2019年02月01日

眠る村

nemuru.jpg

監督:齊藤潤一、鎌田麗香
プロデューサー:阿武野勝彦
撮影:坂井洋紀
ナレーション:仲代達矢

昭和36年、三重と奈良にまたがる葛尾村の懇親会でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した。ぶどう酒には農薬が混入しており、6日後奥西勝が逮捕され、犯行を認めた。妻と愛人との三角関係を清算するためと自白。初公判では、自白は強要されたとして奥西は無罪を主張する。一審は無罪となったが、二審では逆転死刑となった。奥西は上告を棄却され、昭和47年死刑が確定する。奥西の母は息子の無罪を信じ、再審を求め続けた。その母も亡くなり、妹が引き継ぐ。奥西は独房生活を続けた挙句、医療刑務所で平成27年死亡。89歳だった。
今もなお多くの謎が残る事件を東海テレビ放送が追う。葛尾村の人々を訪ねて話を聞くのだが・・・。

東海テレビ放送が製作した劇映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(2012)で奥西勝を演じた仲代達矢さんのナレーションでドキュメンタリーが進んでいきます。『約束~』では、樹木希林さんが息子のもとへ通い続ける母・奥西タツノさんを演じていました。
法律では自白だけを理由に有罪とするのは禁じられている」のですが、いったん自白すれば、それを言質に有罪のための証拠固めが行われるだろうことは想像にかたくありません。「疑わしきは被告人の利益に」というのは「一人も冤罪を出してはいけない」という大原則に基づいたもの。それが二審の結果であったでしょう。この事件が冤罪であったなら真犯人・真実はいったいどこに?未解決の事件はあまたありますが、犯した罪を封印して生き続けるにはあまりに重い記憶なのではないでしょうか?(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/96分
配給:東海テレビ放送
(c)東海テレビ放送
http://www.nemuru-mura.com/
★2019年2月2日(土)より東京・ポレポレ東中野にて公開ほか全国順次
posted by shiraishi at 09:40
"眠る村"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: