2019年09月21日

宮本から君へ

miyamoto.jpg

監督:真利子哲也
原作:新井英樹
脚本:真利子哲也、港岳彦
撮影:四宮秀俊
音楽:池永正二
主題歌:宮本浩次「Do you remember?」
出演:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(真淵拓馬)、柄本時生(田島薫)、星田英利(小田三紀彦)、古舘寛治(岡崎部長)、松山ケンイチ(神保和夫)

金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた“極限の”人間賛歌”が描かれるエンターテイメント!(プレスより)

文具メーカー「マルキタ」の営業マンの宮本浩は、不器用で営業スマイルやお世辞が苦手、けれども情熱と正義感だけは人一倍ある。先輩・神保の仕事仲間の中野靖子に出会った。芯が強く、自立した靖子に恋に落ちた宮本は、元カレの風間が靖子に手を上げたとき思わず「この女は俺が守る!」と宣言。これをきっかけに二人の絆はより強くなった。ある日、取引先の馬淵部長との酒の席に靖子と参加した宮本はすっかり泥酔し、馬淵の息子・拓馬が自宅まで送ってくれることになった。眠り込んだ宮本の横で靖子は襲われてしまう。

テレビ版もあるそうですが、そちらは観ていなくてこちらが初見。めちゃめちゃ熱量の高い映画で、こんなに怒鳴りあってる池松さんや蒼井さんを初めて見ました。撮影が終わったらぐったりしたのではないかしら?二人熱演です。そこへ乱入してくる元カレが井浦新さん。どうしようもないノラクラでDV男なのに、離れがたい魅力のある風間を演じて、これも上手い!
そこに存在しているだけで圧が半端なかった拓馬役の一ノ瀬ワタルさん、力任せの荒業が怖すぎて、後で倍返しを食らってもちっとも可哀そうじゃありませんでした。みんなに応援される宮本と反対に、憎まれるリスキーな役でしたが、やり切りましたね。
誰かを「守る」って簡単じゃありません。四六時中ひっついてるわけじゃなし、どこでどんな災難が降りかかるやら。女は自分で自分を守れるようになりましょう。男は”約束を守る”こと。それだって結構な難題。宮本の約束が「靖子を守ること」でした。靖子はその心意気に惚れたんです。傷ついてもこの二人ならやり直せる。中身はずいぶん違うけれど、ドラえもんとの約束を守ってジャイアンに立ち向かい、ボロボロになったのび太くんのシーンが浮かびました。(白)


愛する女を生涯かけて守るとはどういうことか。腕力のない主人公が心と体の痛みをぐっと堪え、無茶を承知で無様な姿を曝け出しながらも猛進する。その姿は痛々過ぎて滑稽だが、愛情の強さがガンガンに伝わってきた。池松壮亮が超情けなくて、無様で、ダメダメだけど、たまらなくカッコいい! 池松壮亮史上最高!
対する蒼井優も負けてない。強さと弱さを併せ持つ靖子を見事に表現する。
エンドロールに映し出される2人の笑顔が眩しすぎる。天皇が皇后にプロポーズしたときの言葉を思い出した。(堀)


2018年/日本/カラー/シネスコ/129分
配給:スターサンズ,KADOKAWA
(c)2019「宮本から君へ」製作委員会
https://miyamotomovie.jp/
★2019年9月27日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:12
"宮本から君へ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: