2020年01月12日

オリ・マキの人生で最も幸せな日   原題:Hymyileva mies(微笑む男) 英題:The happiest day in the life of OLLI MAKI

ollimaki.jpg

監督・脚本:ユホ・クオスマネン
撮影:J・P・パッシ 
編集:ユッシ・ラウタニエミ 
音楽:ラウラ・アイロ
出演:ヤルコ・ラハティ(『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』、オーナ・アイロラ、エーロ・ミロノフ(『ボーダー 二つの世界』)

1962年、夏。田舎町のパン屋の息子オリ・マキは、プロボクサーとしてヘルシンキで行われる世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うことになる。国中の期待を背負って、トレーニングに励み、減量に集中する日々だ。そんなある日、友人の結婚式に参加するため故郷に帰る。車に乗り切れなくて、女友達のライヤと自転車で会場に向かい、一緒に時を過ごすうち、オリ・マキはライヤに恋をしてしまう。ヘルシンキにライヤを伴って帰ると、マネージャーは呆れながらも子ども部屋を二人の為に提供してくれる。対戦を前に、スポンサーとの会食や、記録映画の撮影などに追われ、オリ・マキは煩わしくて仕方ない。いよいよ対戦相手が到着し記者会見が開かれるが、その場でも闘志を見せず冷めた受け答えをしてしまう。
ライヤが故郷に帰ってしまい、オリ・マキはトレーニングを脱け出し彼女に会いにいき、なんとか結婚の約束を取り付ける。ようやく安心して対戦の日を迎える・・・

国中が注目するチャンピオン戦なのに、オリ・マキの頭の中には恋するライヤのことしかない様子が、なんとも微笑ましく描かれています。16ミリフィルムで撮影されたモノクロ映像が郷愁をそそります。ボクシング映画と思っていたら、みごとにはぐらかされました。
ユホ・クオスマネン監督は本作で長編デビュー。この物語を描こうと思ったのは、2011年にオリ・マキとライヤに会った折、あの対戦の日に婚約指輪を買いにいったことをオリ・マキが嬉しそうに話してくれたことが頭から離れなかったからだそうです。
フィンランド語タイトルのHymyileva miesは、「微笑む男」という意味。実は、フィンランドでは、異常者とまではいわないまでも、微笑む男というのは稀有な存在。オリ・マキはボクサーなのに強い男というより、温厚な人物だったこともタイトルに込められています。英題からとって邦題にもなっている「人生で最も幸せな日」には、人生で大事なことは?と考えさせられます。
川べりをオリ・マキとライヤが手を繋いで歩くラストシーンですれ違う老夫婦は、本物のオリ・マキとライヤ。そうと知ったのは観終わったあとでした。どうぞお見逃しなく! (咲)


第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞

2016年/フィンランド・ドイツ・スウェーデン/92分/PG12
配給:ブロードウェイ
公式サイト:https://olli-maki.net-broadway.com/
★2020年1月17日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開





posted by sakiko at 18:58
"オリ・マキの人生で最も幸せな日   原題:Hymyileva mies(微笑む男) 英題:The happiest day in the life of OLLI MAKI"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: