2021年04月18日

台湾巨匠傑作選2021 侯孝賢監督40周年記念 ホウ・シャオシェン大特集

2021年 4月17日(土)〜 6月11日(金)
新宿K's cinema他順次上映 上映スケジュール

メインビジュアル_台湾巨匠傑作選2021_侯孝賢40周年記念ホウ・シャオシェン大特集s_R_R.jpg


今年の「台湾巨匠傑作選2021」は、2020年に映画監督生活40周年を迎えた侯孝賢監督(ホウ・シャオシェン)の特集上映が行われる。侯孝賢の、監督、主演、プロデュース作品、オリビエ・アサイヤス監督による貴重なドキュメンタリーを含む全22作品が上映される。今回の特集は、同年11月に中華圏映画のアカデミー賞と称される金馬奨の名誉賞(終身成就賞)を受賞したことを記念したもの。また、ホウ・シャオシェン特集のほか、「隠れた名作台湾映画発掘!貴重な未公開映画上映&解説」も開催される。

侯孝賢が主演した「台北ストーリー」.jpg
侯孝賢が主演した「台北ストーリー」(監督エドワード・ヤン)の劇中衣装を洋服店で物色中のヤンと侯孝賢_写真提供:朱天文

上映されるのは、台湾ニューシネマの誕生と表される『坊やの人形』から、世界の映画人から評価された『風櫃(フンクイ)の少年』『冬冬(トントン)の夏休み』『童年往事 時の流れ』といった初期傑作群。89年にベネチア国際映画祭金獅子賞受賞し、中華圏映画初の世界三大映画祭グランプリ受賞の快挙を成し遂げた大作『悲情城市』は、35ミリフィルムでの上映。

監督デビュー2作目『風が踊る』はデジタルリマスター版での披露となり、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』は4Kデジタルリマスター版で劇場初上映。プロデュース作からは、『One Day いつか』(監督:ホウ・チーラン)を日本初上映、今夏劇場公開予定の『日常対話』(監督:ホアン・フイチェン)を特別上映。

『風が踊る』
『風が踊る[デジタルリマスター版]』メイン_R_R.jpg
(C)1982 Kam Sai (H.K.) Company c 2018 Taiwan Film Institute. All rights reserved.

『HHH:侯孝賢』
「HHH:侯孝賢」メイン_R_R.jpg
(C)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

「隠れた名作台湾映画発掘!貴重な未公開映画上映&解説」は、台湾映画コーディネーター・江口洋子さんが選んだ5作品を披露。『大仏+』(監督:ホアン・シンヤオ)、『狂徒』(監督:ホン・ズーシュアン)、『よい子の殺人犯』(監督:ジャン・ジンシェン)、『High Flash 引火点』(監督:ジャン・ジンシェン)、『アリフ・ザ・プリン(セ)ス』(監督:ワン・ユーリン)がラインナップされ、各回上映終了後、江口さんの解説映像を上映する。

『よい子の殺人犯』(最乖巧的殺人犯)
よい子の殺人犯_R.jpg
ⓒ 2019 ANZE PICTURES Co. , Ltd. ALL RIGHTS


『High Flash 引火点』(引爆點)
『High Flash〜引火点』.jpeg
Ⓒ闊世電影股份有限公司

台湾巨匠傑作選2021 侯孝賢監督40周年記念 ホウ・シャオシェン大特集
公式HP 
◆You tube URL

「騒豆花 新宿ミロード店」タイアップ
配給:オリオフィルムズ 提供:竹書房/オリオフィルムズ
配給・宣伝協力:トラヴィス 
協力:竹書房|松竹|ぴあ|熱帯美術館ENGAWA|山形 国際ドキュメンタリー映画祭|アクセスエー|A PEOPLE CINEMA|太秦|ディメンション|華文創股份有限公司|
貴金影業傳媒股份有限公司|時光草莓電影有限公司| 安澤映畫有限公司|闊世電影股份有限公司|蔓菲聯爾創 意製作有限公司|東京国際映画祭|アジアンパラダイス| 台湾映画同好会(順不同)
協賛:騒豆花 新宿ミロード店
後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

posted by akemi at 01:20| Comment(0) | 台湾ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする