2020年12月20日

ソング・トゥ・ソング  原題:SONG TO SONG

song to song.jpg

監督・脚本:テレンス・マリック
製作総指揮:ケン・カオ
撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
出演:ルーニー・マーラ、ライアン・ゴスリング、マイケル・ファスべンダー、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット、ホリー・ハンター、べレニス・マルロー、ヴァル・キルマー、リッキ・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、ジョン・ライドン、フローレンス・ウェルチ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(アンソニー・キーディス、フリー、チャド・スミス、ジョシュ・クリングホッファー)
美術監督:ジャック・フィスク
衣装デザイナー:ジャクリーン・ウェスト
音楽:ローレン・マリー・ミクス
編集:ハンク・コーウィン

テキサス州オースティン。アメリカ有数の音楽の街。ここで様々な思いを抱えて生きる男女の人生が交差する。
フリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)は、ロック・バンドでギターを弾いているところを大物プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)に見初められ、密かに付き合うようになる。ソングライターBV(ライアン・ゴズリング)に声をかけられたフェイは、クックにそそのかされ、BVとも付き合うようになる。一方、クックは夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)を誘惑する・・・

浮遊するかのように、男女それぞれの行動が綴られ、映像詩を見ているかのよう。かと思えば、急に現実的な営みが展開して、くらくら。名優たちの即興演技にゆだねられていたと知り、この不思議な映像世界が生み出されたことに納得。
そして彩を添えているのが、様々なミュージシャンたち。ロック・フェスにカメラを持ち込んで、ライブ映像だけでなく、バックステージや楽屋などフェスの裏側も映し出しています。私は疎いので知らないミュージシャンばかりですが、詳しい人には思いがけない嬉しい映像もあるのではないでしょうか。(咲)


何者かになりたいフリーターのフェイ。そんなフェイに想いを寄せる、売れないソングライターBV。フェイの生活をサポートする、大物プロデューサーのクック。クックに誘惑される、夢を諦めたウェイトレスのロンダ。4人が織り成す恋模様を美しい映像と詩的なモノローグで映し出す。まるで夢でも見ているかのような2時間。夢を叶えたくてもがくフェイとBV、夢を諦めて生きるロンダにとってクックは天使なのか、悪魔なのか。すべてを手に入れ、人生に夢が見出せないクックが実はいちばん寂しいのかもしれない。(堀)

2017年/アメリカ/英語/128分/シネスコ/カラー/5.1ch/PG12
字幕:野城尚子
提供:キングレコード、AMGエンタテイメント
配給宣伝:AMGエンタテインメント
© 2017 Buckeye Pictures, LLC
公式サイト:https://songtosong.jp/
★12月25日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開



posted by sakiko at 13:00
"ソング・トゥ・ソング  原題:SONG TO SONG"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: