2019年07月20日

アルキメデスの大戦 

archimedes.jpg

監督 脚本 VFX:山崎貴  
原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(講談社「ヤングマガジン」連載)
出演:菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろし

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。しかし、「今後の海戦は航空機が主流で空母を作るべき」という自論を持つ海軍少将・山本五十六(舘ひろし)は、巨大戦艦の建造費用を算出し、いかに国家予算の無駄遣いかを明らかにしようと考えた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿していた。そこで山本は100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直(菅田将暉)に目を付けた。ところが櫂は数学を偏愛し、大の軍隊嫌い。頑なに協力を拒む櫂に、山本は「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」と衝撃の一言を叩きつける。この言葉に意を決した櫂は、同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫っていく。山本から櫂の付き人を命じられた田中(柄本佑)も最初は軍の規律や慣例に従わない櫂に嫌悪感を持つが、やがて櫂の能力と理念に敬意を示すようになる。

巨大で優美な戦艦を作ることが戦争を推し進めると考えた数学者が安く見積もられた建造費を根拠に計画を阻止しようと奔走する。
軍規とプライドが数学者を阻む。しかし天才的能力とひらめきで思いもよらぬ方法から計算を進めていく。数学者は建造計画を覆せるのか。ハラハラの連続。神懸かりな行動を取る人物を演じさせたら右に出るものはいない菅田将暉がぐいぐいと観客の意識を引き寄せる。
その一方、最初から心の奥に疼く疑問。大和は作られたはず。数学者は勝てないのか?
巨大戦艦の建造計画の裏に秘められた担当者の思いが明らかになったとき、その疑問が驚きと納得に変わる。立場は違えど日本を思う気持ちは同じだったのだ。
数学者は架空の人物だが、作品には実在の人物も多く登場。様々な思惑が入り乱れ、立場が同じだからといって思いが同じとは限らない。その逆も然り。戦争を繰り返してはいけないという制作者たちの思いが凝縮されたラストにこの作品を多くの人に勧めたいと思う。(堀)


2019年/日本/カラー/130分
配給:東宝
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
(C)三田紀房/講談社
公式サイト:http://archimedes-movie.jp/
★2019年7月26日(金)全国東宝系にてロードショー

posted by ほりきみき at 12:39
"アルキメデスの大戦 "へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: