2019年12月27日

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(原題:Hevi reissu / Heavy Trip)

heavy-trip.jpg

監督:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン
脚本:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン、アレクシ・プラネン、ヤリ・ランタラ
主演:ヨハンネス・ホロパイネン、ミンカ・クーストネン、ヴィッレ・ティーホネン、マックス・オヴァスカ、マッティ・シュルヤ、ルーン・タムティ 他

フィンランドの田舎町で退屈な日々を送るトゥロは仲間3人とヘヴィ・メタルバンドを組み、ボーカルを担当している。ライブはしない単なるコピーバンドだが、本人たちは満足していた。ある日、ひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェス出演のチャンスを掴み、バンド名も“インペイルド・レクタム"(直訳すると直腸陥没)に決定する。せっかくつかんだチャンスだったが、地元ライブで緊張したトゥロが大嘔吐する前代未聞の惨劇を起こしてしまい解散する。さらに仲間でハイウェイを走行中、トナカイを避けたドラマーが事故死してしまう。トゥロは盗んだバンに亡き友の棺桶を乗せ、精神病院から新ドラマーを誘拐し、バンドを再結成して一路ノルウェーに向かう。フィンランド、ノルウェー両国の警察に追われながらも、亡き友、仲間、そして自分のために夢のフェスを目指す。

この作品の主人公たちはご近所で “ダメダメなやつら”扱いされているけれど、ちゃんと仕事をし、社会人として果たすべきことをして生きている。バンドとして分不相応のことを望むのではなく、仲間と演奏できればそれで十分に楽しい。決して人が嫌がることはしない。
若者がバンドやラップでビッグになることを夢見る映画は多いけれど、大抵の作品は社会人として果たすべき責任を放棄していることが多く、共感ができない。それに比べて、この作品の主人公たちはなんてきちんとしているのだろう。見始めてすぐに彼らを応援したくなった。
ちょっと要領が悪いから、いろいろトラブルが起こり、笑いも生まれる。それもこの作品の魅力の1つ。彼らが無事、夢のフェスに参加できるよう、ぜひ一緒に応援してください。(堀)


今40代の息子が高校生のときに、バンドにはまっていました。スプレーで髪を立てたり、顔にペイントしたり。やたらにやかましい音楽はメタル系だったのだと思います。なんと言っているのかわからない(笑)。この作品でもそんな懐かしい日々を思い出しました。
コピーバンドでも名前くらい真っ先につけそうな気がするし、コピーばかりでなくオリジナルももっと早く作りたくなるのでは、と気の短いおばさんは思うのですが、そのへんの欲が全然ありません。それがあれよあれよというまにフェスに行くことになってしまい、その珍道中がおかしいです。ゆるいのか過激なのか判然としませんが、どっちも「あり」で、なんだかおもしろかった作品。(白)


フィンランドのバンドというと、思い出すのが、アキ・カウリスマキ監督の『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(1989)に出て来た奇抜な頭をしたバンド。彼らも相当可笑しかったけど、本作の「インペイルド・レクタム(直腸陥没)」もかなり狂ってます。そも、名前から変!
フィンランドには、人口10万人あたり53.2のメタルバンドが存在するそうで、総人口が約550万人なので、約3,000のメタルバンドがあるという次第。
私はメタルは苦手なのですが、この映画はとにかく笑えました! 呆れました! ヘヴィメタ苦手という方も、ぜひご覧ください。(咲)


2018年/フィンランド+ノルウェー/フィンランド語、ノルウェー語、英語/92分/カラー/シネマスコープ(2.35 : 1)/5.1ch/DCP/R15+
配給:SPACE SHOWER FILMS
© Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018
公式サイト:http://heavy-trip-movie.com/
★2019年12月27日(金)よりシネマート新宿&心斎橋ほかにてロードショー!

posted by ほりきみき at 11:49
"ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(原題:Hevi reissu / Heavy Trip)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: