2020年08月28日

ソワレ

soiree.jpg

監督・脚本:外山文治
プロデューサー:豊原功補
出演:村上虹郎(岩松翔太)、芋生悠(山下タカラ)、岡部たかし(西村薫)、江口のりこ(瀬山晶子)、石橋けい(山下寛子)、山本浩司(大久保健司)、康すおん

岩松翔太は、俳優を目指して和歌山から上京したものの仕事もなく、今は”オレオレ詐欺”に加担してなんとか暮らしている。所属する劇団が和歌山にある高齢者施設で演劇を教えることになり、久しぶりに故郷に帰った。高齢者施設で働くタカラは、どこか諦めたような影のある子だった。翔太は祭りに誘おうとタカラを訪ね、刑務所帰りの父親から暴行を受けているところに遭遇する。

まだ何者にもなれず、居場所もない二人が、なりゆきから逃避行をすることになってしまうストーリー。冒頭の詐欺場面で、あんなに記憶に残りやすい顔の虹郎さんではすぐに捕まっちゃう。眼鏡くらいかけてはどうなの?と妙な突っ込みをし、明るさのかけらもない芋生悠さんを初めて観た!と感動。芋生悠さん演じるタカラは終盤に向けて徐々に表情が変わっていきます。これまでの作品で、あまり動じない芯のある役柄の印象がありますが、ここでは凝り固まっていた心身がほどけていくタカラを息づかせていました。ほぼ和歌山ロケで、山や海に続く道をとにかく走る二人。
豊原功補さん、小泉今日子さんと外山文治監督が立ち上げた映画制作会社・新世界合同会社の第1回プロデュース作品。これまでもオリジナル作品を送り出してきた外山監督。村上虹郎さんとは『春なれや』に続き2度目、オーディションで選んだという芋生悠さんとは初のタッグです。生活を感じさせる江口のりこさん、石橋けいさんの姿もしかと刻まれました。「ソワレ」はフランス語で夜会、劇場用語で「夜公演」のこと。夜明けまでの一夜の舞台をお楽しみください。(白)


2020年/日本/カラー/シネスコ/111分
配給:東京テアトル
(C)2020ソワレフィルムパートナーズ
https://soiree-movie.jp/
★2020年8月28日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 15:46
"ソワレ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: