2021年01月02日

甦る三大テノール 永遠の歌声(原題:THREE TENORS VOICES FOR ETERNITY 30TH ANNIVERSARY EVENT)

threetenors.jpg
 
出演:ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ズービン・メータ、ニコレッタ・マントヴァーニ、 マリオ・ドラディ、ラロ・シフリン、ポール・ポッツ他

1990年イタリア、ワールドカップ・サッカーの前夜祭として、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスがローマ、カラカラ浴場で伝説のコンサートを開催した。‟三大テノール”のはじまりである。同じ時代に活躍したライバルたちが何をきっかけに同じ舞台で競演を果たし、どのように成功を手にしたのかを紐解いていく。

同じパートを歌う歌手が同じ舞台に立つ。本来ではあり得ない舞台のきっかけは白血病から奇跡の復活を遂げたホセ・カレーラスの舞台にローマ市長が来て「来年W杯を開催するのでコンサートをやってほしい」と頼んだこと。カーラスが「ローマでは10回もコンサートをやっている。何か違うことをやってはどうだろうか」とマリオ・ドラディに相談し、マリオがルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴとの競演を提案したのです。マリオ・ドラディの自宅に保管された貴重な記録写真や映像などもふんだんに使って、選曲から当日のバックステージの様子まで映し出します。多くの放送クルーがW杯に行ってしまっているため、せっかくのコンサートを少人数体制で撮らねばならなかった撮影スタッフの苦労話はここでしか聞けません。
このコンサートは1回だけのはずでしたが、成功がビジネスを引き寄せてしまいます。4年後にはアメリカのドジャースタジアムで再演が行われ、さらにパリ、横浜と続きました。ローマとロサンゼルスでの選曲の違いやどんな有名人が来場したのかも興味深く語られます。
作品では三大テノールコンサートの商業主義について批判的な声もあったことを取り上げていますが、3人の歌声の素晴らしさの前にはその批判は何の意味もないことが伝わってきました。(堀)


2020/ドイツ/ビスタ/94分/英語・イタリア語 
配給:ギャガ
© C Major Entertainment2020
公式サイト:https://gaga.ne.jp/threetenors/
★2021年1月8日(金)よりBunkamura ル・ シネマほか全国順次公開

posted by ほりきみき at 02:26
"甦る三大テノール 永遠の歌声(原題:THREE TENORS VOICES FOR ETERNITY 30TH ANNIVERSARY EVENT)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: