2019年12月14日

この世界の(さらにいくつもの)片隅に 

ikutsumono-katasumini.jpg

監督・脚本:片渕須直 
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ 
声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる。

タイトルからてっきり大ヒット作のスピンオフ作品で、すずではない人物を主人公に据え、違った側面から戦争を見つめるのかと思っていた。しかし、今回も主人公はあくまでもすず。新しい人物を登場させ、結婚前の周作を浮かび上がらせる。そこにすずの女としての葛藤が生まれ、これまでもあったシーンにもより深い意味が加わった。聞けない疑いと言えない不安。すずや周作が抱える気持ちの揺れが伝わってくる。
また、戦争の爪痕をより具体的に見せる。実写だったら辛くて見られなかったかもしれない。アニメだからこそできた表現だったと思う。1回見た作品だからと言わず、ぜひ多くの人に見てほしい。(堀)


IMG_2023.jpg
11月4日の舞台挨拶@TIFF (撮影:白)

2019年/日本/カラー/168分
配給:東京テアトル
©2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式サイト:https://ikutsumono-katasumini.jp/
★2019年12月20日テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開
posted by ほりきみき at 19:03
"この世界の(さらにいくつもの)片隅に "へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: