2021年01月14日

どん底作家の人生に幸あれ!(原題:The Personal History of David Copperfield)

donzoko pos.jpg

監督:アーマンド・イアヌッチ
原作:「デイヴィッド・コパフィールド」チャールズ・ディケンズ著(新潮文庫刊、岩波文庫刊)
脚本:アーマンド・イアヌッチ サイモン・ブラックウェル
撮影:ザック・ニコルソン
音楽:クリストファー・ウィリス
出演:デヴ・パテル(デイヴィッド・コパーフィールド)、ピーター・キャパルディ(ミスター・ミコーバー)、ヒュー・ローリー(ミスター・ディック)、ティルダ・スウィントン(ベッツィ・トロットウッド)、ベン・ウィショー(ユライア)

ディヴィッドは何でも書き留めておくのが好きな少年だった。しかし母親が再婚した相手は厳格で、のびのび育ったデイヴィッドを鞭を持って躾け、母と別れて寄宿学校に入ることになった。しばらくすると学費を止められ瓶工場に売り飛ばされてしまう。母親が死んだと知らせがあり、それを機にデイヴィッドは工場を逃げ出し、カンタベリーの大叔母の家まで歩いていく。道中で追いはぎに遭い、着の身着のままでようやくたどり着く。富豪の大叔母の伝手で名門校に入れることになった。極貧の生活から抜け出たデイヴィッドは楽しい学生生活を送り、法律事務所に職を得る。恋人もできて順調な人生のはずだった、が。

冒頭、まず主人公のデイヴィッド・コパフィールドが登場。どこかの劇場で満員の観客を前に、自分の出生から上がったり下がったり波乱万丈のストーリーを話し始めます。この原作は長大で日本語訳の全5巻がありますが、1冊450~500ページ。登場人物が数えきれないほどいて読んでいるうちに誰だっけ?となります。いやまだ全部読み終わっていません(汗)。
とりあえずアーマンド・イアヌッチ監督が大好きな”ディケンズを知ってほしい”と映画化したこのお話をご覧になってくださいませ。みっちりつまった予告編だけでも、その片鱗がわかります。これまで何度も映像化されたそうですが、以前の作品が省きがちだったコメディ要素をたっぷり入れて、明るく元気な物語にしています。キャストも贅沢(見た目は違いますがみなイギリス人)、個性的な人物をなんとも楽しそうに演じています。出てきたときの印象と後からが違っていたり、デイヴィッドと同じく波乱含みだったり。
ディケンズ本人の人生とオーバーラップするような、ディヴィッドのジェットコースターのような、それでいて決して弱音を吐かず、あきらめず、振り落とされもしなかったお話。この時期にぴったりではありませんか。(白)


デイヴィッド・コパフィールを演じたデヴ・パテルは、ケニア出身のヒンドゥー教徒のインド系移民の両親のもとロンドン郊外で生まれたイギリス人。映画デビュー作『スラムドッグ$ミリオネア』では、ムンバイのスラムの少年。その後、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(ジャイプールのホテル支配人)、『奇蹟がくれた数式』(インドの天才数学者)、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(5歳で迷子になりオーストラリアに養子に貰われたインド青年)、『ホテル・ムンバイ』(シク教徒のホテルマン)と自らのルーツであるインド系の役が多いのですが、本作では、イギリスの文豪ディケンズの自伝的物語の主人公! 違和感ないです。さらに、生まれたての赤ちゃんの時も、瓶工場であくせく働く少年時代も、デヴ・パテルを彷彿させる風貌! キャスティングの妙に唸ります。ミスター・ウィックフィールドを演じた香港系イギリス人ベネディクト・ウォンも、印象に残りました。
波乱万丈の人生、こまめにメモにして、それがちゃんと文学として結実しているのですね。いやはや! (咲)


donzoko main.jpg


アーマンド・イアヌッチ監督はあらゆる人種を混ぜ合わせたキャスティングにこだわり、譲らなかったとのこと。出演者はみなイギリスで活躍する俳優ですが、インド系、アフリカ系、アジア系と多種多様。親と子の肌の色の違いに最初は戸惑うかもしれませんが、そこは早めにさらっと受け入れることがこの作品を楽しむポイントです。
苦しいときでも笑いを忘れず、人を恨まず。人生を謳歌しているデイヴィッドたちを見ていると自分の抱えている悩みがちっぽけなものに見えてくるから不思議。
ところで、監督は主役のデイヴィッド・コパフィールを最初からデヴ・パテルしか考えていなかったようですが、いろんな人に振り回されているデイヴィッドを見ていると、何だか福田雄一作品に出ている賀来賢人に似ているような気がしてきたのですが、いかがでしょう?
ベン・ウィショーが出演しています。それを分かって見ていたはずなのに、見終わったときに「あれ?ベン・ウィショーって出ていた?」と思ってしまうほどのなりきりぶり。主だった登場人物の中ではちょっと異質な存在で、誰もが持っている嫌な部分を象徴しているように思えました。(堀)


2019年/イギリス、アメリカ/カラー/シネスコ/120分
配給:ギャガ
(C)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation
https://gaga.ne.jp/donzokosakka/
★2021年1月22日(金)TOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国順次公開


posted by shiraishi at 17:34
"どん底作家の人生に幸あれ!(原題:The Personal History of David Copperfield)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: