2019年11月23日

THE INFORMER/三秒間の死角(原題:THE INFORMER)

informer.jpg 

監督:アンドレア・ティ・ステファノ
出演:ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、アナ・デ・アルマス、クライヴ・オーウェン

自由の身と引き換えに、FBIの情報屋になったピートは、最後の任務を迎える。潜入先のマフィアのボス"将軍"の麻薬取引現場にFBI捜査官ウィルコックスを導き、組織を一気に壊滅させるのだ。成功すれば、愛する家族との幸せな暮らしが待っている。
ところが、取引現場でマフィアの仲間が取引相手を射殺してしまい、さらにその取引相手が潜入捜査をしていたNY市警の警官だったことが判明する。NY市警の追跡をかわすため、将軍は仮釈放中のピートに、刑務所に戻って内部の麻薬取引を仕切れと命令する。
やむなく刑務所に舞い戻り、麻薬組織を立ち上げつつ、FBIにリークする関係者を探り始めるピート。そんな中、事態が急変。ある重大なトラブルから、ピートはFBIに切り捨てられ、マフィア、NY市警、刑務所の看守、自分を取り巻くすべての組織から命を狙われることになった。 絶対絶命の崖っぷちで、唯一逃げられる一瞬の死角があることにピートは気づく。果たして、ピートの脱出劇の行方は? 

1つの想定外が全てを狂わせ、状況は雪だるま式に悪化。FBI、マフィア、NY市警、囚人すべての組織から命を狙われる。まったく先が全く読めない展開に、ラストまで緊張感が続く。それでも家族だけは守ろうと奮闘する主人公にジョエル・キナマン。イケメン過ぎて堪らない!
そして、このところ出演作の公開が続くロザムンド・パイクが本作にも非情になりきれずに苦しむ捜査官として登場。印象に残る演技を見せた。
しかし、邦題につけられた副題の「三秒間の死角」がよくわからなかった。三角な死角はあった気がするが。。。(堀)


2019/カラー/5.1ch/イギリス・アメリカ・カナダ/スコープ/113分
配給:ショウゲート
©Wild Wag films Productions 2018
公式サイト:https://informer-movie.jp/
★2019年11月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 12:00
"THE INFORMER/三秒間の死角(原題:THE INFORMER)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: