2019年08月01日

カーライル ニューヨークが恋したホテル 原題:Always at the Carlyle

IMG_0293.JPG

監督・脚本:マシュー・ミーレー 
撮影:ジャスティン・ベア 音楽:アール・ローズ
出演:ジョージ・クルーニー、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラ、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、
ハリソン・フォード、ジェフ・ゴールドブラム、ウディ・アレン、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ロジャー・フェデラー、ジョン・ハム、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル、エレイン・ストリッチ

ニューヨークにある1930年創業の高級ホテル「The Carlyle, A Rosewood Hotel」。ここは映画『ハンナとその姉妹』や『セックス・アンド・ザ・シティ』のロケ地としても知られ、多くのセレブたちを迎えてきた。その魅力を、ジョージ・クルーニーをはじめ、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラらが語る。洗練されたスタッフによる接客の様子も映し出される。

「毎月旅行」を12年更新している身でも、1泊200万円のスイートルームや5000円のオレンジジュースには縁がない…(当然だ(笑))。敷居の高いセレブ御用達ホテルの奥座敷はどうなっているのか?働いている人々は?馴染み客はどんなホテル体験を?そんな好奇心を十二分に満たしてくれる極上ドキュメンタリー。観終わった観客の殆どがカーライルに恋をしているかもしれない。

規格外に超ゴージャスな空間でありながら、家族のように出迎えてくれるスタッフたち、宿泊客のイニシャルを縫い込んだ枕カバー、食事の好みを完全に把握しているシェフ、セレブたちの様々な逸話を知っているに違いない彼らの口は堅い。流石に1930年創業の重みと誇りを背負っているのだ。
「英国のウィリアム王子ご夫妻の予約電話を受けたのは私だけど、それを伝えられるのはごく少数のスタッフだけ。家族にも誰にも言えなかった」と語る電話交換手の言葉からも分かり得よう。

それでも、ダイアナ妃とスティーブ・ジョブズ、マイケル・ジャクソンが同じエレベーターに乗り合わせた瞬間のことを想像すると、陶然としてしまう。逝ってしまった人々の煌びやかな想い出もスタッフの胸の中にしまってあるのだろう。

音楽ファンには、ホテル内のクラブに出演した一流ミュージシャンたちのステージが垣間見られるのも喜びだ。どんなステージが繰り広げられているかは観てのお楽しみ♪
『バーグドルフ&グッドマン/魔法のデパート』『ティファニー/ ニューヨーク五番街の秘密』に続く、マシュー・ミーレー監督の”ニューヨーク三部作”の中でも最高傑作。エレベーターマンや清掃係、伝説のコンシェルジュなどなど、裏で支えるプロフェッショナルな仕事ぶりに触れられる貴重な時間だ。(幸)


IMG_0292.JPG

2018年/92分/アメリカ/カラー/16:9/ステレオ  
配給:アンプラグド
© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト: http://thecarlyle-movie.com/
8月9日(金)よりBunkamuraル・シネマ他、全国順次公開
posted by yukie at 11:21
"カーライル ニューヨークが恋したホテル 原題:Always at the Carlyle"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: