2020年06月26日

ソニック・ザ・ムービー(原題:Sonic the Hedgehog)

sonic.jpg
 
監督:ジェフ・ファウラー
出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター 
日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈

宇宙の果てにある平和な“島”でのびのびと育ったソニック。音速のスピードで走る能力を持つため絶えず狙われ、とうとう島にはいられなくなり、たった一人で地球に逃げてきました。それから10年、ソニック(ベン・シュワルツ)は誰にも見つからず安全に、でもさみしくひとりぼっちで生活していました。そんなソニックの存在を偶然にも探り当てた悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の魔の手がソニックに迫ります。ドクター・ロボトニックはそのパワーを利用して、世界征服計画を遂行しようとしたのです。窮地に陥ったソニックは、小さな街の保安官トム(ジェームズ・マースデン)に助けを求めました。

世界的人気を誇るセガのビデオゲームシリーズがハリウッドで実写映画化されました。監督のジェフ・ファウラーは13歳のときからゲームをやってきたとのこと。ソニックがトレードマークの赤いスニーカーを履くきっかけをさらりと挟み込むなど、映画全篇にわたってソニック愛が感じられます。それはゲームを知らない人を排除するのではなく、むしろWelcomeな雰囲気。まずはソニックのスピード感がどんなものなのかを見せ、驚かせます。そのソニックが別れを経験し、寂しさを乗り越え、新たな出会いがあり、友情を育んでいく。まさに王道の少年成長譚に仕上げられています。
さらにそのストーリーを彩る悪役ドクター・ロボトニックにジム・キャリーを配しましたが、これが大正解! 顔芸や奇妙なダンスを繰り広げ、見ていて笑ってしまって憎めません。主人公のソニックよりも印象に残るかも。
続編がありそうなラストに、ぜひ次はクリスマスの時期にと思ってしまいましたが、その理由はぜひドクター・ロボトニックに聞いてください。(堀)


2020年/100分/G/アメリカ
配給:東和ピクチャーズ
©2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://sonic-movie.jp/
★2020年6月26日(金)公開!
posted by ほりきみき at 01:30
"ソニック・ザ・ムービー(原題:Sonic the Hedgehog)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: