たちの特殊部隊「蛇の旅団」の物語

2014年8月、ISがイラク西部のヤジディ教徒のクルド人の村々を襲った。ザラは目の前で父親を殺され、弟は連れ去られ、母や兄とも引き離される。若い女性たちはISのメンバーに奴隷として売られた。英国人幹部に買われたザラは監禁状態になるが、なんとか逃げだす。女性だけで構成される特殊部隊「蛇の旅団」に助けられ、難民キャンプで母や兄と再会を喜ぶ。父の仇を討ち、弟も探したいと、ザラは「蛇の旅団」に加わる。ザラは、「レッド・スネイク」というコードネームをつける。赤はヤジディ教の色だ。アメリカ、フランス、イスラエル、パレスチナ等々さまざまな国から駆け付けた女性たちと共に訓練を受ける。そして、いよいよ“姉妹たち”と共にISと対峙する・・・

ザラの父親は、ISに銃を向けられ、「宗教の強制はクルアーンが禁じている」と訴えますが、「なぜおまえがクルアーンを持っている?」と殺されてしまいます。本来、イスラームは寛容な宗教のはず。独自の過激な解釈で様々なことを禁止するIS。音楽や踊りの禁止はまだしも、「切り口が十字のトマトを食べるな、キュウリを人前で丸ごと食すな」は誇張にしても笑ってしまいます。でも彼らにとっては厳格な規範。
ISがヤジディ教を邪教として根絶やしにするため、イラク北部に侵攻し、数週間のうちに5千人もの人を虐殺し、7千人以上の若い女性や子供たちを性奴隷や少年兵として連れ去ったことについては、『ナディアの誓い - On Her Shoulders』(アレクサンドリア・ボンバッハ監督)で詳しく知ることができました。性奴隷という忌まわしい経験を世に発したナディア・ムラドさんの勇気に胸が震えました。

女性だけの戦闘部隊のことは、当時ニュースで知り、女性たちが果敢に立ち上がったことに驚かされました。
『バハールの涙』(エバ・ユッソン監督)では、ISの性奴隷となったバハールが、なんとか抜け出して、女性だけの戦闘部隊に入り、連れ去られた息子を探す姿を描いていました。
【女性に殺されたら天国に行って天女と暮らすことができない】と信じるISの戦闘員たちに、女性戦闘部隊は恐れられています。本作でも、銃を向けられ「女に殺されたくない」と訴えます。
「蛇の旅団」で司令官の女性が「昔、メソポタミアでは民族関係なく地母神を崇めていた。一神教や資本主義が入ってきて男性優位の社会にした」と語る場面があります。男女や民族、宗教の違いをこえて共生できる社会はいつ実現するのでしょう・・・

本作の監督カロリーヌ・フレストは、フランスの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」にも寄稿していたライターで、2015年1月7日のイスラム過激派の「シャルリー・エブド」襲撃で同僚を失っています。その経験から、過激派と女性を長編初監督作品のテーマに選んだそうです。
ケンザとヤエルという2人の若いフランス人女性が、蛮行を繰り返すISと戦うために、危険を承知でイラクにやってきたことも、本作のメインの話になっています。ザラたちと、宗教や民族の違いをこえて「姉妹」として戦う姿に胸が熱くなりました。(咲)


2019年/フランス・イタリア・ベルギー・モロッコ/112分/PG12
字幕翻訳:大嶋えいじ
配給:クロックワークス
© 2019 Place du Marché Productions – Kador – Davis Films – Délice Movie – Eagle Pictures – France 2 Cinéma
公式サイト:https://klockworx-v.com/redsnake/
★2021年4 月 9 日(金) 新宿バルト9ほか 全国ロードショー



posted by sakiko at 12:15| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする