2020年01月22日

淪落の人   原題:淪落人 英題:Still Human

1.jpg

製作:フルーツ・チャン
監督・脚本・編集:オリヴァー・チャン
出演:アンソニー・ウォン、クリセル・コンサンジ、サム・リー、セシリア・イップ、ヒミー・ウォン

事故で半身不随になったリョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)は妻と別れ、息子とは別々に暮らしている。人生を諦めた彼の楽しみは、同僚だったファイ(サム・リー)と話すことと一人息子の成長だった。ある日、フィリピン人の住み込み家政婦エヴリン(クリセル・コンサンジ)がやって来る。リョンは、広東語で意思の疎通ができないことにいら立つが、つたない英語でコミュニケーションを図る。

1987年生まれの女性監督 オリヴァー・チャンの長編第一作。ヒロインは本作が映画初出演という’84年生まれのフィリピン女優。夢を具現化する瑞々しい2人を59歳の名優アンソニー・ウォンが温かく包含するような映画だ。

ポスターにある、長い黒髪をなびかせたフィリピン人女性が車椅子に座る中年男性の後ろに乗っているイメージは、監督が実際に街なかで見かけた風景だそう。これに象徴されるかの如く、映画の中を優しい風が吹き、陽に照らされた笑顔を纏う空気が流れる。もちろん辛く厳しい現実もつぶさに描かれる。貧困、障害、孤独、出稼ぎ、言葉や人種の分断…2人が立ち向かう現実は壁ばかりだ。人生のどん底にある2人といっていい。それでも、チャン監督は2人に希望を抱かせる。大きなカタルシスが待つ終盤へ向かって、ゆっくりと温かく、時には大笑いさせながら歩を進めてゆく。

香港の四季に人生の四季を重ねたような話法。長編デビュー作にして、これだけ卓越した技量を持つ監督は珍しい。自身の母が事故で脊髄を損傷し、日常には車椅子で過ごす母の姿が常にあったという。障害者と介護者の関係性を映画化したいと起草したのも自然な思いからだろう。

脚本を読んだウォンは意気に感じ、ノーギャラで出演を決めた。無表情に諦観を表出しながら、時には感情をむき出しにし、落ちぶれた(淪落)自分を憐れむ。ウォンの演技は絶品だ。監督のことは全く知らなかったのに、初めて会い、脚本の話を聞いた時、「この人を他人を騙さない」と信頼し、自ら「ノーギャラで」と監督に申し出たという。映画の売り上げ金から、ウォンのギャラが分配される契約とのこと。ヒットしてほしい!と切に願いたくなる秀作だ。(幸)


640.jpg

事故で下半身不随となった中年男性、広東語を話せないフイリピン人家政婦。意思疎通もままならなかった2人が次第に心を通わせ、互いに相手の夢を叶えるきっかけを作るとは。
家政婦は「人生は気持ちの持ちよう」という。しかし、それは支え合う人がいてこそではないか。前向きな気持ちは相乗効果をもたらし、周りも幸せにするのだと改めて感じた。(堀)


アンソニー・ウォン(黄秋生)は、2014年に起こった「雨傘革命」の折、民主化要求運動支持を公言したため、中国資本の多くなった香港映画界で封殺され、5年間ほとんど収入がなかったと明かしている。そんな彼が、久しぶりに出演することになった本作をノーギャラで受けた意味は大きい。
『八仙飯店之人肉饅頭』(1993年)『ビースト・コップ 野獣刑警』(1998年)に続いて、『淪落の人』で3度目の香港電影金像奨最優秀主演男優賞に輝いたのも嬉しい。思えば、東京国際ファンタスティック映画祭のオールナイトで『八仙飯店之人肉饅頭』を観た時には怪優ぶりに度肝を抜かれたものだ。レスリー・チャン迷の私にとって、全く好みの俳優じゃなかったのに、アン・ホイ(許鞍華)監督の『千言萬語』(1999年)でのイタリア人の神父役あたりから気になりだし、秋生ちゃんといつしか、ちゃん付けで呼ぶようにまでなってしまった。  
そんな彼が久しぶりに出た『淪落の人』は、かつての香港映画を思わせてくれて、期待以上だった。
フルーツ・チャンが路上で見出したサム・リーが、ひょうひょうとした友人役なのも楽しいし、妹役でイップ・トン(葉童、セシリア・イップ)が出てくるのも嬉しい。それにしても、『風の輝く朝に』で楚々とした美人だったイップ・トンが、すっかりおばさんになってしまったのには、びっくり。(失礼!)
エヴリンが日曜日にフィリピンのアマさん(家政婦)仲間と中環(セントラル)で過ごす場面も香港ならではだ。携帯で「ここよ」と連絡を取り合うが、携帯のない時代から、フィリピンのアマさんたちは日曜日になるとちゃんとお仲間で集まっていて、あの頃は前もって示し合わせていたのかなぁと。(私たちだって、友達と会うときはそうだった!)デモが行われるようになった今は、デモを避けて中心街でないところで集まっているのかしらと心配にもなる。
とにかく語りたいことがいっぱいの『淪落の人』。12月31日付けのスタッフ日記でも熱く語っているので、ご覧ください♪(咲)


配給:武蔵野エンタテインメント
2018年製作/112分/G/香港
NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (C) 2018
公式サイト:http://rinraku.musashino-k.jp/
★2020年2月1日(土)より 新宿武蔵野館ほか にて公開★




posted by yukie at 11:19
"淪落の人   原題:淪落人 英題:Still Human "へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: