2020年11月12日

水上のフライト

suijo.jpg

監督:兼重淳
脚本:土橋章宏 兼重淳
撮影:向後光徳
音楽:上野耕路
出演:中条あやみ(藤堂遥)、杉野遥亮(加賀颯太)、冨手麻妙、大塚寧々(藤堂郁子)、小澤征悦(宮本コーチ)

将来を嘱望されるアスリートとして、自分の実力に絶対の自信を持っていた遥は、走高跳で世界を目指し活躍中だった。ところが不慮の事故に遭い、命は取りとめたものの下半身が動かなくなってしまった。夢を絶たれた遥は、母の心痛も届かず心を閉ざして自暴自棄になっていた。母は知人のカヌーのコーチ宮本に引き合わせる。パラカヌーならば、足の動かない遥も挑戦することができる。
初めは反発していた遥は、カヌーエンジニアの颯太や周りの人々に支えられ、素直な心で新しい目標を見つけていく。

本当は6月が公開予定だった本作。ほかの作品と同じく、コロナ禍によって延期を余儀なくされました。しかしそのおかげで東京国際映画祭での上映が叶った、と兼重淳監督。中条あやみさんの出演作はずいぶん観ていますが、明るく可愛くキラキラした女の子役が多かった(『雪の華』はちょっと違いましたが)印象があります。今回のように挫折してどん底から這い上がる役は初めてです。
カヌーはバランスをとるのが難しく、競技となればもっと難度が高くなります。監督はスタントも考えていたそうですが、あやみさんの「やります」宣言と、その後の上達ぶりが素晴らしく、本人がやり切ったというのに感嘆!青い空ときらめく水面を背景に、前方を見つめる真剣な表情の遥をきっと応援したくなるはず。ハンカチ&ティッシュも忘れずに。(白)


杉野遥亮さんは『キセキ あの日のソビト』で映画デビューしましたが、兼重淳監督もその作品が初監督作品でした。『水上のフライト』で兼重淳監督にインタビューした際、「杉野くんと久しぶりに会い、その成長ぶりに驚くとともに、すごくうれしかった」と話していました。
これまで何人かいるイケメンのうちの1人的な役が多かったのですが、この作品ではしっかり杉野色を出しているのを感じます。今後の活躍が楽しみですね。(堀)


2019年/日本/カラー/シネスコ/106分
配給:KADOKAWA
(C)2020 映画「水上のフライト」製作委員会
https://suijo-movie.jp/
★2020年11月13日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 22:23
"水上のフライト"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: