2020年11月20日

ホモ・サピエンスの涙(英題:ABOUT ENDLESSNESS/原題:OM DET OÄNDLIGA)

homosapi.jpg
 
監督・脚本:ロイ・アンダーソン
撮影:ゲルゲイ・パロス
出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム

銀行が信じられず貯めたお金をベッドに隠している男性。この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影。悲しみと喜びを繰り返す人類の姿を、愛と希望を込めた優しい視点で映し出す。
第76回ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞(最優秀監督賞)

学生時代の友人に無視された男性、神を見失った牧師、診療を放棄した歯科医は複数シーンに登場しますが、基本的には繋がりのない人たちの人生のワンシーンを切り取って繋げた76分。どのシーンの登場人物も何か問題を抱えており、カメラはそれを一歩引いた視点で淡々と映し出します。
軍隊の行進シーン以外はすべて監督が所有する巨大な制作スタジオ〈Studio24〉で、一からセットを組み、撮影されました。ミニチュアの建物やマットペイント(背景画)を多用し、アナログにこだわった手法がとられています。雨の中で父親が子供の靴紐を結ぶシーンも屋外ではなく、スタジオ内で撮られたそう! 180 メートルのプラスチックパイプに1万5千個の穴を開けて雨を降らせ、雨の降る土の地面にも、雨が不規則に降り落ちで出来た雨跡をペイントで表現したというから驚きです。
(メイキング映像はこちらでご覧になれます)
https://www.youtube.com/watch?v=q12oZ9mQ-BM

また、いくつかの絵画に影響を受けており、マルク・シャガールの「街の上で」、ククルイニクスイの「The end」、イリヤ・レーピンの「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」は構図がそっくりのシーンがあるので、比較してみるとおもしろいでしょう。(堀)


ロイ・アンダーソン監督の綴る不思議世界。でも、一つ一つのエピソードが、世界のどこかで今もありそうだったり、誰かが夢で見ていそうだったり、自分にも思い当たるものだったりします。中には突拍子のない話もあるのですが、それも人間?!
原題にある“oändliga(無限)”は、人間の存在についての“果てしなさ”を示しているのだそうです。生きていれば、喜怒哀楽さまざまなことが降りかかってきます。絶望から立ち上がることが出来そうになくても、長い道の先には光が見えると信じたいのが人間でしょうか・・・ (咲)


2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ
配給:ビターズ・エンド 
©Studio 24
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/homosapi
★2020年11月20日(金)ロードショー
posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

ブリット=マリーの幸せなひとりだち ( 原題:Britt-Marie var her)

15942170225680.jpg

監督:ツヴァ・ノヴォトニー
原作:フレドリック・バックマン
出演:ペルニラ・アウグスト、ランスロット・ヌベ、ヴェラ・ヴィタリ、ペーター・ハーバー、オッレ・サッリ、アンデシュ・モッスリング

スウェーデンに住む専業主婦ブリット=マリー(ペルニラ・アウグスト)は、40年にわたって夫を支えてきた。ある日、出張先で夫が倒れたという知らせを受けて病院に駆けつけると、長年の愛人が付き添っていた。家を出たブリット=マリーは、これまでほとんど働いたことがなかったが、小さな町でユースセンターの管理人兼子供たちのサッカーチームのコーチの仕事に就く。

2016年に公開されたスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』に魅了された映画ファンは多いだろう。同じ原作者による小説「ブリット=マリーはここにいた」(原題)の映画化である本作は、”おじいさん”を主役とした前作の女性版…ではない。ノスタルジックな場面に多く割かれていた前作と違い、63歳・専業主婦40年の主人公は未来に向かって歩み出す。強い意思を示した原題は、本作の内容を巧みに表現している。

税金の高いスウェーデンでは滅多に成立することがないという”専業主婦”。ブリット=マリーの40年間変わらないルーティンを示す冒頭場面の描写が圧倒的に面白い!朝6時に起床、朝食後に夫を送り出す。整然と並べられたカトラリー。「物は在ったところに仕舞うものよ。家は誰が見ても美しいものでなければ」と哲学を独白しながら家事をこなすブリット=マリーの動きには無駄がない。
夕食はきっかり6時、夫もそれに合わせて帰宅するが、彼が何より優先するのはサッカー。人生の一部といより”全て”なのだ。こうした極めてルーティン化した生活が、「誰かが家具を動かしたら何かが出てきちゃった」ように劇的な変化を迎える事態が起こる。

そんな時も、家事をこなす調子と同様に顔色一つ変えず、決然とした行動に出るブリット=マリー。観客は一気に主人公へ肩入れをしたくなる。ここまで約10分程の淡々とした流れを作り出す女優出身監督ツヴァ・ノヴォトニーの演出は抜群だ。冒頭の丁寧な描写を漏らさず観ていた観客は、中盤以降ブリット=マリーに押し寄せる怒涛の人生に俄然興味を引かれるに違いない。
主演のペルニラ・アウグストは、『愛の風景』や『スター・ウォーズ』のスカイウォーカー母で知られるスウェーデンの国民的女優。男優は英国、女優はスウェーデンに限る!という私見を持つ身としては、アウグストの非の打ち所がない名演を堪能できたことが幸せだった。
シンプルな北欧家具、街並みの整然さが、一気に混沌へと変わる様も興味深い秀作である。(幸)


(幸)さんがブリット=マリーが家を出るまでにスポットをあてているので、私はその先を。
ブリット=マリーはずっと専業主婦をしてきたので、家を出ると収入がありません。しかも63歳。しかし、夫の自宅での楽しみがサッカー観戦だったことをブリット=マリー「人生の大半をサッカーに費やした」と表現したのを職安の職員が勘違いをしてくれて、都会から離れた小さな村のユースセンターの管理人兼弱小サッカーチームのコーチになれました。苦痛だった夫のサッカー好きに助けられる。人生どこで何が幸いするかわかりません。
サッカーは素人ですが、持ち前の家事能力で荒れ放題だったユースセンターをきれいに片付け、子どもたちや村の人と馴染んでいきます。そこにちょっとしたラブロマンスも生まれ、ブリット=マリーは表情が和らぎ、きれいになっていきます。その辺りの微妙な変化をペルニラ・アウグストは繊細に表現しました。(幸)さんが「女優はスウェーデンに限る」というのも納得です。
そこに心を入れ直した夫が登場。帰ってきてほしいと訴えます。しかもユースセンターの取り壊しが決まり、サッカーチームも解散の危機に追い込まれます。果たしてブリット=マリーはどんな選択をするでしょうか。
本作はいくつになっても自分のために生きることができると背中を押してくれます。(堀)


ブリット=マリーにとっては、家事をきっちりこなすことこそ主婦の務めと信じて暮らしてきたのですが、この隙のなさと愛想のなさに、夫が愛人に心のよりどころを求めてしまったのも仕方ないなぁ~と、ちょっと同情してしまいます。
それはさておき、予告編を観た時に、明らかに肌の色の違う子どもたちが出ているのに興味を惹かれ、映画を観てみました。
仕事を紹介されて、たどり着いた小さな村ボリ。まず立ち寄ったお店の主が中東風。ユースセンターのサッカーチームの子どもたちの多くもアフリカや中東風の顔立ち。スウェーデンでは、2017年の時点で、総人口の17%が移民。スウェーデン生まれの2世なども加えると、人口の4分の1がスウェーデン以外にルーツがあるそうです。『幸せなひとりぼっち』でも、隣人にイラン人の女性が出てきました。本作でも、いろんなルーツの人たちが、共に暮らしている姿になごまされました。税金の高いスウェーデンですが、その税金で収入の少ない移民の人たちも恩恵を受けているのがみてとれて、嬉しくもありました。(咲)


2018年製作/97分/G/スウェーデン
配給:松竹
(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/bm/
★7月17日(金)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開★
posted by yukie at 23:05| Comment(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

リンドグレーン (原題:Unga Astrid)

lindgren.jpg

監督:ペアニレ・フィシャー・クリステンセン
脚本:キム・フォッブス・オーカソン
出演:アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン
トリーネ・ディアホム

兄弟姉妹とスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめる。教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていた。そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめる。しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいく――。

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村の子どもたち」シリーズで有名なリンドグレーン。作家としての素地はどう育まれたのか。厳格なクリスチャン家庭に育つが、期せずして未婚の母になる。子どもを手放すしかなかった葛藤、やっと一緒に暮らし始めれば、ワンオペ育児で苦労の連続。もがきながらも妥協せずに生きる彼女の生き様は現代の女性にも通じるだろう。
アストリッド役を演じたのは、巨匠ビレ・アウグスト監督の娘アルバ・アウグスト。本作の演技が高く評価され、ヨーロピアン・フィルム・プロモーション審査員賞の新人賞にノミネートされた。(堀)


2018年/スウェーデン=デンマーク/123分/スウェーデン語、デンマーク語/シネスコ/カラー
配給:ミモザフィルムズ
(C) Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.
公式サイト:http://lindgren-movie.com/
★2019年12月7日(土)より岩波ホールほか全国順次公開
posted by ほりきみき at 00:14| Comment(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする