2020年12月11日

私をくいとめて

watasiwo pos.jpg

監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ
撮影:中村夏葉
出演:のん(黒田みつ子)、林遣都(多田)、臼田あさ美(ノゾミ)、若林拓也(カーター)、山田真歩、前野朋哉、片桐はいり(澤田)、橋本愛(皐月)

黒田みつ子、31歳。おひとり様ライフがすっかり板についた。おひとり様だけれど独りぼっちじゃない。みつ子の脳内には相談役の「A」がいる。AはアンサーのA。だから迷ったときや困ったときは「A」に尋ねる。答えが見つかる。いつまでもこの楽しく穏やかな日々が続くと思っていた…が、みつ子は年下の営業マン 多田くんが気になってきた。たまたま近所に住んでいるのがわかって、一人分も二人分も手間は一緒、と夕飯をおすそ分けしている。なんだかいそいそと料理をする自分にびっくりしている。これは恋なのか?もちろん「A」に相談し、恐る恐る前進してみることにした。

あの『勝手にふるえてろ』(2017)のタッグ(綿矢りさ原作&大九明子監督)が再集結した本作、みごと今年の第33回東京国際映画祭で観客賞を受賞!大九明子監督は“史上初”2度目の受賞を果たしました!! おめでとうございます!!!
これまでいろいろな役柄ののんさんを見てきましたが、本作ではとにかくよく喋る。ずっと喋る。
そばに誰もいなくても彼女の脳内には「A」がいるんです。この「A」の落ち着いた声がいいです。安心感倍増。「私はあなたなんですから」と毎回釘をさすのも忘れません。
そしていつもお腹を空かしている多田君が良い。のんさんも可愛いのですが、林遣都さんも超可愛いです。東京へ中3の修学旅行で来て、渋谷でスカウトされたそうですが、この子には注目するでしょう、納得。のんさんの親友皐月、イカした上司に先輩と魅力満載の皆様との会話がまた良い。お一人様のあなたも、年下彼氏がまだいないあなたも楽しめること請け合います。
気になる脳内相談役の「A」は映画を見ると明らかになります。私にも一人ほしい。
公式HPには「震えてる」ポスターやコラボのお知らせ、おまけつきムビチケ情報など盛りだくさんです。どうぞアクセスを。(白)


thumbnail_11月24日(火)上映会イベント/オフィシャル写真②.jpg
<先行公開!誰か「私をくいとめて」お悩み相談付き上映会イベント>
大九明子監督、可愛い衣裳と髪型のんさん

最近は聞かなくなりましたが、リア充という言葉は友人が多い上に付き合っている人がいて、彼らと楽しい日々を過ごしているというイメージがあります。その点では主人公のみつ子は完璧な非リア充。本人もそれを自虐的に語っている場面もありますが、本当にそうなんでしょうか。みつ子は冒頭で天ぷらの食品サンプルを作る体験教室に参加し、帰りにデパ地下で天ぷらを買って帰り、美味しい夕飯で締めくくっていました。また別の日はお一人様焼き肉を楽しむなど、週末は興味や気分に合わせて出掛けています。何だかとっても自由に見える。これもまたある種のリア充ではないかって思えてきます。
大九明子監督が描く主人公はいつもこんな感じ。ちょっと世間一般からは外れているのですが、彼女たちは生きることに不器用ですが、いつもちゃんと地面に足がついています。だから共感してしまうんでしょうね。
さて、今回の恋の相手はみつ子と同じように、生きることに不器用そうな年下の男性。林遣都が演じています。イメージどんぴしゃりです。2人のやり取りは「ここははっきり言っちゃいなさいよ」と見ていてハラハラというか、イライラというか(笑)。最後まで目が離せません。(堀)


2020年/日本/カラー/シネスコ/133分
配給:日活
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
https://kuitomete.jp/
★2020年12月18日(金)
posted by shiraishi at 00:59
"私をくいとめて"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: