2019年02月15日

トラさん 僕が猫になったワケ

torasan_main (1).jpg

原作:板羽皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス)
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊崇
主題歌Kis-My-Ft2
出演:北山宏光(高畑寿々男/トラさん)、多部未華子(奈津子)、平澤宏々路(実優)、飯豊まりえ(ホワイテスト)、富山えり子(桜木亜子)

高畑寿々男は売れない漫画家。代表作「ネコマン」の最終回を書き上げることもせず、ギャンブルで一攫千金をねらっている。担当編集者には「ネコマン」を完結させるように言われているが、実は猫嫌いで他の新作が描きたい寿々男。愛妻の奈津子はそんな寿々男を見限ることもなくパートに通い、明るく家計を支えていた。一人娘の実優(みゆ)はクラスメイトに寿々男のことでからかわれていた。そうとも知らず、授業参観に出かけて実優に嫌がられるという体たらく。ある日こっそり家計費からくすねたお金を競輪につぎこみ、大当たり。浮かれて帰る途中に交通事故に遭ってしまった。寿々男が目覚めるとそこは「あの世の関所」。これまでの行いを裁判長から指摘され、人生を挽回するために1ヶ月だけ戻れることになった。ただし、猫の姿で。

同名のコミックを原作に「Kis-My-Ft2」の北山宏光さんが初映画主演。あまりにもぐうたらなダメ夫・ダメ父から生まれ変わった(?)トラ猫の着ぐるみで、遺した愛妻と愛娘の幸せのために頑張ります。最初はあんまり頑張ってないんですけどね(笑)。原作の絵とそっくりな北山さんのゆるーい脱力感が、悲劇になりがちなストーリーをあったかい家族愛の作品にしていました。トラさんにいろいろと猫社会の知恵をさずけてくれるのが、飯豊まりえさん演じるお嬢様猫のホワイテスト。この衣装デザインもなかなかです。
猫もの映画は数多くありますが、俳優さんが着ぐるみで猫になってしまうのは記憶にないですね。北山さん飯豊さんの猫っぷりに注目しつつ、家族愛に包まれてください。(白)




売れないアーティスト彼氏をパートタイマー勤務で支える彼女ってゆうカップルがイヤになるほど周りに居るので、この作品設定に私はのめりこみやすかったです、爆。それに、猫が主人公!! 宇宙一、可愛い生き物 それは猫(自由律俳句) その猫に扮する主人公はジャニーズのキスマイ北山さん。私のジャニ歴はSMAPどまりなので、SMAP以降がとんと分からず…キスマイってナニそれ?!状態でしたが…。 死んで猫に生まれ変わっても愛する家族のそばで暮らしたい、だったら生きてるアイダに、どれだけ大切な人たちに愛を捧げられるか…あらためて平凡な日常時間が奇跡的な大切な生活であるかを思い知らされました。
(白)さんは俳優さんの着ぐるみ猫映画が記憶に無い~ と書いてますが 私は去年、六月に公開された犬童一心監督の映画『猫は抱くもの』が記憶に新しいです。 キスマイ北山さんの猫っぷり、ほんと面白くて原作漫画も読みたくなりました。 (千)


(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会
2019年/日本/カラー/シネスコ/91分
配給:ショウゲート
公式 http://torasan-movie.jp/
★2019年2月15日(金)より全国順次ロードショー

posted by shiraishi at 20:29
"トラさん 僕が猫になったワケ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: