2019年02月09日

アクアマン(原題:Aquaman)

aquaman.jpg

監督:ジェームズ・ワン
脚本:デビッド・レスリー・ジョンソン、ウィル・ビール
撮影:ドン・バージェス
美術:ビル・ブルゼスキー
音楽:ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ
出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム)、ドルフ・ラングレン(ネレウス)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(ブラックマンタ)、ニコール・キッドマン(アトランナ)

アーサーは海底王国アトランティスの王女と灯台守の間に生まれたが、母アトランタはアーサーが幼い頃に王国に連れ戻され、父の手で育てられる。逞しい男に成長したある日、赤い髪の美女メラが海からやってきて驚くべきことを告げる。アトランティス帝国の若き王・異父弟のオームが、この地上を侵略してくる。その危機を救うのは、二つの世界を一つにできるアーサーだけだというのだ。アーサーはメラに伴われアトランティスに向かう。高度な文明が発達を遂げた海底では、いくつもの王国が覇を競っていた。

DCコミックスのスーパーヒーロー、アクアマンは『ジャスティス・リーグ』(2017)にも登場していますが、本作は両親の出逢いから子ども時代、そしてアクアマンとして海底と地上で活躍する様を描いています。ハワイ出身のジェイソン・モモアの明るく親しみやすいヒーローと、いかにも若様なパトリック・ウィルソンのオーム、美しくて強いヒロインのアンバー・ハードのメラ、助演の俳優さんも豪華です。
海底王国とキャラクターの造形、衣装、美術が素晴らしくて最初に海底王国に入ったシーンでは、おー!と目を見張ってしまいました。CG満載のアクションもずいぶん観てきましたが、水の中のアクションはまた格別。子ども時代に水族館に行くシーンは、お魚好きな方々は必見です。ご家族そろってお楽しみください。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/143分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & c DC Comics
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/
★2019年2月8日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 12:49
"アクアマン(原題:Aquaman)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: