2020年10月29日

相撲道~サムライを継ぐ者たち~

sumo_po.jpg

監督:脚本:坂田栄治
撮影:門田博喜
劇中画:琴剣淳弥
語り:遠藤憲一
出演:境川部屋、髙田川部屋

1500年以上の歴史を持ち、国技として日本人の暮らしに深く根付いている相撲の世界を追ったドキュメンタリー。2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋の2つの稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技と、さまざまな角度から相撲の魅力をひも解いていく。監督は「マツコの知らない世界」など長年テレビの演出家として活躍し、本作が映画初監督作品となる坂田栄治。元大相撲力士で、日本相撲協会の公認漫画家として知られる琴剣淳弥がコーディネートプロデューサーとして参加。ナレーションを遠藤憲一が務める。

早朝からの稽古、激しいぶつかり合い、力士たちの熱や監督の感じている衝撃がこちらまで伝わってくる作品です。相撲の歴史や文化を全く知らない人に届くように、わかりやすく見せています。元力士の琴剣(ことつるぎ)さんの絵も秀逸。
日々の激しい稽古が身体と自信を作り、本場所で力を発揮します。厳しさに耐え、険しい道を歩いてきた人の言葉は、観ている人のもとにまっすぐに届きます。一方ちゃんこ鍋に舌鼓をうち、部屋の同輩たちと歓談する素顔も捉えます。眼鏡をかけているのが珍しくてなんだか可愛く見えました。土俵を降りたら普通の、大きめの男の子でした。
子どもの頃、古くは栃若時代から家族で取り組みを楽しみにしていたのに、最近全くうとくなっていた私にも新鮮で面白く、相撲熱が再燃しそうです。凛々しい千代の富士、小兵ながら奮闘する舞の海さんファンでしたが、今や力士はどんどん大きくなって(*)、150㎏以上の関取はたくさん。思い切り当たれば「毎日が交通事故」とか。どうか怪我のないようにと祈りたくなります。
「相撲の魅力を知らせたい」と、坂田監督が密着取材し、こだわった迫力の映像と、包み込むような音響を劇場でお楽しみください。大相撲を観に行きたくなりますよ。11月場所は11月8日初日・両国国技館、新番付も発表になりました。(白)


2020年/日本/カラー/104分
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)2020「相撲道 サムライを継ぐ者たち」製作委員会
https://sumodo-movie.jp/
★2020年10月30日(金)よりTOHO シネマズ錦糸町、
10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開 


日本相撲協会:http://www.sumo.or.jp/
☆坂田栄治監督インタビューはこちら

*新弟子検査:身長167cm以上、体重67kg以上(就職場所と言われる3月場所は中学卒業見込者に限り身長165cm以上、体重65kg以上となる)
posted by shiraishi at 13:29
"相撲道~サムライを継ぐ者たち~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: