2019年09月28日

ホームステイ ボクと僕の100日間(原題:Homestay)

homestay.jpg

監督・脚本:パークプム・ウォンプム
原作:森絵都「カラフル」
出演:ティーラドン・スパパンピンヨー(ミン)、チャープラン・アーリークン(パイ)

ボクは死んだはずだった。けれども「当選しました!」という天使の声で目がさめる。生前の記憶が何もないまま、ボクは自殺した高校生ミンの身体にホームステイすることになった。ミンは蘇ったわけだ。しかし、ことは簡単じゃない。100日の間にミンの自殺の原因をさぐりださないとボクの魂は輪廻の輪の中に入れず、永遠に消滅する。いろいろな姿で現れても肝心なことは教えてくれない天使に助けられ、ボクはミンの人生を生き始めた。頭が良くて可愛い女子高生パイと出会って、すっかり舞い上がるボク。楽しい時間は刻々と過ぎていき、ミンの死の手掛かりになりそうなものはまだ見つからない。

『カラフル』は2000年に中原俊監督で実写版が、2010年にはアニメーションが製作されています。原作はタイでも翻訳出版されて人気だったそうですが、映画化の話が出てから実際に制作が始まるまでずいぶんとかかったようです。現在のタイの高校生のストーリーに脚色、良い俳優を得て本家の日本でも公開されることになりました。
お国柄なのか、色彩や登場人物の感情が日本版より濃くて、豊かな感じがします。家庭が抱える事情や痛みは共通で、辛いものがありますが。
主人公のミンを演じるのはティーラドン・スパパンピンヨーは『バッド・ジーニアス』でカンニングで一儲けをたくらんだ金持ちのボンボン役でした。パイはタイのBNK48のキャプテン、チャープラン・アーリークン。トップアイドルですが、これが初の映画出演。ミンと恋に落ちる女子高生を初々しく元気いっぱいに演じています。圧巻はミン渾身の〇が広がるラスト。(白)


2018年/タイ/カラー/シネスコ/136分
配給:ツイン
(c)2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED
http://homestay-movie.com/
★2019年10月5日(土)より新宿武蔵野館館ほかにて全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:23
"ホームステイ ボクと僕の100日間(原題:Homestay)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: