2022年02月06日

オーストリアからオーストラリアへ ふたりの自転車大冒険  原題:Austria2Australia

austoria2australia.jpg
(C)Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman

監督・脚本・撮影・編集:アンドレアス・ブチウマンとドミニク・ボヒス
監修 :マルティナ・アイヒホルン
最終編集:イネス・ヴェーバー
プロデューサー:ヨーゼフ・アイヒホルツァー

オーストリアでIT企業に勤める青年アンドレアス・ブチウマンとドミニク・ボヒスは、大学時代からの友人。二人はオーストリアからオーストラリアまで自転車で走破する旅に出る。海路を除いてその距離 18,000km、訪問国 19 か国、期間にして 11 か月!
ふたりを突き動かしたのは「限界に挑戦したい」というシンプルな情熱と好奇心。
本作は、自転車に積み込んだ小型カメラ2台と、GoPro(ゴープロ)のカメラにドローンで撮った旅の記録。

自転車で冒険旅行に出ると決めた二人。地図を手に取り、いちばん下の右端にあるオーストラリアを目的地に決め、ビザ発行があまり面倒でなさそうな国を通る計画を立てたとのこと。
オーストリアのリンツを出て、東欧などを経由してロシアに入るまでは、毎日、寝場所を探し、食料や水の調達をするのに精一杯であまり映像がありません。ようやく余裕が出来たのかモスクワの赤の広場が映し出されますが、ロシアではビザの有効期間 30 日の間に2500 キロを走破しなくてはならず、地元の人と交流する時間もなかった模様。
vlcsnap-2021-11-23-17h59m08s684 320.jpg

vlcsnap-2021-11-23-18h34m23s404 320.jpg
ロシアからカザフスタンに入ったとたん、知り合った運転手さんの家に招かれ、ご馳走を振舞われ、さらに結婚式にも参加と、イスラーム世界あるあるのおもてなしがさっそく展開。キルギスや中国のカシュガルでも中央アジア風のムスリムのおもてなし。
カシュガルには、1990年代に行ったことがあるのですが、すでに漢民族がじわじわと入ってきていました。ここ数年、ウィグルの人たちの文化が蹂躙されている報道が続いていますが、この映画にはウィグルの人たちの活気ある姿が映し出されていて、もしかしたら貴重な記録になるのではと思ってしまいました。
A2A-000030-00001 320.jpg
次に入ったパキスタンでは、パトカーがすぐ後ろに密着してついてきて、ウザイし怖いと、なんとかまくのですが、また警官たちが現れて、実は心配して見守ってくれていたのだとわかります。その夜は、警官たちはじめ大勢の男の人たちと太鼓と手拍子で踊るというお酒抜きの宴が続きました。私もパキスタンでは町を散策していた時に、好奇心いっぱいの人たちに取り囲まれた経験があるので、これまたあるあるの世界だなぁ~と。
a2a india.jpg
(C)Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman
インドに入り、アムリトサルにあるシク教の黄金寺院で、振舞い料理をいただく場面が出てきました。『聖者たちの食卓』(2011年/ベルギー 監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト)を思い出しました。
ネパールにも行き、その後、ミャンマーのビザが取れず仕方なく飛行機でタイへ。マレーシア経由シンガポールまで走り、飛行機でオーストラリアのパースへ。そこで旅は終わらず、さらに東のブリスベーンまで。 後半は(暁)さんに詳細は譲りますが、途中でやめたくなる苦労もあった自転車の旅。やり遂げた時の爽快感(と脱力感も?)が観ている私たちにも伝わってきました。そも、自転車に乗れないので、とても真似はできませんが、見知らぬ土地の人たちと交流しながらの旅に、いつかまた出たくなりました。コロナがうらめしいです・・・ (咲)


恐らくアンドレアスとドミニクは自転車での旅がここまでハードなものになるとは思っていなかったのではないだろうか。作品の前半は軽口をたたく余裕もあったけれど、次第に自分の決断に迷いが生じてくる。そんな姿もしっかり映し出しているので、2人に感情移入し、他人事には思えなくなってしまう。旅行中にすでにFacebookを通じて発信していたことから、旅先で声を掛けられる場面があり、リアルタイムで知らなかった自分が残念に思えてきた。この旅をやり遂げたアンドレアスとドミニクは今、どんな生活をしているのだろう。もし、また自転車でどこかに行くようなことがあったら、Facebookで追いかけてみたい。(堀)

本当はスタッフ日記のほうに書く予定だったのだけど、もう公開が始まってしまうので、こちらの作品紹介に映画を観ての感想や思ったことを記します。
まずタイトルに惹かれました(笑)。「オーストリア」と「オーストラリア」、昔から紛らわしいと思っていました。オーストリアとオーストラリア、どっちなの?ということ、何度もありました。このオーストリア在住の若者たちがオーストラリアに向けて自転車で旅をする、これは面白そうと思いました。

vlcsnap-2021-11-23-17h32m27s757_R補正_R.jpg

A2A-00027_R補正_R.jpg
カザフスタンの草原

A2A-000055-00018_R補正_R.jpg
チベット

ヨーロッパからロシアに向けての最初は雨が多かったようですが、ロシアを通り抜けカザフスタンに入ってからのからっとした草原の景色を見てほっとしました。11か月にも渡る旅の間、いろいろな人と出会い、二人の関係もぎくしゃくした時もあったようだし、アクシデントも何回も。自転車が壊れたこともありました。でも目標のオーストラリアに向かって走り続けました。その姿がすがすがしかった。パキスタンの部分の詳細は(咲)さんのところに詳しく書かれているけど、最後警官の人たちとの宴会では、思わず大笑いしてしまいました。喧噪のインド、ヒマラヤやカラコルムの山々を眺めながら走り、そしてネパール、マレーシア、シンガポールへ。このアジアの景色は、けっこう映画などで観て来た景色ではあるものの、思わず懐かしくてほっこりしてしまいました。

カラコルム越え?.jpg
カラコルム越え?

オーストラリア1長い146,6㎞直線道路.jpg
オーストラリア1長い146,6㎞直線道路

シンガポールからオーストラリアには飛行機で入国し、オーストラリアの西から東へ横断したものの、入り口の「パース」という地名は語られず。HPの地図にも載っていません。とても残念。なぜこだわるかというと、私が初めて海外旅行に行ったのは1990年でパースでした。そこに移住した友人を訪ねて、友人3人で訪ねました。なのでパースからのこの二人の自転車の旅は、その時のことを思い出させてくれました。舗装された道路の横は大地の赤い土の色がずっと続いていたのですが、同じようにそれが映されていました。まっかな大地の色にびっくりしたことを覚えています。そして二人が通った砂漠の砂の色が真っ白でびっくりしました。映画を観終わってから、ふと数日前にTVで見た「NHK ブラタモリ」の「南紀白浜」の回で、「白浜の白い砂はオーストラリアから輸入したものがある」と言っていたのを思いだしました。もしかしたら、この砂漠の砂かもと思って調べてみたら、たぶんそのようでした。それほど印象的な真っ白な砂漠が続いていました。そしてたどりついた最終目的地ビリズベン。ちなみにそのパースに移住した友人はオーストラリアに帰るオーストラリア人と一緒に行ったのですが、この二人とは逆に、東のシドニーからパースへ(つまり東から西へ)車で約6000㎞移動したそうです。途中たくさんの野生のカンガルーにも会ったと言っていました。

道路の脇は赤い大地.jpg
道路の脇は赤い大地

真っ白な砂漠を行く.jpg
真っ白な砂漠を行く

それにしても自転車でこの旅を続けるという、難しいけど素晴らしい冒険旅行。そしてそれを記録し映画にしたということは、撮影機材が小型化したこの時代だからできたことだし、この新型コロナが広がる前だからできたこと。絶妙なタイミングだったということですね。映画公開という意味ではこのくらいの長さがいいのかもしれませんが、通った土地の映像がもう少しある長いバージョンも観てみたいな(暁)。
 写真クレジット © Aichholzer Film 2020

2020 年/オーストリア/ドイツ語/カラー/デジタル/16:9/88 分
日本版字幕:吉川美奈子
© Aichholzer Film 2020
日本公開後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
公益財団法人日本サイクリング協会
提供・配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/austria2australia/
★2022年2月11日(金祝)ヒューマントラストシネマ有楽町&アップリンク吉祥寺他全国順次公開‼


posted by sakiko at 01:50| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

ユダヤ人の私   原題:Ein judisches Leben  英題:A Jewish Life

yudayajin.jpg
(C)2021 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

監督:クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー、クリスティアン・ケルマー、ローランド・シュロットホーファー
製作:ブラックボックスフィルム&メディアプロダクション

終戦から74年間 悪夢を語り続けたホロコースト生存者マルコ・ファインゴルト氏の最後の警鐘。

ゲッベルスの秘書ブルンヒルデ・ポムゼルの証言を記録した『ゲッベルスと私』(2018年 岩波ホール公開)の【ホロコースト証言シリーズ】第2弾。

ユダヤ人のマルコ・ファインゴルトは1939年に逮捕され、アウシュヴィッツを含む4つの強制収容所に収容される。終戦後は、10万人以上のユダヤ人難民をパレスチナへ逃がし、自らの体験とナチスの罪、そしてナチスに加担した自国オーストリアの責任を、70年以上訴え続けた。本作はマルコの数奇な人生を通じ、反ユダヤ主義がどのように広まりホロコーストに繋がったか世界初公開のアーカイヴ映像を交えながら映し出す貴重なドキュメンタリー。“国家と人は過去の過ちを忘れている”と語るマルコのインタビューは、過去と地続きにある現在に警鐘を鳴らす。

マルコ・ファインゴルト(1913-2019)
1913年にハンガリーで生まれウィーンで育つ。小学校の教師が反ユダヤ主義者だったため登校を拒否する。1938年、ビジネスで滞在していたイタリアから一時帰国すると、アンシュルス(ドイツ=オーストリア合併)によって反ユダヤ主義が急速に広まる。1939年、ゲシュタポに逮捕され、1945年まで4つの強制収容所に収容される。終戦後はユダヤ人難民の人道支援と公演活動に取り組む。オーストリアのユダヤ人協会代表を務め、その功績に多くの栄誉ある章が与えられる。2019年9月19日にその生涯を閉じる。享年106歳。

ファインゴルト氏の語る中で、一番気になったのが、「ブーヘンヴァルトに収容されていた28カ国の囚人のなかで、祖国から迎えが来なかったのはオーストリア人だけだった」という言葉でした。28カ国からユダヤ人を連行してきたことにも驚きましたが、なぜオーストリア人だけ?と疑問に思った次第です。
オーストリアといえば、ヒトラーの出身地。プレス資料などで確認してみたところ、「反ユダヤ主義はドイツ人が持ち込んだものではなく、オーストリアで何世紀にもわたって培われ、カトリック教会がそれを後押ししたのです」というフロリアン・ヴァイゲンザマー監督の言葉がありました。実に、オーストリア国民の90%が反ユダヤ主義! ヒトラーの反ユダヤ主義もそのような環境だったからこそ根付いたのでしょう。
ユダヤ人生存者128人のウィーン帰還を阻止したのは、臨時政府首相から戦後初代大統領となった社会民主主義者カール・レンナー。ファインゴルト氏は、ウィーンの家に戻ることができず、収容所に戻されるのを恐れ、ザルツブルクで列車を降り、そのままそこで生涯をおくっています。ユダヤ人というだけで、財産も故郷も家族も奪われたファインゴルト氏。一方で、戦後、ユダヤ人のためにできた国イスラエルが、パレスチナ人を今も蹂躙しているという状況があります。私たちはますます不寛容になる社会に何をできるかを考えないといけないと強く思いました。(咲)



★公開初日監督舞台挨拶
11月20日(土)岩波ホール13:00からの回上映後
11月27日(土)第七藝術劇場15:55からの回上映後
クレーネス監督、ヴァイゲンザマー監督の舞台挨拶(zoom)


2021年/オーストリア映画/114分/16:9、4:3/モノクロ
日本語字幕:吉川美奈子
配給:サニーフィルム
協力:オーストリア文化フォーラム東京
公式サイト:https://www.sunny-film.com/shogen-series
★2021年11月20日(土)岩波ホール他全国順次公開




posted by sakiko at 16:26| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

犬は歌わない 原題:Space Dogs

inuwa utawanai.jpg

監督・プロデューサー: エルザ・クレムザー&レヴィン・ペーター
ナレーション: アレクセイ・セレブリャコフ
撮影監督:ユヌス・ロイ・イメル
音楽:ピーター・サイモン&ジョナサン・ショア
編集:ヤン・ソルダット、ステファン・ベヒャンガー

世界で初めて宇宙に飛んだ犬のライカの魂は、今もモスクワの街を彷徨っている・・・

1950年代、東西冷戦の時代。ソビエト連邦は宇宙開発に向けて様々な実験を繰り返していた。その中の一つがスペース・ドッグ計画。世界初の“宇宙飛行犬”として飛び立ったライカは、かつてモスクワの街角を縄張りにする野良犬だった。宇宙開発に借り出された彼女は宇宙空間に出た初の生物であり、初の犠牲者となった。時は過ぎ、モスクワの犬たちは今日も苛酷な現実を生き抜いている。そして街にはこんな都市伝説が生まれていた"ライカは霊として地球に戻り、彼女の子孫たちと共に街角をさまよっている"
本作は宇宙開発、エゴ、理不尽な暴力、犬を取り巻くこの社会を宇宙開発計画のアーカイブと地上の犬目線で撮影された映像によって描き出す、モスクワの街角と宇宙が犬たちを通して交差する新感覚のドキュメンタリー映画。

初めて宇宙に飛んだのが、ワンちゃんだったと聞いたのは小学生の時のことでした。米ソが競って宇宙開発をしていた時代です。ソ連は犬を、アメリカはチンパンジーを最初の宇宙飛行の実験台に選びました。
本作で、選ばれた野良犬たちが、飛行前に様々な実験をされる光景を目にして、なんとまぁ気の毒なと胸が痛みました。
人間の宇宙飛行が可能かどうか検証するために、「スペース・ドッグ計画」として、宇宙に飛んだ犬はライカに続き数十匹。犬は飼い主に情を抱くもの。最初は野良犬でも、訓練しているうちに、訓練にあたっている人たちに親しみを感じていったに違いありません。引き離されて、狭い宇宙船に閉じ込められたワンちゃん。どれほど寂しくて不安な思いをしたことでしょう・・・ 犬権無視の宇宙開発があって、人類が宇宙に飛ぶことができたことを忘れてはならないと思いました。
一方で、現在のモスクワ。街をたむろする野良犬たち。ご先祖さまは、もしかしたら宇宙開発を支えたかもしれません。
5月28日から公開されている日露合作映画『ハチとパルマの物語』は、ソ連にもハチ公のような忠犬がいた実話をもとに描いた物語。先行公開されたロシアで大ヒット。犬がいかに人間に忠実なのかを再認識して野良犬にも接したいものですね。(咲)


人間より前に犬が宇宙に行っていたことを本作で初めて知りました。宇宙に行くとなると大変なんですね。4月に公開された『約束の宇宙』で宇宙飛行士の訓練の様子を見て、そのハード内容に驚きましたが、本作の犬たちはその比ではない気がします。肉体的にも傷つけられ、見ているのが辛い。
そんな過去の映像と並行して映し出されるのが、現在のモスクワの野良犬たち。本能で生きている彼らの姿に恐怖すら感じる。途中、野良犬が猫を襲う。しかし、食べるのではなく、弄ぶだけ。猫がかわいそうと思った瞬間、同じことを人間は野良犬にしてきたのではないかと気づいた。(堀)


初めて宇宙旅行をした犬、ライカのことを映画の中で描いたスウェーデン映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』が日本公開されたは1985年。この映画は衝撃的でした。今もあの地球軌道を周回している浮遊感と犬のシーンが目に浮かびます。実際の打ち上げは1957年のことです。すでに60年以上の時が経ちました。そして現代のモスクワ。今も野良犬は街を動きまわっている。
犬のドキュメンタリーなのに、物語がありライカの話とリンクしている不思議。まさにドキュドラマ的な作品だった。今も昔も、人間と犬の関係は変わらないということが描かれていた(暁)。


2019年/オーストリア・ドイツ/91分/カラー・モノクロ/DCP
配給:ムーリンプロダクション
公式サイト:https://moolin-production.co.jp/spacedogs/
★2021年6月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国劇場公開



posted by sakiko at 13:40| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン(原題:Der Trafikant)

17sai.jpg

監督:ニコラウス・ライトナー
原作:ローベルト・ゼーターラー「キオスク」(東宣出版/酒寄進一 訳)
脚本:クラウス・リヒター ニコラウス・ライトナー
音楽:マシアス・ウェバー
出演:ジーモン・モルツェ(フランツ・フーヘル)、ブルーノ・ガンツ(ジークムント・フロイト)、ヨハネス・クリシュ(オットー)、エマ・ドログノヴァ(アネシュカ)

1937年 ナチス・ドイツが台頭してきたオーストリア。フランツはアッター湖のほとりで母親と暮らしてきた。17歳になっても仕事のない彼を心配した母親は、ウィーンに住む古い知り合いを頼るよう送り出す。元軍人のオットーが営むタバコ店(キオスク)で、住み込みの見習いとして働くことになっていた。仕事を覚える日々の中、常連のひとり“頭の医者”として知られるフロイト教授と話すようになった。田舎から来たばかりの純朴なフランツに、教授は「人生を楽しみ恋をするよう」勧める。その言葉に従って町に出たフランツは謎めいた年上のアネシュカに一目惚れしてしまう。初めての恋に戸惑うフランツに、教授はいくつか助言を与える。しかしドイツとオーストリアの併合準備が進み、小さなキオスクも激動の波に巻き込まれていく。

ドイツとオーストリアの併合は翌年3月のこと。じわじわとナチ色が浸透してきて、反対するもの、賛成するものに分かれてのいざこざやナチの弾圧も背景に見せています。そんな不穏な時代に生まれ合わせてしまったフランツの、甘くほろ苦い恋と成長の物語に、実在の人物であるフロイト教授が登場します。教授じきじきのお悩み相談とはなんと贅沢でしょう!教授の指南でフランツが書き残す夢のシーンも幻想的で素敵。
ブルーノ・ガンツは『ヒトラー 最期の12日間』(2004)でヒトラー役でした。本作では迫害を受けるユダヤ人、亡命するフロイト教授役です。その物腰もまなざしも思慮深く若者を思う優しさがにじみ出ていて、さすがです。2019年に亡くなってしまい残念ですが、この遺作は観客の心に刻まれるはず。
フランツ役のジーモン・モルツェ、ボヘミア少女のエマ・ドログノヴァはお初ですが、次の作品を期待してしまう若手。オットー役のヨハネス・クリシュはじめ、脇の方々もあの時代を背景に生きている存在感あり、オーストリア、ドイツで作られて良かったと思いました。原作者のローベルト・ゼーターラーは作家、脚本家、俳優といくつもの顔があるそうですが、エンドロールを観ていたらキャストの中にお名前があったんです。いったいどの役だったのでしょう?(白)


母親のパトロンが湖で事故死して、ウィーンのタバコ屋で働くことになったフランツ。毎日のように母親に宛てて絵葉書を書く孝行息子です。常連客の「頭の中身を治してくれる」フロイト教授。「本を読んで勉強する」というフランツに、「女の子と親しくなって好きなことをしろ」と処方します。ユダヤ人のフロイト教授とカフェに入ったときに、奥の見えない席に案内され、ひしひしとナチの力がウィーンに浸透しているのを感じます。
タバコ屋の店主オットー(ヨハネス・クリシュ)もまた、フランツを導いてくれる人物。「タバコ屋は味わいと快楽を売る店。秘密厳守」と、こっそりエロ本を売る一方、ナチ党の新聞は決して扱わない。アカもユダヤ人も大事なお客、「心の自由なくして民族の自由なし」とドアに掲げる気骨のある人物です。それ故、「ユダヤ人御用達」と烙印を押され、ついに秘密警察に連れ去られます。戦争で片足を失ったオットーの必需品である松葉杖が店に残されていて、フランツが届けに行く姿にほろりとさせられます。
ナチ・ドイツのオーストリア併合という激動の時代に、17歳のフランツがフロイトや店主との出会いによって大人へと成長していく、瑞々しい物語。
原題『Der Trafikant』は、「タバコ屋」ですが、邦題の『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』、なかなか素敵です。(咲)



2018年/オーストリア、ドイツ合作/カラー/113分/R15 
配給:キノフィルムズ
© 2018 epo-film, Glory Film
http://17wien.jp/
★2020年7月24日(金・祝)Bunkamuraル・シネマほか全国公開

posted by shiraishi at 20:44| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

アングスト 不安 ( 原題:Angst 英題:FEAR )

15930130230790.jpg

監督:ジェラルド・カーグル
撮影・編集:ズビグニェフ・リプチンスキ
音楽:クラウス・シュルツ

実在の殺人鬼、ヴェルナー・クニーセクが起こした一家惨殺事件を映画化した衝撃作。1980年にオーストリアで実際にあった事件を基に、刑務所出所後に凶行に及んだ主人公の行動に肉薄する。『アンダーワールド』などのアーウィン・レダーが殺人鬼にふんし、ジェラルド・カーグル監督がメガホンを取る。1983年公開当時、あまりにも衝撃的な内容のため本国では1週間で上映打ち切りになった。

このような大傑作が製作から37年の時を経て日本初公開されたことは全くもって喜ばしい。余程の過激内容かと思いきや、終始上品な話法に徹し、撮影、照明、劇版ともスタッフワークの見事さに唸り、主人公の独白によって紡がれるアイデアに眼を見張らされた。
各国で上映禁止、ビデオ発売もNG、米国では“XXX指定”となり配給会社が逃亡…といった問題作の烙印が押されたのは、恐らくキリスト教的倫理観に照らしての”禁忌”場面が含まれているせいではないだろうか。幼少期にサディストと診断され、その後の行為について、オーストリアに実在した犯人ベルナー・クニーセクの過去として成育歴を紹介するのは致し方ないことだ。
中盤以降の殺害場面に於ける”死と欲望”の成立は、宗教的倫理観を前提とするならば受け容れ難いだろう。だが、本作は決して扇情、劣情を刺激する表現を用いていない。乾いた冷静なタッチで綴られる。
冒頭から手持ちカメラが醸し出す不穏な空気 。説明は一切ない。ニュース映像により淡々と事実が明かされる。動機は不明、無自覚な犯罪傾向。私生児の出自により預けられた修道院では体罰が容認されていた。修道院を追い出されてからの犯罪に関し、主人公の独白が続く。

終盤まで緊張を保つ演出力は生半可ではない。監督は本作が唯一の作品であるジェラルド・カーグル。元「タンジェリン・ドリーム」のクラウス・シュルツによる劇版は金属音のように響き、主人公の歩調や鼓動とスピードを同じくする。殺人に至るまでの高まる緊張…。殺害場面も凡百な映像表現には留まらない。人はなかなか死なないものだ。殺害時、アップになるのは犯人の顔である。苦しんでいるように見えるのは殺害者のほうなのだ!かといって、カーグル監督は決して犯行を容認しているわけではない。殺人鬼の映画を”心理劇”として描きたかったであろうことが分かる。

主人公ベルナー・クニーセク役は『U・ボート』『アンダーワールド』などで強烈な印象を残したエルウィン・レーダー。ベルナー・クニーセクが憑依したかの如き鬼気迫る名演に魂が揺さぶられるようだった。本作が血ドバーッのスリラーやホラーと一線を画したのは、レーダー、カーグル監督及びスタッフ陣の”品性”が高潔だったからに他ならない。聖と俗をめぐる懊悩。それでも生き続けねばならない犯人の苦しみを美的に昇華した本作は今年一番の必見作だ。
ただ、人によっては心的外傷を及ぼす可能性もあるため、鑑賞の際には十分に熟慮の上で、とお伝えしたい。(幸)


1983年製作/87分/R15+/オーストリア/カラー/ビスタサイズ
配給:アンプラグド
(C) 1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion
公式サイト: http://angst2020.com/
★7月3日(金)からシネマート新宿ほか全国順次公開★
posted by yukie at 00:40| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする