2020年07月22日

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン(原題:Der Trafikant)

17sai.jpg

監督:ニコラウス・ライトナー
原作:ローベルト・ゼーターラー「キオスク」(東宣出版/酒寄進一 訳)
脚本:クラウス・リヒター ニコラウス・ライトナー
音楽:マシアス・ウェバー
出演:ジーモン・モルツェ(フランツ・フーヘル)、ブルーノ・ガンツ(ジークムント・フロイト)、ヨハネス・クリシュ(オットー)、エマ・ドログノヴァ(アネシュカ)

1937年 ナチス・ドイツが台頭してきたオーストリア。フランツはアッター湖のほとりで母親と暮らしてきた。17歳になっても仕事のない彼を心配した母親は、ウィーンに住む古い知り合いを頼るよう送り出す。元軍人のオットーが営むタバコ店(キオスク)で、住み込みの見習いとして働くことになっていた。仕事を覚える日々の中、常連のひとり“頭の医者”として知られるフロイト教授と話すようになった。田舎から来たばかりの純朴なフランツに、教授は「人生を楽しみ恋をするよう」勧める。その言葉に従って町に出たフランツは謎めいた年上のアネシュカに一目惚れしてしまう。初めての恋に戸惑うフランツに、教授はいくつか助言を与える。しかしドイツとオーストリアの併合準備が進み、小さなキオスクも激動の波に巻き込まれていく。

ドイツとオーストリアの併合は翌年3月のこと。じわじわとナチ色が浸透してきて、反対するもの、賛成するものに分かれてのいざこざやナチの弾圧も背景に見せています。そんな不穏な時代に生まれ合わせてしまったフランツの、甘くほろ苦い恋と成長の物語に、実在の人物であるフロイト教授が登場します。教授じきじきのお悩み相談とはなんと贅沢でしょう!教授の指南でフランツが書き残す夢のシーンも幻想的で素敵。
ブルーノ・ガンツは『ヒトラー 最期の12日間』(2004)でヒトラー役でした。本作では迫害を受けるユダヤ人、亡命するフロイト教授役です。その物腰もまなざしも思慮深く若者を思う優しさがにじみ出ていて、さすがです。2019年に亡くなってしまい残念ですが、この遺作は観客の心に刻まれるはず。
フランツ役のジーモン・モルツェ、ボヘミア少女のエマ・ドログノヴァはお初ですが、次の作品を期待してしまう若手。オットー役のヨハネス・クリシュはじめ、脇の方々もあの時代を背景に生きている存在感あり、オーストリア、ドイツで作られて良かったと思いました。原作者のローベルト・ゼーターラーは作家、脚本家、俳優といくつもの顔があるそうですが、エンドロールを観ていたらキャストの中にお名前があったんです。いったいどの役だったのでしょう?(白)


母親のパトロンが湖で事故死して、ウィーンのタバコ屋で働くことになったフランツ。毎日のように母親に宛てて絵葉書を書く孝行息子です。常連客の「頭の中身を治してくれる」フロイト教授。「本を読んで勉強する」というフランツに、「女の子と親しくなって好きなことをしろ」と処方します。ユダヤ人のフロイト教授とカフェに入ったときに、奥の見えない席に案内され、ひしひしとナチの力がウィーンに浸透しているのを感じます。
タバコ屋の店主オットー(ヨハネス・クリシュ)もまた、フランツを導いてくれる人物。「タバコ屋は味わいと快楽を売る店。秘密厳守」と、こっそりエロ本を売る一方、ナチ党の新聞は決して扱わない。アカもユダヤ人も大事なお客、「心の自由なくして民族の自由なし」とドアに掲げる気骨のある人物です。それ故、「ユダヤ人御用達」と烙印を押され、ついに秘密警察に連れ去られます。戦争で片足を失ったオットーの必需品である松葉杖が店に残されていて、フランツが届けに行く姿にほろりとさせられます。
ナチ・ドイツのオーストリア併合という激動の時代に、17歳のフランツがフロイトや店主との出会いによって大人へと成長していく、瑞々しい物語。
原題『Der Trafikant』は、「タバコ屋」ですが、邦題の『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』、なかなか素敵です。(咲)



2018年/オーストリア、ドイツ合作/カラー/113分/R15 
配給:キノフィルムズ
© 2018 epo-film, Glory Film
http://17wien.jp/
★2020年7月24日(金・祝)Bunkamuraル・シネマほか全国公開

posted by shiraishi at 20:44| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

アングスト 不安 ( 原題:Angst 英題:FEAR )

15930130230790.jpg

監督:ジェラルド・カーグル
撮影・編集:ズビグニェフ・リプチンスキ
音楽:クラウス・シュルツ

実在の殺人鬼、ヴェルナー・クニーセクが起こした一家惨殺事件を映画化した衝撃作。1980年にオーストリアで実際にあった事件を基に、刑務所出所後に凶行に及んだ主人公の行動に肉薄する。『アンダーワールド』などのアーウィン・レダーが殺人鬼にふんし、ジェラルド・カーグル監督がメガホンを取る。1983年公開当時、あまりにも衝撃的な内容のため本国では1週間で上映打ち切りになった。

このような大傑作が製作から37年の時を経て日本初公開されたことは全くもって喜ばしい。余程の過激内容かと思いきや、終始上品な話法に徹し、撮影、照明、劇版ともスタッフワークの見事さに唸り、主人公の独白によって紡がれるアイデアに眼を見張らされた。
各国で上映禁止、ビデオ発売もNG、米国では“XXX指定”となり配給会社が逃亡…といった問題作の烙印が押されたのは、恐らくキリスト教的倫理観に照らしての”禁忌”場面が含まれているせいではないだろうか。幼少期にサディストと診断され、その後の行為について、オーストリアに実在した犯人ベルナー・クニーセクの過去として成育歴を紹介するのは致し方ないことだ。
中盤以降の殺害場面に於ける”死と欲望”の成立は、宗教的倫理観を前提とするならば受け容れ難いだろう。だが、本作は決して扇情、劣情を刺激する表現を用いていない。乾いた冷静なタッチで綴られる。
冒頭から手持ちカメラが醸し出す不穏な空気 。説明は一切ない。ニュース映像により淡々と事実が明かされる。動機は不明、無自覚な犯罪傾向。私生児の出自により預けられた修道院では体罰が容認されていた。修道院を追い出されてからの犯罪に関し、主人公の独白が続く。

終盤まで緊張を保つ演出力は生半可ではない。監督は本作が唯一の作品であるジェラルド・カーグル。元「タンジェリン・ドリーム」のクラウス・シュルツによる劇版は金属音のように響き、主人公の歩調や鼓動とスピードを同じくする。殺人に至るまでの高まる緊張…。殺害場面も凡百な映像表現には留まらない。人はなかなか死なないものだ。殺害時、アップになるのは犯人の顔である。苦しんでいるように見えるのは殺害者のほうなのだ!かといって、カーグル監督は決して犯行を容認しているわけではない。殺人鬼の映画を”心理劇”として描きたかったであろうことが分かる。

主人公ベルナー・クニーセク役は『U・ボート』『アンダーワールド』などで強烈な印象を残したエルウィン・レーダー。ベルナー・クニーセクが憑依したかの如き鬼気迫る名演に魂が揺さぶられるようだった。本作が血ドバーッのスリラーやホラーと一線を画したのは、レーダー、カーグル監督及びスタッフ陣の”品性”が高潔だったからに他ならない。聖と俗をめぐる懊悩。それでも生き続けねばならない犯人の苦しみを美的に昇華した本作は今年一番の必見作だ。
ただ、人によっては心的外傷を及ぼす可能性もあるため、鑑賞の際には十分に熟慮の上で、とお伝えしたい。(幸)


1983年製作/87分/R15+/オーストリア/カラー/ビスタサイズ
配給:アンプラグド
(C) 1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion
公式サイト: http://angst2020.com/
★7月3日(金)からシネマート新宿ほか全国順次公開★
posted by yukie at 00:40| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

グリーン・ライ エコの嘘(原題:The Green Lie)

green lie.jpg

監督:ヴェルナー・ブーテ 
脚本:ヴェルナー・ブーテ、カトリン・ハートマン
出演:ヴェルナー・ブーテ、カトリン・ハートマン、ノーム・チョムスキー、ラージ・パテル、ヴィンセント・ハンネマン、ディーン・ブランチャード、スコット・ポーター、ソニア・グァジャジャラほか
制作:e&a film

スーパーで見かける「環境に優しい」商品。買うだけで野生動物や熱帯雨林が救えるというが本当だろうか?真実が知りたくなったブーテ監督は、世界一周航空券を買い、専門家と共に実態を探る旅に出発する。まず向かったのは、パーム油の生産量世界一のインドネシア。数日前まで熱帯雨林だったがパーム油農園を拡大するため、焼き尽くされた土地を訪れた監督は惨状に絶句する。どうすれば環境破壊をせずに済むのか?買わないことなのか?正しい消費の選択をすることなのか?

ブーテ監督と一緒に旅したのはジャーナリストでグリーンウォッシング専門家のカトリン・ハートマン。まず「グリーンウォッシング」とは何ぞや?と調べました(下記)。ハートマン女史は、いかにも「エコの仮面」をつけた嘘つき商品や会社を見つける仕事をしているようです。スーパーの棚に並んだあらゆる商品の裏のラベルを見ると(老眼には辛い)何が使われているかわかります。最近よく耳にする「サスティナビリティ=持続可能な」とついたパーム油の表示がたくさんありました。そこでインドネシアに向かいます。全体の8割がインドネシアとマレーシアで生産されているのです。
パーム油の生産は、かの国に労働と賃金をもたらした代わりに、多くの熱帯雨林が破壊されました。それは国だけでなく地球にとっても大変なのだとわかるのは後のこと。二人はさらに他の国を周り、企業の実態を調べ、解決方法はないかと学者を訪ねていきます。
私が10数年前にマレーシアに行ったとき、飛行機の窓から延々と******の連なる土地が見えて、何かと思えばそれがパーム椰子でした。上から見ると「*」なんです。
映画の中に「お金、お金、お金ばかり!」と吐き捨てる人が登場していました。あの「*」が「$」に見えた人も多かったのでしょう。今きっと後悔しているはず。(白)


この作品で初めてパーム油を知りました。そして、日本の食品表示では「植物油脂」と書くだけで「パーム油」と書く必要がないことも。「パーム油って聞いたことないから、私には関係ない」と初めは気楽に考えていましたが、きっとたくさんたくさん使っているのだと思います。しかし、パーム油を使っているかどうかは確かめる術はないらしい。困ったものです。しかし、この作品を見ることでパーム油の現状を知ったのだから、見てよかったと言えるでしょう。
また、パーム油以外のことに触れています。メキシコ湾の原油流出事故の際に、石油を掘削していたBP社は流出したオイルを除去する替わりに有毒な石油分散剤を使って海底に沈めました。これが非常に有毒な油塊(タールボール)として海岸に打ち上げられます。素手で触ると危険らしい。見た目だけで自己の責任を取ったと主張するBP社に企業としてのエゴを感じずにはいられません。(堀)


2018年/オーストリア/カラー/97分/
配給:ユナイテッドピープル 宣伝:スリーピン
©e&a film
http://unitedpeople.jp/greenlie/
★2020年3月28日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
※シアターイメージフォーラムは4月8日(水)から5月6日(水)は休館予定
劇場情報はこちらでご確認ください。
http://unitedpeople.jp/greenlie/scr

=wikiより=グリーンウォッシング(greenwashing)は、環境配慮をしているように装いごまかすこと、上辺だけの欺瞞(ぎまん)的な環境訴求を表す。 安価な”漆喰・上辺を取り繕う"という意味の英語「ホワイトウォッシング」とグリーン(環境に配慮した)とを合わせた造語。

*参考*
サステナビリティ・ESG(環境・社会・ガバナンス)投資のニュースサイト
「サステナビリティジャパン」はこちら

サステナビリティはよく聞く言葉「ロハス」の「ス」です。健康と「持続可能な」社会に配慮したライフスタイルを意味する造語。
英語の頭をとったものです。
ロ (Lo)=Lifestyle of、ハ(Ha)=Health and、ス (S)=Sustainability

posted by shiraishi at 19:41| Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする