2021年01月03日

ウォーデン 消えた死刑囚   原題: Sorkhpust.  英題:The Warden

woden.jpg

監督・脚本:ニマ・ジャウィディ
音楽. ラミン・コーシャ
出演:ナヴィッド・モハマドザデー(『ジャスト6.5 闘いの証』)、パリナーズ・イサドヤール

1966年、イラン南部の空港近くにある刑務所。ファラ王妃の視察までに滑走路の整備をしなくてはならず、立ち退くことになる。所長のヤヘド少佐は、囚人たち832人を新しい刑務所へ移送する任務を負う。雨の降る中、最後の点検をしている彼のもとに、モダッベル大佐がやってきて、警察署長に推薦したと言われる。思わぬ昇進に小躍りするヤヘドのところに、一人の死刑囚が行方不明との報告が届く。失態をしでかしては昇進もふいになる。刑務所から脱走するのはあり得ないと、ヤヘドは所内をくまなく捜索する。事情を聴くために死刑囚を担当していたソーシャルワーカーを呼び寄せる。美しく聡明な彼女は、行方不明の死刑囚アフマドは、肌が赤いので「赤肌(原題のSorkhpust)」と呼ばれていて、地主を殺したのは濡れ衣だという・・・

冒頭、雨が降りしきる中、死刑台を移設するために掘り起こしている場面が映し出されます。絞首刑なのは、革命前も今も変わらないと、今回同時公開される『ジャスト6.5 闘いの証』の死刑の場面を思い出します。
その『ジャスト6.5 闘いの証』で、麻薬王を演じたナヴィッド・モハマドザデー(注:本来の発音だとモハンマドザーデが近いです)が、本作では落ち着いた中年の少佐役。実年齢は30代前半ですが、本作は実話に基づくもので、少し老けた役。雰囲気も全く違うので、言われなければ同じ役者だと気がつかないかもしれません。警察署長に推薦されたと聞いて、大佐に出すソーハーン(クッキーのようなお菓子)を探しに裏手にいって、小躍りする姿が実に可愛いです。ネクタイ姿がダンディですが、このネクタイ、革命後のイスラーム政権下の公務員は御法度です。
革命前の話なので、このほかにも随所に工夫が見られます。所長の部屋にはパーレビー国王の写真。女性は現政権下では映画であっても頭は何かで被ってなければいけないので帽子をかぶっています。でも、スカート丈は当時の膝丈。厚いタイツで素足を隠しているのでOKなのでしょうか。村の女性はチャードル姿なので問題なし。革命前も信心深い女性たちはチャードルでちゃんと全身を被っていました。
なお、刑務所で作業している男性たちが、シャルワル・カミーズ(長い上着にぶかぶかのズボン)姿で、場所がパキスタンに近いバローチスタン州らしいとわかります。

死刑囚はいったいどこに消えてしまったのか・・・ 撤退の時間までに死刑囚は見つかるのか・・・ そんな事態なのに、少佐はソーシャルワーカーの彼女に、ほのかに心動かし、それがまた結末を素敵にしているという、なんとも心憎い話です。少佐が好んでかけるレコードから流れる「ある夜のこと~♪」の歌が、とてもロマンチックに響きます。

ニマ・ジャウィディ監督は1980年生まれ。初長編『メルボルン』(2014)が東京国際映画祭で上映された折にインタビューしています。シネマジャーナル92号に掲載。
DSCF0507 nima jaudi.JPG

DSCF009220merborne-thumbnail2.jpg
(上映後のQ&A ニマ・ジャウィディ監督 右:通訳のショーレ・ゴルパリアンさん) 
今作ではイラン映画批評家&脚本家賞で作品賞・監督賞・脚本賞など主要部門を受賞。
イラン期待の監督の一人です。

あと、モダッベル大佐を演じているのがマニ・ハギギさんで、『彼女が消えた浜辺』の時と比べて、ぐっと貫禄がついてびっくりでした。
mani hagigi.jpg
写真は、2006年にマニ・ハギギさん監督&出演作『メン・アット・ワーク』が東京フィルメックスで上映された時のもの。若いです・・・ 
(咲)


刑務所所長ヤヘド少佐と脱走した死刑囚との息詰まるような駆け引きかと思って見始めたのですが、死刑囚はなかなか出てこない。いえ、ヤヘドが見つけられないというのではなく、スクリーンに登場さえしないのです。この刑務所内に本当に隠れているのか、すでに外に逃亡したのか。出世を控え、ヤヘドは失敗が許されません。そんなところにきた、死刑囚を担当していたソーシャルワーカーが美人だったから大変です。彼女の前ではカッコつけたい。いろいろな意味での焦りや苛立ちが本作の見どころです。こんな非常時にもおしゃれにも気遣うヤヘドをナヴィッド・モハマドザデーがダンディに演じていました。彼の美的な魅力は『ジャスト6.5 闘いの証』よりも本作の方が楽しめると思います。(堀)

イラン2大傑作犯罪映画 同時上映!
『ジャスト6.5 闘いの証』&『ウォーデン 消えた死刑囚』

2019年/イラン/BD/90分
配給:オンリー・ハーツ
後援:駐日イラン大使館文化参事室
公式サイト:http://just6.5andwarden.onlyhearts.co.jp/
★2021年1月16日(土)新宿 K's cinema ほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 20:06
"ウォーデン 消えた死刑囚   原題: Sorkhpust.  英題:The Warden"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: