2019年09月08日

人間失格 太宰治と3人の女たち

ningenshikkaku.jpg

監督:蜷川実花
脚本:早船歌江子、音楽:三宅純 撮影:近藤龍人
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)
出演:小栗旬、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田 凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也

天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。
太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・。

酒と女に溺れ、肺を病み、好き勝手に生きた太宰治。女は振り回されただけなのか。太田静子は「斜陽」モデルの名誉、富栄は最後の女という愛の形、本妻の美知子は太宰の甘えを拒絶して「人間失格」という傑作を書かせた。太宰は女の手のひらで転がされただけ。この蜷川実花の解釈は興味深い。演劇的な手法を映像だからこその方法で見せるシーンが印象に残った。(堀)

2019年/日本/カラー/120分
配給:松竹、アスミック・エース
© 2019 『人間失格』製作委員会
公式サイト:http://ningenshikkaku-movie.com/
★2019年9月13日(金)より全国公開
posted by ほりきみき at 09:30
"人間失格 太宰治と3人の女たち"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: