2021年06月11日

アフリカン・カンフー・ナチス(原題:African Kung-Fu Nazis)

african.jpg

監督:セバスチャン・スタイン、ニンジャマン
脚本:セバスチャン・スタイン
製作:プロデューサーマン
出演:エリーシャ・オキエレ(アデー)、セバスチャン・スタイン(ヒトラー)、秋元義人(東条英機)、マルスエル・ホッペ(ゲーリング)、ンケチ・ヂネドゥ(エヴァ)、アンドリュース・メンサー(影蛇拳の師匠)、アマンダ・アチアー(ビッグ・ブラック・ガール)

第二次大戦後、ヒトラーと東條英機が実は生き延びていた。連合軍の手をかいくぐり逃げ延びた先のガーナで現地の人々を制圧、空手と魔術的パワーを持つ日独同盟旗「血染めの党旗」を用いながら現地の人々を新たな人種「ガーナアーリア人」として洗脳していた。世界を侵略するための拠点を築いていく。心優しき地元の青年アデーは、ヒトラー達に地元のカンフー道場を潰され、愛する恋人エヴァを奪われてしまう。復讐を誓うアデーは最強のカンフーを習得するため、過酷な修行に身を投じていくが.……。

この突拍子もないストーリーの本作が生み出されたのは、二年前。日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインは、あふれる情熱とユニークな発想だけを胸に、アフリカへと飛びました。ガーナのジョージ・ルーカスとして知られる伝説的監督「ニンジャマン」とタッグを組んで、まさかの映画化を実現させてしまいました。
監督お二人のことも、ガーナでこんな作品が作られていたことも全く存じませんでした。そのぶっ飛んだ発想にびっくり。でもなんでガーナ?ですよね。
スタイン監督自らが演じるヒトラー、友人で便利屋さんの一般人秋元義人氏演じる東条英機は、あの特徴的なお髭や風体のお陰で、あの人ね、というくらいには似ています。ゆるいんだかキレているんだかよくわからないアクションですが、ガーナの男優さんの筋肉質の美しい身体、ボリュームがあって色っぽい女優さんに見とれます。おまけに日本語字幕は関西弁!ここまでやりたいことをやってくれると、いっそ清々しく(?)どんよりした日常を忘れて、ワハハハ笑わせてもらいました。プレス資料にあった映画ができるまでの監督のお話がとても面白かったので、パンフレットをぜひ手に入れて読んでみてください。(白)


2020年/ガーナ・ドイツ・日本合作/カラー/ビスタ/84分/英語、ドイツ語、日本語、トウィ語
配給:トランスフォーマー
(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
https://transformer.co.jp/m/akfn/
★2021年6月12日(土)シアター・イメージファーラムほか全国順次公開

posted by shiraishi at 13:34
"アフリカン・カンフー・ナチス(原題:African Kung-Fu Nazis)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: