2019年09月12日

シンクロ・ダンディーズ! 原題:SWIMMING WITH MEN

IMG_0321.JPG
監督:オリヴァー・パーカー
出演:ロブ・ブライトン、ルパート・グレイヴス、ジム・カーター、シャーロット・ライリー

妻と仲が悪く息子にはバカにされてきた会計士のエリック(ロブ・ブライドン)は、なじみの公営プールで中年男性ばかりが集うアーティスティックスイミングチームと出会う。メンバー入りすることになった彼は、仲間と一緒にイギリス代表チームの一員として世界選手権に出場することになった。エリックは、厳しい特訓に励むうちに生きがいを見いだす。

中年男性による実話ベースのシンクロナイズド・スイミング映画といえば、先ごろ仏版『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』が公開したばかり。本作の英国版と立て続けだ。なぜか今年は「おっさんシンクロ・ブーム」?
2001年に『ウォーターボーイズ』が上映された日本としては、同ジャンルは先輩格といえるかもしれない(笑)

高校生VSおっさんだからと侮るなかれ。スイミング場面はCGもスタントも使用せず、本人たちだけで演じたそう。撮影前にストラッドフォードで行われた水泳キャンプでは、殆どの俳優が水中でもがくだけだったというから驚きである。主要人物の1人を演じる人気ドラマ「ダウントン・アビー」のジム・カーター曰く、
「私たちはエレガントに溺れていた」
流石は英国紳士!表現まで優雅だ。

日本でも根強い人気を持つ英国映画『フル・モンティ』的要素を想像していたら、ミドル・クライシスをテーマとした、意外にもシリアスなテーマが根底に流れている。それでも、監督が『理想の結婚』『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』など軽妙洒脱な作品が多いオリヴァー・パーカーだけに、英国的ユーモアを品良く挟む。
撮影監督はダイビング資格を持つという頼もしさで安定感のある水中撮影を披露しながら、「ダウントン・アビー」のカメラもこなした気品さを忘れない。音楽はITVの人気ドラマ「セルフリッジ 英国百貨店」と同じスタッフだ。英国エンターテイメントを担う粋職人が本作を支える。

”世界一層が厚い”と言われる英国俳優陣。主役に『イタリアは呼んでいる』『スノーホワイト 氷の王国』の他、司会業もこなすロブ・ブライドン。『SHERLOCK』シリーズ、『モーリス』『眺めのいい部屋』などのルパート・グレイヴス。「ダウントン・アビー」の執事カーソン役ジム・カーターらが真面目に熱演し、笑わせてくれる。
その他、王立演劇学校を卒業したような舞台経験豊かな演技巧者ばかりだから、大人が安心して鑑賞できるレベルだろう。
人生の応援歌としての楽しさに溢れた本作。実話のモデルとなったスウェーデンの男子シンクロチームも登場するので、お見逃しなく!(幸)

IMG_0316.JPG


主人公のエリックは、会計士として職場ではそれなりの地位だけど仕事はマンネリ、妻は選挙に当選して政治家として采配を振るっていて、家に帰るとなんだか居心地が悪い。自分の居場所を感じてないところに、プールで成り行きでシンクロチームに入ることになり、だんだん生きがいを感じていく。演じたロブ・ブライドンは、そんな男の悲哀をそこはかとなく感じさせてくれて絶品。
私がもう一人気になったのが、メンバーの中でも肌の色が違って、異彩を放っているカートを演じたアディール・アクタル。『ヴィクトリア女王 最期の秘密』でも、チビのインド人従者を演じて笑わせてくれた方。日本の公式サイトにクレジットされてなくて、お気の毒なので、ぜひ注目を! (咲)


仲間とやりがい。人にはこれが不可欠。シンクロでストレス解消していた中年男性たちが世界大会を目指す。主人公は仕事が充実している妻へのヤキモチから負のジレンマに陥っていたが、シンクロを通じて立ち直っていく。
俳優たちが自ら演じたシンクロの技が見事。実は娘が学生時代に部活でシンクロをやっていた。水面でみんなが揃ってバランスよく浮かんで模様を描くのは本当に難しのだが、俳優の面々たちは短期間の練習でそれをやってのけた。こんなところにもプロ意識を感じる。そのうえで、大会の結果は嘘くさくない脚本もいい。
ほしいものには思い切って手を伸ばすことも必要。妻が来てくれるのを待つのではなく、自ら立ち向かった夫と支えた仲間が眩しい。(堀)



2018/イギリス/スコープサイズ/96 分/カラー/英語/DCP/5.1ch/
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©SWM FILM COMPANY LTD 2018
公式サイト:http://synchro-dandies.jp/
9月20日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開




posted by yukie at 13:18
"シンクロ・ダンディーズ! 原題:SWIMMING WITH MEN"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: