2020年12月08日

ハッピー・オールド・イヤー(原題:ฮาวทูทิ้ง..ทิ้งอย่างไรไม่ให้เหลือเธอ英題:Happy Old Year)

happyoldyear_poster.jpg
 
監督・脚本・プロデューサー:ナワポン・タムロンラタナリット
撮影監督:ニラモン・ロス
編集:チョンラシット・ウパニキット
ラインプロデューサー・衣装デザイン:パッチャリン・スラワッタナーポーン
音楽:ジャイテープ・ラールンジャイ
出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、サニー・スワンメーターノン、サリカー・サートシンスパー、ティラワット・ゴーサワン、パッチャー・キットチャイジャルーン、アパシリ・チャンタラッサミー

第15回大阪アジアン映画祭 グランプリ(最優秀作品賞)
第49回ロッテルダム国際映画祭 Voices Main Programme選出
第10回北京国際映画祭 パノラマ部門正式出品
第25回釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema正式出品
第14回アジア・フィルム・アワード 主演女優賞・衣装デザイン賞ノミネート

タイ・バンコク。スウェーデンに留学していたデザイナーのジーンは、帰国後、母と兄のジェーと3人で暮らす自宅のリフォームを思い立つ。かつて父が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルを、北欧で出会った“ミニマルスタイル”なデザイン事務所にしようというのだ。しかし、ネットで自作の服を販売する兄は“ミニマルスタイル”をよく分かっておらず、母はリフォームそのものに大反対!内装屋の親友・ピンクには、年内中に家を空っぽにするよう諭されるが、残された時間は1ヶ月弱…。
家じゅうに溢れかえるモノを片っ端から捨てて “断捨離”をスタートさせるジーン。image雑誌や本、CDを捨て、友人から借りたままだったピアス、レコード、楽器を返して回る。しかし、元恋人エムのカメラ、そして、出て行った父が残したグランドピアノは捨てられず…。いよいよ年の瀬。果たしてジーンはすべてを断捨離し、新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのか?

ジーンがイメージする空間は白が基調になっていて、物が極力排除されてとてもシンプル。確かにこんな部屋に暮らしてみたい。しかし、思い切った断捨離は家族や友人の反感を買うことも。すごく欲しがっていたからプレゼントしたものを、もういらないとあっさりゴミ箱行きにされたら、いい気持ちはしないだろう。また断捨離した人には思い入れがなくても、一緒に暮らす家族にとっては大切なものもある。
私ははっきりいって片づけが苦手。もしかしたら何かで使うかもしれないと、何でもかんでも取って置くところがある。作品を見ていると断捨離もほどほどが大事だと伝わってきて、物を処分できない私を肯定してくれたような気持ちになれた。もちろん物を溜めておくのもほどほどにしておくべきですけれど。。。(堀)


チュティモンはデビュー作『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の天才女子高生が印象的でした。モデルから女優になった人なので、今度の作品のすっきりした立ち姿や着こなしに片鱗が見えます。日本のナチュラル系ファッション誌に出てきそう。
どんどん捨てるジーンでも、大事な人や思い出に繋がるものは捨てにくい。クールに見えた彼女にもそんな面があり、共感を呼びます。
転勤族だったころ2,3年に一度は引っ越し、そのたびに不用品を処分しました。動かなくなったら貯まるのは皮下脂肪と同じ。元々あまりない管理能力を越えると、どこに何があるか把握できず探し物が増える→見つからなくて買う→出てくる→モノが増える。さすがに反省して、自分でリミットを決めました。ほんとに実行できるかが問題。(白)


『ハッピー・オールド・イヤー』を3月の大阪アジアン映画祭で見逃し、グランプリを取ったと聞いて残念に思っていたけど、日本公開が決まって嬉しかった。ナワポン・タムロンラタナリット監督のことは2016年の大阪アジア映画祭『フリーランス』という作品で知った(シネマジャーナル97号で紹介)。これは4日間徹夜仕事をしていたフリーのグラフィックデザイナーの男が病を発症するというような物語だった。主人公を、この作品の主人公ジーンの元恋人役を演じていたサニー・スワンメーターノンが演じていた。
『ハッピー・オールド・イヤー』の主人公もデザイナーで、実家を理想的な事務所にするため、母親の反対を押し切って、モノにあふれた家の“断捨離”を進めてしまう。こだわりなく一度は全てを手放そうとした彼女だったけど、洋服やCD、楽器など捨ててさっぱりするつもりだったのに、友人から借りたままだったモノを返して廻ることになってしまった。友達の反応は千差万別。最初の友達は返してほしいといったけど、ほかの友達は「いまさら」というような反応。なんだかすっぱりと断ち切れなくなってしまった。かつての恋人エム(サニー・スワンメーターノン)から借りたカメラを見つけ、宅急便で送ったけど受け取り拒否で返ってきた。なかなか“断捨離”は進まない。それにしても、贈られたものを返すというようなことは日本では考えられないと思った。タイではそういうのは普通にあるのだろうか。これを観ながら、文化の違いというのも考えた。我が家も大掛かりな“断捨離が必要なんだけど、減るどころか増えるばかり。思い切った策が必要ですね(暁)。


フリーランス監督&俳優.JPG
2016大阪アジア映画祭『フリーランス』上映時 撮影 宮崎暁美
左 ナワポン・タムロンラタナリット監督 右 サニー・スワンメーターノン

2019年/タイ/1:1.5/113分
配給:ザジフィルムズ、マクザム
(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/happyoldyear/
★2020年12月11日(金)シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
posted by ほりきみき at 22:29| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間   原題:นางนอน(ナンノン)英題:The Cave

cave.jpg

監督・脚本・製作:トム・ウォーラー
出演:
ジム(本人):ジム・ウォーニー
コーチ:エクワット・ニラトウォラパンヤー
ボア:ジュンパー・センプロム
プーヤイ:ノパドン・ニヨムカ
エリック(本人):エリック・ブラウン
タン(本人):タン・シャオロン
救急看護師:マギー=アーパー・パーウィライ

2018年6月23日、タイ北部。
地元サッカーチームの少年たちは練習を終え、チームメイトの誕生日を祝うため、チェンライのタムルアン洞窟に遊びにいく。豪雨で洞窟内の水位が急に上がり、洞窟の奥深くに閉じ込められてしまう。そのニュースは瞬く間に世界に広がり、少年たちを救出しようとタイ警察、タイ海軍殊部隊(ネイビーシールズ)や米英豪などの軍隊、そして世界中から経験豊富なケイブ・ダイバーが集結する・・・

2年前のことですが、今も記憶に新しい救出劇。
洞窟入口から4キロも離れた地点でコーチと少年たちが発見されたのは、遭難から9日も経ってのことでした。そして、事故発生から18日目に奇跡的に全員救出! タイ人ダイバーが酸素不足で亡くなるという悲劇もあったことを映画を観て思い出しました。
タイらしいなと思ったのは、伝説の馬番をしていた少年の生まれ変わりという僧侶が駆けつけて、家族や地元の人たちと洞窟の入口で祈り続けた姿。ナンノンの女神を祈る優雅な踊りも登場します。
洞窟から大量の水を排出したために冠水してしまった田んぼの持ち主の女性が、「補償金はいらない、そのお金で少年たちを救って」と言うのも、信心深い仏教徒らしいと思いました。
冒頭、「数名は本人が演じている」と掲げられていて、この補償金を断ったのも本人。
一番印象深かったのが、自社で製造したPVCターボジェットポンプをトラックに積んで遠方から駆け付けたニヨムカ・マリンエンジニアリング社の創業者ノパドン・ニヨムカ。劇中ではプーヤイの名前になっています。在庫がないので、納品先に依頼してポンプをかき集めて持参したのに、洞窟に入る許可がなかなかおりなかった無念な思いを再現しています。
洞窟潜水の専門家で、アイルランドから駆け付け先頭を切って救出に活躍したジム・ウォーニーもご本人。
トム・ウォーラー監督は、タイ・バンコク出身ですが、父はカトリック教徒のアイルランド人で母は仏教徒のタイ人。アイルランドとの縁も、この映画を作る原動力だったのでしょうか。(咲)


ニュースでこの事件を知ったとき、18日ぶりに救出されたという日数に驚いたのですが、ダイバーが潜って助けに行く危険性についてはまったく思いが及びませんでした。この作品を見て、その救出活動がどれほど危険なものだったのか、改めて知ることができました。救出活動に従事した世界各地から集まったダイバーのみなさんに頭が下がる思いです。
その一方で、(咲)さんが書いているように、ターボジェットポンプをトラックに積んで遠方から駆け付けた人がいたのになかなか許可が下りなくて、使ってもらえなかった事実にお役所仕事の緩慢さはどこの国も同じなのかしらと思ってしまったり。でも田畑が冠水した補償金は救助が終わらぬうちに支給手配が始まったことには、日本とは違う迅速さを感じたり。映画は楽しむだけでなく、いろいろなことを知る機会なのですね。(堀)


実際起こった事件の救出劇をこのところ続けて観た。1本はチリ鉱山の落盤事故で地中深くに閉じ込められた33人の救出劇を描いた『チリ33人 希望の軌跡』(パトリシア・リゲン監督)。これは2010年に起きた「コピアポ鉱山落盤事故」を題材にしている。もう1本は2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化した『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』(アンドリュー・ラウ監督)。これは高度1万メートルで飛行機前面の窓ガラスが割れた事故を元にしている。そして一番最近観たのがこの作品『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』。いずれも無事に救出されたから結果はわかって観ているのだけど、観ている最中はハラハラドキドキ。こういう映画が作られるというのは、人間ってハラハラドキドキが好きなのか。この1,2ヶ月の間に続けて観たのでそう思った。心臓に良くないと思いながらも観てしまう。助かってよかったねと思う。そしてニュースでは伝わってこなかったいろいろな事を知る。こんなにもたくさんの国の人たちが救出に加わっていたというのは知らなかった。それにタイの人たちの暖かさ、人情も伝わってきた(暁)。

2019年/タイ・アイルランド/英語・タイ語/104分
配給:コムストック・グループ+WOWOW 
配給協力:REGENTS
公式サイト:http://cave18.jp/
★2020年11月13日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー



posted by sakiko at 03:19| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする