2020年09月06日

ホテルニュームーン  原題:mehmankhane mahe no 英題:Hotel New Moon

hotel new moon.jpg

監督:筒井武文
脚本:ナグメ・サミニ、川崎純 
撮影:柳島克己 
編集:ソーラブ・ホスラビ 
プロデユーサー:ジャワド・ノルズベイギ、ショーレ・ゴルパリアン、桝井省志 
出演:ラレ・マルズバン、マーナズ・アフシャル、永瀬正敏、アリ・シャドマン、小林綾子

イランの首都テヘラン。大学生のモナは、小学校の教師を務める母ヌシンと二人暮らし。父は自分が生まれる前に山で友達を助けようとして滑落して亡くなったと聞かされている。モナはボーイフレンドのサハンドと一緒にカナダへの留学を画策しているが、母は門限も8時と何かと厳しく、言い出せないでいる。そんなある夜、母が化粧をして出かけるのを知り、そっと後をつけ、ホテルで見知らぬ日本人男性と会っているのを見てしまう。
母が隠したパスポートを家探ししていたモナは、若かりし頃の母が赤ちゃんを抱いて、先日会っていた日本人男性と一緒に映っている写真を見つける・・・

日本イラン国交90周年の2019年に日本イラン合作で完成させた映画。
発端は、イランで映画の撮影現場を訪れた筒井監督が、そのエネルギーに惚れ込み「現在のイランで生きる若者たちの物語を作りたい」と思ったことから。脚本を、国際交流基金の招へいで半年間日本に滞在したことのあるナグメ・サミニに依頼。母と娘の物語を紡ぎだしました。母ヌシンは、1990年初頭、日本に出稼ぎに来ていた設定で、日本とイランの現代史も盛り込んでいます。
娘の父親のことをひた隠しにすることに、日本の観客は違和感を覚えるかもしれません。出来ちゃった婚を、今や授かり婚と称する日本と違って、イランでは未婚で身籠ることは今でも恥。大っぴらに言えないそうです。離婚は結構多いので、シングルマザーは普通にいるのですが。
また、本作には今どきのイランがさりげなく語られています。  
アプリでタクシーを呼ぶ、鼻を低くする整形手術、服装チェックで警察に捕まる、女子学生の多い大学の教室、海外への留学、おしゃれなカフェ、山の手のホテルと下町のホテル、モダンなアパートメントと昔ながらの住宅街・・・
ニュースが伝える宗教国家イランというイメージとは違う、イランの普通の人々の暮らしを垣間見ることができます。 
日本側のプロデューサーを務めたショーレ・ゴルパリアンさんに本作製作の裏話を伺いました。イラン側のプロデューサーが商業映画をずっと作ってきた方で、受けを狙ってくだらない場面を入れようとする彼とのバトルが大変だったという話が可笑しかったです。詳細は後日お届けします。(咲)


DSCF3905 hotel new monn.JPG
スタッフ日記:『ホテルニュームーン』ショーレさんにイランとの合作の苦労を伺いました (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/476406482.html

2019年/日本・イラン/95分/1:1.85/カラー
制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ 
製作:ガーベアセマン、アルタミラピクチャーズ、Small Tark
提供:スモールトーク 
配給:コピアポア・フィルム
公式サイト:http://hotelnewmoon2020.com/
★2020年9月18日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー



posted by sakiko at 02:18| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

ある女優の不在 原題:Se rokh 英題: 3 faces

3 rukh.jpg

監督:ジャファル・パナヒ
出演:ベーナズ・ジャファリ、ジャファル・パナヒ、マルズィエ・レザイ

人気女優ベーナズ・ジャファリのもとに、見知らぬ少女から悲痛な動画メッセージがパナヒ監督経由で届く。女優を志して芸術大学に合格したのに家族に反対され自殺を図るというのだ。ベーナズはパナヒ監督の運転する車で、少女マルズィエの住む北西部アゼルバイジャン州のサラン村を目指す。山間のじぐざぐ道で結婚式に出会い、誰かが自殺した気配はない。マルズィエの家を探しあてるが、3日前から家に戻らないと母親が困り果てていた。芸人に対する偏見が根強い村で、弟も姉が女優になることに猛反対で荒れ狂っている。
やがて、マルズィエが町外れで暮らす革命前に活躍した女優シャールザードのところに身を寄せているのを知る・・・

2010年に、20年間の映画製作禁止を命じられたパナヒ監督。屈せず、『これは映画ではない』(2011)、『閉ざされたカーテン』(2013)、『人生タクシー』(2015)と映画を作り続け、今回もまた、ユーモアに溢れる作品を放ってくれました。そこには、自身の置かれた立場や、3人の女性たちに立ちはだかる問題もくっきり。
東京フィルメックスで特別招待作品として上映され、主演のベーナズ・ジャファリさんが審査員として来日。インタビューの機会をいただきました。
DSCF2555 behnaz 320.JPG

村へのロードムービーは、どこかドキュメンタリーのような趣もありますが、ベーナズさんがオファーを受けた段階で、脚本はすべて書かれていたとのこと。助監督の名前で撮影許可を取り、パナヒ監督の生まれ故郷で短期間で撮影。カンヌ国際映画祭に出品された折、国外に出られないパナヒ監督に代わり、カンヌに行ったベーナズさん。帰国後、当局に呼び出され、製作禁止の監督の作品に出たことを咎められたけれど、「私は女優として尊敬する監督の作品に出ただけ」ときっぱり答えて帰ってきたそうです。(インタビュー詳細は後日お届けします。)
まさにパナヒの映画としかいいようのない映画。ぜひ劇場でお楽しみください。(咲)


2018年 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 脚本賞受賞

2018年/イラン/ペルシア語・トルコ語/カラー/ビスタ/5.1ch/100分
配給:キノフィルムズ
公式サイトhttp://3faces.jp/
★2019年12月13日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開




posted by sakiko at 22:09| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

少女は夜明けに夢をみる  原題:Royahaye Dame Sobh 英題:Starless Dreams

royahaye chirasi.jpg

監督:メヘルダード・オスコウイ

雪だるまを作って、無邪気に雪合戦に興じる少女たち。
ここは、高い塀に囲まれた更正施設。強盗、殺人、薬物、売春などの罪で捕らえられた少女たちが収容されている。貧困や、親族からの虐待で罪を犯してしまった少女たち。彼女たちは、心に傷を抱えながらも、塀の中で過ごしている間は安心したようにも見える。

roya sub6.jpg

かつて、少年の更生施設の少年たちに取材し、2本のドキュメンタリーを描いたメヘルダード・オスコウイ監督。少年施設の奥に少女たちの施設があることを知り、彼女たちのことを知りたいと施設を統括する国家刑務所機構に取材を申請する。7年かかって、ようやく撮影許可を得る。3ヶ月という限られた期間の中で、20日間で少女たちに取材。
監督に同年代の娘がいることを知り、「あなたの娘は愛情を注がれ、わたしはゴミの中で生きている」と語る少女。そんな彼女たちが心を開いたのは、監督自身、15歳の時に父親が破産し、自殺をはかった経験があると語ったことから。
少女たちが、監督に心を開いて語った人生は、それぞれが壮絶だ。
釈放が決まった少女がいう。
「おめでとうじゃなくて、お悔やみをよ。外は地獄なの」
少女の目から、ふっとこぼれる涙。背負った運命はあまりに重い。

「お父さんに仕事があればいいのに」という少女の言葉に、未成年の青少年にとって家庭環境が人生を左右することをつくづく思いました。イランだけでなく、どこの国でも同じこと。
一方、本作を観ていてイランらしいなと思ったのが、更生施設の大きな部屋の周囲の壁際に2段ベッドが並んでいて、真ん中が広く空いていて、そこで集うことができるようになっていること。
イランの家庭にお邪魔すると、大きな部屋に絨毯が敷き詰められていて、椅子や小さなテーブルが周りを取り囲むように置かれています。テーブルセットがある場合も、邪魔にならないように端っこにあります。
roya sub8.jpg

映画では、少女たちが食卓を囲んで新年を迎える瞬間が映されています。イラン暦の新年は、春分の日に迎えます。太陽が春分点を通過する時間を天文学的に正確に計算して、新年を迎える時として事前に発表されます。年によって、真昼になったり、夕方になったりと時間は様々。本作の原題は『夜明けの夢』。もしかしたら、監督が撮影したのは、イラン暦1394年のお正月(西暦2015年3月21日)かなと思いました。この年は、午前2時15分11秒に新年を迎えたからです。
インタビューの折に、監督から逆に質問攻めにあい、時間切れになってしまったのですが、このことだけは確認したくて伺ってみました。
撮影したのは、その前年、イラン暦1393年(西暦2014年)で、新年を迎えたのは、午後8時27分7秒。監督は、私の質問の意図を察知して、「タイトルを『夜明けの夢』としたのは、刑務所で死刑執行の時間が朝の5時で、彼女たちは死刑宣告を受けているわけじゃないけれど、朝の5時というのは怖い時間。5時を過ぎれば、安心して夢がみれるのです」と教えてくださいました。
(注:11月6日にもう一度映画を観てみたら、クルアーンや金魚を飾っているテーブルが出てきて、ラジオから「1393年になりました。おめでとうございます」というアナウンスが聴こえてました。失礼しました。映画でちゃんと言ってるじゃないかと冷たいことを言わない、優しい監督でした!)

イラン社会は、ことのほか家族や親族の絆が強くて、よく集まります。そんな社会で、この更正施設にいる少女たちは、家族に会いたくないと口をそろえます。どれほどつらい思いをしたのでしょう。
この施設の中にいる間は、お互い心に傷を持った者どうし、まるで家族のよう。施設で働く人たちも彼女たちを家族のように見守っているのが印象的でした。施設を出たあと、彼女たちが平穏な人生をおくれることを願うばかりです。(咲)


DSCF1446 320.JPG

メヘルダード・オスコウイ監督
「権力者は見せたくないものを絨毯の下に隠すので、私たち映像作家は、はたき出して世の中に見せるのです」
インタビュー詳細は、こちらでどうぞ!

2016年/イラン/ペルシア語/76分/カラー/DCP/16:9/Dolby 5.1ch/ドキュメンタリー
配給: ノンデライコ
(C)Oskouei Film Production
公式サイト:http://www.syoujyo-yoake.com/
★2019年11月2日(土)より、東京・岩波ホールほか全国順次公開




posted by sakiko at 21:20| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする