2019年12月08日

エッシャー 視覚の魔術師 (原題:M.C. Escher - Het oneindige zoeken)

escher.jpg

監督・撮影・製作:ロビン・ルッツ
脚本:ロビン・ルッツ、マラインケ・デ・ヨンケ
ナレーション:スティーヴン・フライ
登場人物:グラハム・ナッシュ(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)、ジョージ・エッシャー、ヤン・エッシャー、リーベス・エッシャー

「トリックアート(だまし絵)」で知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898年~1972年)の人生を日記、1000を超える書簡、家族へのインタビュー、収集家の証言などを手掛かりに、創作の足跡を丹念に辿り、その創造力の源泉を探る。さらに、3Dアニメーションを用いて、エッシャーがどのようにして漠然としたアイデアを視覚化し、作品を生み出していったのか、その思考のプロセスを明らかにした。

エッシャーは日本でも人気がある。昨年、「生誕120年イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」が開催され、上野の森美術館だけでも20万人の動員があったという。
本作では、まずは初期に描いた風景作品を実物と照らし合わせて紹介。版画でここまで表現できるとは。トリックアートしか知らなかったので、ちょっと驚いた。
同じモチーフをぎっしり組み合わせる作風のきっかけは旅先で見たムーア人のタイル壁とのこと。有名になった故の弊害を訴える。
エンドロールに3Dで見せるだまし絵の可視化が面白い。(堀)


エッシャーというとトリックアートというおぼろげな知識しかなかったのですが、資料に「1935年ごろスペイン、グラナダのアルハンブラ宮殿のタイルに魅了される」とあり、オランダ人のエッシャーがどういう経緯でイスラームの無限に広がる幾何学模様に出会ったのか興味津々。
スペインに行った動機がなんとも面白い。イタリアで結婚し息子をもうけたのですが、思春期を迎えた息子がムッソリーニに傾倒しそうになり、スペインに逃れようと決意。それも観光船の会社に掛けあって、乗船中、絵を描くことで、一家の船賃を無料にしてもらったのです。スペインに渡ったエッシャーが出会ったのが、アルハンブラ宮殿のタイルという次第。
試写を拝見した直後に、東京ジャーミィ(モスク)での「ジャーミイの模様の幾何学 ~美しいものには理由がある~」と題した講演会で、エッシャーの絵が引き合いに出されました。講師は数学の専門家。幾何学の世界でエッシャーが有名なのを知りました。
この講演会については、エッシャーの絵の写真入りでスタッフ日記に書いていますので、下記をご覧ください。 (咲)

イスラームの幾何学模様とエッシャー
 


2018年/オランダ/カラー/80分
配給:パンドラ
(C) All M.C. Escher works (C) the M.C. Escher Company B.V.- Baarn – the Netherlands
公式サイト:http://pan-dora.co.jp/escher/
★2019年12月14日よりアップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺にてロードショー

posted by ほりきみき at 00:48| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

レディ・マエストロ(原題:De dirigen)

ladymaestro.jpg
 
監督・脚本:マリア・ペーテレス
音楽監督:ステフ・コリニョン
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド

世界中どこを探しても女性のプロの指揮者は一人もいない時代。音楽への情熱だけは誰にも負けないアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへと渡る。そこでアントニアは女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。しかし、憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアに、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かる。

【登場する主な楽曲】
マーラー「交響曲第4番」
ドヴォルザーク「ロマンス」
バッハ「オルガン・コーラル」
ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第32番」
ビゼー「オペラ《カルメン》~ハバネラ」
ドビュッシー「夢」
ストラヴィンスキー「火の鳥」
ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」

女性指揮者アントニオ・ブリコの若き日を描く。1920年代後半、女性指揮者なんてありえないない時代。それでも指揮を学びたいと巨匠に直談判。
男性たちが「女は結婚して子どもを産んでこそ幸せ」としか考えていないことがガンガンに伝わってくる。それは「女性は底辺」と言い切る下衆な恩師だけでなく、著名な指揮者や愛する男性からも。いや、男性だけでない。愛する人の母親も恐らく同じ。そこに幸せを感じる人もいる。ただ、それが全てではないことを理解してほしいと主人公を通じて作品は訴える。
愛よりも音楽を選んだ代償は大きかったが得たものも大きい。「どうせ批判されるなら心の赴くままに」。大統領夫人の言葉は現代にも響くだろう。しかし、エンドロールに書かれた音楽界の現状にまだまだ男性上位の世界であることを強く感じた。(堀)


2019年/オランダ/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分
配給:アルバトロス・フィルム
(C) Shooting Star Filmcompany 2018
公式サイト:http://ladymaestro.com/
★2019年9月20日(金)からBunkamura ル・シネマほか全国で公開

posted by ほりきみき at 12:40| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする