2019年12月12日

テッド・バンディ (原題:EXTREMELY WICKED, SHOCKINGLY EVIL AND VILE)

IMG_0356.JPG

脚本・製作総指揮:マイケル・ワーウィー
原作:エリザベス・クレプファー
監督:ジョー・バーリンジャー
製作総指揮:ザック・エフロン、ジョナサン・デクター、ジェイソン・バレット
出演:ザック・エフロン、リリー・コリンズ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ドノヴァン、ディラン・ベイカー、ジョン・マルコヴィッチ

1969年、ワシントン州シアトル。シングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)は、バーでテッド・バンディ(ザック・エフロン)と出会う。やがて彼女はテッドと暮らすようになり幸せをかみしめていたが、誘拐未遂事件の容疑でテッドが逮捕されてしまう。突然の出来事に戸惑うリズは、別の誘拐事件でテッドの愛車フォルクスワーゲンらしき車が目撃されていたことを知る。テッドは誤解だと説明するが、数々の事件への彼の関与が判明する。

”シリアル・キラー”の語源ともなった稀代の連続殺人氾。米国の犯罪史はテッド・バンディ”以前”と”以降”に分けられるという。’70年代はDNA鑑定やプロファイリング操作も行われていず、州を跨ぎ、殺害方法も都度異なる事件の解決に、警察は長けていなかったのだ。法廷の生中継も初の出来事だった。
何より、テッド・バンディのようにハンサムな白人で且つ学歴もあり、熱心な共和党支持者の好青年が女性(100人を超えると言われる)をレイプした上、殺人を犯すことなど、当時の米国民は考えもしなかったのだろう。

そのバンディが唯一、手にかけなかった恋人のノンフィクションを原作としているため、本作は殺害場面が描かれない異色の犯罪映画となっている。終始、恋人の視点から描かれるバンディは、シングルマザーである恋人や子どもに何処までも優しい。周囲の人からも好かれる理想的な男だ。演ずるザック・エフロンは正に適役!来日時に取材した際も、スター擦れしていない素朴な田舎の青年という印象だった。

疑心暗鬼になる恋人へ幾度となく無実を主張する様子には一定の合理性があり、バンディに愛情を持つ者なら難なく説得されてしまうだろう。人は如何に見た目で判断するか…、感情と倫理の危うい境目を観客はいつしか恋人と一体になって揺れ動いていることに気付く。
監督のジョー・バリンジャーは、バンディのドキュメンタリーを製作している。当該事件を徹底調査し、分析し尽くした監督ならでは描出でき得た犯罪ドラマと言える。(幸)


IMG_0357.JPG

提供・配給:ファントム・フィルム
提供:ポニーキャニオン
2019年製作/109分/R15+/アメリカ
(C) 2018 Wicked Nevada,LLC
公式サイト:http://www.phantom-film.com/tedbundy/
★2019年12月20日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にてロードショー
posted by yukie at 11:23
"テッド・バンディ (原題:EXTREMELY WICKED, SHOCKINGLY EVIL AND VILE)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: