2019年11月10日

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲   原題:Andhadhun

moumoku.jpg

監督:シュリラーム・ラガヴァン
出演:アーユシュマーン・クラーナー、タブー、ラーティカ・アープテ―、アニル・ダワン、マナフ・ヴィジ、ザキ―ル・フセイン

アーカーシュは、盲目のピアニスト。ひょんなことで恋に落ちたソフィの父の店でピアノを演奏させてもらっている。ある日、彼の演奏に惚れこんだ往年の大スター、プラモード(アニル・ダワン)から妻シミー(タブー)の誕生日祝いにサプライズでピアノを弾いてほしいと頼まれる。ところが、訪れた豪邸で、シミーとその浮気相手がプラモードを殺してしまったのを見てしまう。実は、盲目なのは嘘で、芸術のために盲目を装っていただけなのだ。その場は見えないフリをして切り抜けるが、通報しなくてはと警察に行くと、なんと警察署長(マナフ・ヴィジ)はプラモードを殺した浮気相手だった・・・

洒落た店でピアノを弾くアーカーシュ。そして訪ねたモダンな豪邸で繰り広げられる殺人の顛末。スタイリッシュなサスペンスかと思いきや、警察で出くわすのが、当の殺人犯の浮気相手! 思わず笑ってしまいます。この後、思わぬ展開に。
アーカーシュ役を演じたアーユシュマーン・クラーナーは、自らピアノ演奏もこなしていますが、コミカルな演技も絶妙。でも、笑ってばかりいられない、予測不能なおぞましいできごとに、クラクラさせられました。
ラガヴァン監督は、フランスの短編映画『L‘Accordeur(The Piano Tuner)』(2010年)から着想を得て、本作を製作したとのこと。また違ったタイプのインド映画の登場です。(咲)


盲目を偽わるピアニストが殺人事件に遭遇。犯人から命を狙われ、本当に視力を失う。恐ろしい企みが絡み、敵味方が二転三転。目まぐるしい展開が繰り広げられる。誰を信じればいいのか。人間不信に陥りそう。
最後に笑うのは誰か。主人公は見えているのか。最後の最後までわからない。しかし、伏線はきっちり回収される。脚本の細やかさに驚かされた。(堀)


2018年/インド/ヒンディー語/シネスコ/5,1ch/138分
配給:SPACEBOX 宣伝:シネブリッジ
公式サイト:http://m-melody.jp/
★2019年11月15日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by sakiko at 14:33
"盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲   原題:Andhadhun"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: