2019年05月17日

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(原題:Ex Libris - The New York Public Library)

thenewyorkpubliclibrary.jpg
 
監督・録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン 
字幕:武田理子 
字幕協力:日本図書館協会国際交流事業委員会

図書館とは本の貸し出しをしているところ。この認識は間違っていないが、それだけではない。私が住んでいるところの公共図書館では、子ども向けの読み聞かせや季節の行事に合わせたイベント、映画の上映、講演会なども行われている。子どもが幼い頃は随分とお世話になったものだ。
本作が取り上げるニューヨーク公共図書館の活動はもっと幅広い。司書は電話での質問に答え(人力Googleと呼ばれている)、音楽ライブを企画し、就職支援プログラムを行い、住宅の確保が難しい視覚障がい者のために住宅を手配する。荘厳な19世紀初頭のボザール様式の建築で知られる本館と92の分館から構成されているが、それぞれの館にふさわしい企画が行われる。さらにウェディングパーティーやファッションショーまで行うのだから驚く。フレデリック・ワイズマン監督はナレーションを加えず、淡々と図書館の舞台裏を見せていく。
ニューヨーク公共図書館は吉田秋生の「BANANA FISH」の聖地といわれている。3階のローズ・メイン・リーディング・ルームはほぼフットボールの競技場の長さがあるが、ここでアッシュは本を読んだのねと思わず、夢想。NYまで行かなくても、本物が堪能できる! (堀)


2017年/アメリカ/カラー/ DCP /3時間25分
配給:ミモザフィルムズ/ムヴィオラ
© 2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved
公式サイト:http://moviola.jp/nypl/
★2019年5月18日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!
posted by ほりきみき at 02:00
"ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(原題:Ex Libris - The New York Public Library)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: