2020年11月21日

君の誕生日(原題:Birthday)

kiminotanjobi.jpg

監督・脚本:イ・ジョンオン
撮影:チョ・ヨンギュ
音楽:イ・ジェジン
出演:ソル・ギョング(ジョンイル)、チョン・ドヨン(スンナム)、キム・ボミン(イェソル)、ユン・チャニョン、キム・スジン、イ・ボンリョン

2014年4月16日、仁川港から済州島へ向かっていたセウォル号が沈没し、修学旅行中の高校生ら300人以上もが亡くなった。ジョンイルとスンナムの息子のスホも亡くなった。ジョンイルは父としての役目を果たせず、家族に負い目を感じて生きてきた。母のスンナムは近づいてくるスホの誕生日を前に、今だにスホの死を受け入れられない。妹のイェソルは不安定な母を気遣いながら父のいない家で暮らしている。巷ではセウォル号の引き上げを求める署名活動が行われている。そこへ2年ぶりに父のジョンイルが戻ってきた。

親しい人の突然の別れはどうやって受け入れていけばいいのでしょう?ましてや我が子なら?大きなニュースとなった韓国の「セウォル号沈没事故」。この作品は我が子を亡くした一つの家族を中心に描いています。イ・ジョンオン監督は遺族の方々と誕生会を開催するボランティアの経験があり、そこでの活動で出会った人たち、見聞きしたことが小さなエピソードの積み重ねとして生きているようです。
演技に定評のあるソル・ギョングとチョン・ドヨンが悲しみに沈む夫婦を演じて涙せずにはいられません。もういない兄の存在があまりにも大きくて、母に甘えられない娘のイェソルが不憫でした。小さかった彼女も傷ついています。寄り添ってくれる人たちに支えられて、遺族たちが心穏やかに生きて行かれるよう願うばかり。(白)


この事故で息子スホを亡くし、息子への思いを胸に収め、日々の暮らしに追われる母スンナム(チョン・ドヨン)。謎の男のように登場する父親のジョンイル(ソル・ギョング)。長く家を留守にしていて、どこからか帰ってくるが居留守を使われ家に入れてもらえない。娘のイェソルは父の姿を見ても始めは誰だかわからない。ジョンイルは少しづつ通い、イェソルに寄りそいながら妻の心を癒してゆく。長く不在で息子が死んだ時にいなかったらしい。仕事でベトナムに行っていたり、そこでの事故が原因で刑務所に入ることになってしまい、彼も心に傷を負っていた。しかし「必要な時にいなかった」と、妻からいきなり離婚届けを突きつけられる。息子が亡くなった時に父親の役目を果たせなかったジョンイルは、家族に対して罪悪感を抱える。
息子の死を受け入れられないスンナムは遺族会が主催する息子の誕生会に難色を示すが、OKするジョンイル。しかたなく一緒に出かけるスンナム。息子の子供の頃しか知らないジョンイルにとって成長した息子の姿が想像できず、すべてが見慣れない現実の中、家族と一緒に息子の誕生会を迎える。皆の話の中から息子の思い出が浮かび上がってきた。スンナムも受け入れられなかった息子の死と向き合う。家族だけでなく、故人を知る人々が共に記憶し悲しみを分かち合うことがそれぞれの遺族にとってどれだけ生きていく上での励みになるかが描かれる(暁)。


セウォル号沈没事故のように、大きく報道された事故ともなると、息子を亡くしたことをニュースで知った知人友人が慰めの言葉をかけてくることでしょう。それが善意であっても、愛する家族を亡くした当事者にとって、それによって気持ちが安らぐこともあれば、鬱陶しいと感じる場合もあるのではないでしょうか。
母スンナムは、同じ立場で我が子を失った同級生の母親たちと会うのも、遺族を励ます会の主催する会に出るのも嫌なのです。息子が事故で亡くなった時に居なかった父親が突然帰ってきて、離婚を突き付けるほど心を閉ざしています。
事情があって、ベトナムから帰って来られなかった父親ですが、亡くなる前のままの息子の部屋に入った時によぎる思いが切ないです。遺族を励ます会から息子の誕生日会を開きたいと言われ、父親は妻には黙って写真や思い出の品を託します。そうして開かれた誕生日会。ようやく母スンナムの顔が和らぎます。不慮の事故で息子を亡くした悔しさや悲しみはいつまでも消えないけれど、思い出を抱えて前を向いて生きていかなければならないことを悟るまでにかかる時間は人さまざまだなと思います。
セウォル号沈没事故については、船長はじめ乗組員の対応が悪かったことなど色々と取り沙汰されていますが、イ・ジョンオン監督は、さらっと「早くセウォル号の引き上げを!」という署名運動を見せるに留めています。突然の事故で家族を失った人たちの思いに迫った普遍的な物語として、いろいろと考えさせられました。(咲)


2019年/韓国/カラー/シネスコ/120分
配給:クロックワークス
(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & NOWFILM & REDPETER FILM & PINEHOUSEFILM. All Rights Reserved.
http://klockworx-asia.com/birthday/
★2020年11月27日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:48
"君の誕生日(原題:Birthday)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: