2020年09月13日

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)

jazz kissa.jpg

監督:星野哲也
出演:菅原正二、

岩手県一関市で営業を続けるジャズ喫茶ベイシーは50周年。マスターの菅原正二がこだわりぬいた唯一無二の音にひかれて、世界中からジャズファン、オーディオファンが集まってくる。より良い音を再現するため、開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねる。故に、菅原が不在で営業したことは1日たりとも、ない。そうして生み出された音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。本作では、そんな菅原がかけるカウント・ベイシー、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンクなど名だたるプレイヤーたちのレコードを、アナログ録音の伝説的名器「ナグラ」で生収録。

ジャズ祭りが続いています。4Kで8月21日より公開のドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』、9月4日より公開の『マイルス・ディヴィス クールの誕生』、続いて本作。知る人ぞ知る一関の名店「ジャズ喫茶ベイシー」のオーナーはダンディな菅原正二氏。菅原氏へのインタビューを中心に、名だたるジャズプレイヤーたちの演奏、著名人たちへのインタビューなど盛りだくさんのドキュメンタリーです。「カッコいい音を出したい」という菅原氏本人、彼が丹精したシステムから流れる音もカッコいい。
音にこだわる良い耳をお持ちの方、それほどではないという方もぜひ音響設備の良い会場でどっぷりと浸ってご鑑賞ください。(白)


来日したジャスピアニストのカウント・ベイシーは、自分の名前を冠したジャズ喫茶があると知って、わざわざ一関まで足を運んだそうです。勝手に名前を借りたと謝る菅原さんに対して、笑って「Swifty」の愛称まで付けてくださったとか。それからも何度か来店して、演奏も。ベイシーの名前を付けた甲斐がありましたね♪ (咲)

2019年/日本/カラー/104分
配給:アップリンク
(C)「ジャズ喫茶ベイシー」フィルムパートナーズ
https://www.uplink.co.jp/Basie/
★2020年9月18日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

☆ジャズ喫茶ベイシーのHPはこちらです。
posted by shiraishi at 12:53
"ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: