2019年08月22日

ザ・ネゴシエーション(原題:협상、The Negotiation)

thenegotiation.jpg
 
監督:イ・ジョンソク
出演:ヒョンビン、ソン・イェジン、キム・サンホ、チャン・ヨンナム、チャン・グァン、チョ・ヨンジン

ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)は、事件現場で犯人との交渉中に人質と犯人の両方を死なせてしまう。それから10日後、事件に大きな責任を感じて辞表を提出しようとしたハ・チェユンのもとに再び応援要請が入る。
ミン・テグ(ヒョンビン)と名乗る人物が、タイ・バンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、ハ・チェユンを名指しで交渉相手に指名する。彼は外事課が以前から追っていた、国際犯罪組織の武器売買業者のリーダーだった。
拉致の動機、要求も不明。目的が見えないミン・テグに対し、交渉の糸口を掴めないハ・チェユンに焦りが募り始める―特殊部隊の救出まで残り14時間。警察を嘲笑い、残忍な人質ショーを繰り広げるミン・テグと、数日前に起きた事件のトラウマに苛まれながらも、今度こそ人質の命を救おうと後に引けない交渉人ハ・チェユン。果たして交渉の行方は―。

本作はハ・チェユンが人質犯ミン・テグと粘り強く交渉を続けるシーンが緊迫感とともに展開する。イ・ジョンソク監督は事件の状況を忠実に再現するため、「リアルな二次元撮影を撮影方法として取り入れた」といい、ヒョンビンとソン・イェジンは実際にモニター越しに演技をして、互いの反応にも真実味が出るように演出した。
しかし人質犯と対峙するのはチェユンだけではない。彼女の仲間が集める情報が交渉の武器。若い仲間はIT機器を、中年の先輩は足を使って彼女をサポートする。チームワークの良さが見ていて気持ちいい。
ところが上層部は何も情報を与えてくれない。チェユンは交渉を無事に進めるため、隠された状況を探り出す。やがて冒頭に起きた立て篭もり事件が無関係ではなかったと判明。事件の本当の姿が明らかになる。
テグを演じたのは、映画『王の涙 イ・サンの決断』で苦悩する王、『コンフィデンシャル/共助』では信念を貫く寡黙な北朝鮮の刑事、そして『スウィンダラーズ』でインテリな詐欺師を完璧に演じてきた人気俳優ヒョンビン。初の悪役に挑戦した。対する交渉人にはソン・イェジン。『Be with you~いま、会いにゆきます』では限られた時間を精一杯、家族と過ごした女性を演じたことが記憶に新しい。そして、チェユンを明るく鼓舞する中年の先輩を演じたのが個性派俳優のキム・サンホ。そのコミカルでユーモアのある演技は緊迫感あふれる作品にうまく緩急をもたらした。(堀)


2018年/韓国/カラー/シネスコ/5.1ch/113分
配給:ツイン
(C) 2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://thenegotiation.jp/
★2019年8月30日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 01:57
"ザ・ネゴシエーション(原題:협상、The Negotiation)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: