2021年01月14日

キル・チーム(原題:THE KILL TEAM)

kill.jpg

監督:脚本:ダン・クラウス
出演:ナット・ウルフ(アンドリュー)、アレクサンダー・スカルスガルド(ディークス軍曹)

アンドリュー・ブリグマンは正義感と愛国心に燃え、二等兵としてアフガニスタンに渡る。初めての任務は地元民の調査ばかりで退屈し始めたころ、上官が地雷により吹き飛び戦地であることを肝に銘じた。新しく配属されたのは、歴戦の猛者として名高いディークス軍曹だった。アンドリューたちの士気は高まるが、ディークス軍曹は治安を守るためと称して、民間人を容赦なく撃っていた。しかもアンドリューは彼が証拠を捏造しているのに気づいてしまい、良心の呵責にさいなまれ苦しむ日々。そして事態が悪化していくなか、アンドリューは決断を迫られる。

初々しい新兵が戦地に放り込まれ、砲弾を浴び、死が日常になっていく様子をドキュメンタリーのように見せていきます。それもそのはず2010年のアフガニスタンで実際にあったことをダン・クラウス監督は先にドキュメンタリーで発表していて、それを自ら劇映画として作りました。大麻で恐怖を和らげる、いじめの標的を作って憂さ晴らしをする、自分を正当化するためにウソを重ねていく者などなど、戦場の闇が白日にさらされます。アンドリュー役のナット・ウルフ、ディークス軍曹役のアレクサンダー・スカルスガルド共に好演です。
帰国すれば良き父、息子である彼らが戦場でどんな思いをし、口に出せない経験をしているのか、いくつもの戦争映画やドキュメンタリーが描いてきました。命令に従うことが第一の兵士たちがどれほど心身に傷を負っているのかも、PTSDに苦しみ続ける人々が表わしています。将棋やチェスのコマのように人を簡単に戦場に送らないで。何より戦争を始めないで。そして終わらせる努力を。(白)


治安を守るためと称して、証拠をでっち上げて民間人を殺害し続けていた上官。自らを正当化し殺人に手を染めてゆく。愛国心からアフガニスタンに渡った若い兵士の苦悩はいかばかりか。内勤の父親に電話でこっそり不安を伝えるが、そのことがさらに若い兵士の不安を増幅させることに。辛かったことだろう。
本作は実話に基づいており、監督は俳優陣に軍隊でトレーニングを受けさせたうえで撮影に入ったそう。アメリカ軍の暗部を徹底したリアリズムで描いている。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/88分
配給:クロックワークス
(C)2019 Nostromo Pictures SL/ The Kill Team AIE / Nublar Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://klockworx-v.com/killteam/
★2021年1月22日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 14:48
"キル・チーム(原題:THE KILL TEAM)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: