2020年09月16日

マーティン・エデン(原題:Martin Eden)

 
martineden.jpg

監督・脚本:ピエトロ・マルチェッロ 
脚本:マルリツィオ・ブラウッチ
原作:「マーティン・イーデン」ジャック・ロンドン(白水社刊)
出演:ルカ・マリネッリ、ジェシカ・クレッシー、デニーズ・サルディスコ、ヴィンチェンツォ・ネモラート、カルロ・チェッキ

貧しい船乗りの青年マーティン(ルカ・マリネッリ)は、上流階級の娘エレナ(ジェシカ・クレッシー)と恋に落ち、教養に目覚める。激動する時代、労働者地区に生まれ育った無学の青年は、運命の出会いに導かれて文学にのめり込んでいく。作家になるという夢に向かい一心不乱に己の道を突き進むが、生活は困窮し恋人の理解も得られない。絶望にかられてすべてを諦めようとした矢先、彼の運命は一変する。果たして彼を待ち受けるのは希望か、絶望か――。

冒険小説「野性の呼び声」で世界的名声を獲得した作家ジャック・ロンドンの自伝的小説を、ピエトロ・マルチェッロ監督が舞台を19世紀のアメリカから20世紀のナポリに変更して映画化した。
監督は20年前に原作を読み、ずっと映画化したいと思ってきたという。本作で2019年トロント国際映画祭審査員プラットフォーム賞、2020年イタリア・アカデミー賞脚色賞を受賞した。
主人公のマーティンを演じるのはルカ・マリネッリ。監督が脚本を書く段階から決まっていたという。トレーニングで船乗りの体を作り上げ、撮影1ヶ月前にはナポリに入り、町の人たちに溶け込んで役作りをした。その甲斐もあって、本作で第76回ヴェネツィア国際映画祭において、『ジョーカー』ホアキン・フェニックスを抑え「男優賞」に輝いた。2020年にはNetflix製作の映画『オールド・ガード』でシャーリーズ・セロンと共演し、ハリウッド進出。今、目が離せない俳優の1人である。
端正な顔立ちにうっとりするような肉体美がプラスされたルカ・マリネッリ。前半はエレナの社会に仲間入りしたいとバイタリティーがあふれ、後半は名声を手にし、仕立てのいいスーツに身を包みながらも、目的を見失って自堕落な姿を見せる。2つのタイプのルカ・マリネッリを堪能できる眼福の129分。女性の心を鷲づかみにするに違いない。(堀)


紛れもなく、ナポリの下町の荒くれた男なのに、名前はマーティン・エデン。上流階級のお嬢様と知り合って、背伸びして文学を語る姿が、なんとも不思議に見えます。アメリカン・ドリームを実現した作家ジャック・ロンドン。原作の舞台であるアメリカ西海岸オークランドを、ピエトロ・マルチェッロ監督の生まれ育ったナポリに移し、時代も20世紀初頭から、1919年~1970年頃に変えて、しっかりイタリアの物語になっているのに、原作に敬意を表して主人公の名前だけは変えなかったことから起こる魔法。マーティン・エデンを演じるルカ・マリネッリが、とにかくイイ男で、階級の壁をなかなか越えられない姿に切なくなりました。(咲)

2019年/イタリア=フランス=ドイツ/イタリア語・フランス語/129分/カラー・モノクロ/ビスタ/5.1ch
配給:ミモザフィルムズ 
©2019 AVVENTUROSA – IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE 
公式サイト:http://martineden-movie.com/ 
★2020年9月18日(金)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開



posted by ほりきみき at 22:05
"マーティン・エデン(原題:Martin Eden)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: