2020年10月02日

トロールズ ミュージック★パワー(原題:TROLLS WORLD TOUR ) 

trolls.JPG

監督:ウォルト・ドーン
エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサー:ジャスティン・ティンバーレイク
声の出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク
吹き替えキャスト:上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗、宮野真守、松本梨香、吉野裕行、平田広明、木村昴、斉藤壮馬、浪川大輔、ミキ・昴生、関智一、ミキ・‎亜生、速水奨ほか 

歌って踊ってハグして、毎日ハッピーに暮らすポップ村のトロールたち。ある日、女王ポピーのもとに、ハードロック族の女王バーブからの手紙が届く。ポピーたちは、この世界に別の音楽を楽しむ仲間たちがいることを知って大興奮!テクノ、クラシック、カントリー、ファンク、そしてロック。そこは個性豊かな村が集まる1つの王国だったのだ。期待を胸に旅に出るポピーたち。でもそれは、すべての音楽をうばい、王国をロックで支配しようとするバーブのワナだった。
いま、世界中のハッピーを取り戻すための、ゆかいな仲間たちの壮大なアドベンチャーが始まる!

バラバラだったポップ、テクノ、クラシック、カントリー、ファンク、ロックの国が紆余曲折を経て、最後は手を取り合ってみんなで音楽を楽しむ。そこから伝わってくるメッセージはシンプル。人は違って当たり前、それを受け入れようということ。金子みすずさんの「 わたしと小鳥とすずと」の詩の一節「みんなちがってみんないい」という言葉を思い出します。子どもに「お友だちと仲良くしなさい」と言うよりも、親子でこの作品を見る方がストレートに伝わるのではないでしょうか。しかも、楽しいお出掛けの思い出にもなるのではないでしょうか。
キャラクターがかわいらしいこともあり、子ども向きの作品と思われてしまいそうですが、メッセージは大人の心にも奥深く響きます。しかも、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ウォント・トゥ・ファン」など往年の大ヒットナンバーもアレンジして使われているので、親世代もワクワクして楽しめること請け合いです。(堀)


2020年/92分/G/アメリカ
配給:東宝東和、ギャガ
A UNIVERSAL PICTURE ©2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://gaga.ne.jp/trolls/ 
★2020年10月2日(金)より全国ロードショー

posted by ほりきみき at 00:00
"トロールズ ミュージック★パワー(原題:TROLLS WORLD TOUR ) "へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: