2020年11月13日

音響ハウス Melody-Go-Round 

onkyohouse.jpg

監督:相原裕美
撮影:北島元朗 
主題歌 Melody-Go-Round / HANA with 銀音堂
作詞:大貫妙子 作曲:佐橋佳幸
編曲:佐橋佳幸、飯尾芳史 ブラス編曲:村田陽一
出演:佐橋佳幸、飯尾芳史、高橋幸宏、井上鑑、滝瀬茂、坂本龍一、関口直人、矢野顕子、吉江一男、渡辺秀文、沖祐市、川上つよし、佐野元春、David Lee Roth、綾戸智恵、下河辺晴三、松任谷正隆、松任谷由実、山崎聖次、葉加瀬太郎、村田陽一、本田雅人、西村浩二、山本拓夫、牧村憲一、田中信一、オノセイゲン、鈴木慶一、大貫妙子、HANA、笹路正徳、山室久男、山根恒二、中里正男、遠藤誠、河野恵実、須田淳也、尾崎紀身、石井亘 <登場順>

音響ハウスは1974年12月に東京・銀座に設立され、2019年に創立45周年を迎えたレコーディングスタジオ。YMO時代からこのスタジオで試行錯誤を繰り返してきた坂本龍一をはじめ、松任谷由実、松任谷正隆、佐野元春、綾戸智恵、矢野顕子、鈴木慶一、デイヴィッド・リー・ロス(ヴァン・ヘイレン)らが音響ハウスとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。
さらに当時のプロデューサーやエンジニアにもカメラが向けられ、1970年から1980年代にかけて勃興した音楽ジャンル「CITY-POP」がどのように形作られたのかにも迫る。

音楽に疎い私でも名前と顔を知っている人たちが次々と登場して、懐かしそうに思い出を振り返ります。ユーミンが「埠頭を渡る風」をレコーディングしていたときに息抜きで晴海に出掛けた話や矢野顕子が子連れでレコーディングに来たときにお子さんたちが何を楽しみにしていたのかなど、音楽に関係ないこぼれ話もなかなか面白い。
ギタリストの佐橋佳幸とレコーディングエンジニアの飯尾芳史がメインパーソナリティーとして進行し、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンたちが何やら演奏をしているのですが、次第にそれがコラボ新曲「Melody-Go-Round」のレコーディングと判明します。最後に若干13歳の期待の女性シンガー・HANAが歌声を吹き込むとバラバラに収録した音楽が1つの素晴らしい楽曲に。これは必聴です!(堀)


2019年 / 日本 / カラー / ビスタ / Digital / 5.1ch / 99分
配給:太秦
©2019 株式会社 音響ハウス
公式サイト:https://onkiohaus-movie.jp/
★2020年11月14日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 21:48
"音響ハウス Melody-Go-Round "へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: