2022年09月17日

渇きと偽り  原題:The Dry

kawaki ituwari.jpg
(C)2020 The Dry Film Holdings Pty Ltd and Screen Australia


監督:ロバート・コノリー
原作:「渇きと偽り」(ジェイン・ハーパー/青木創 訳)ハヤカワ文庫刊
出演:エリック・バナ(『ミュンヘン』『NY心霊捜査官』)、ジュネヴィーヴ・オーライリー、キーア・オドネル、ジョン・ポルソン

メルボルンの連邦警察官として働くアーロン・フォーク。旧友ルークが家族を惨殺した後、自殺したらしいとの報を受け、葬儀に参列するため、20年ぶりに故郷キエワラに帰る。住民のほとんどが葬儀に集まりルークの死を悼んでいたが、アーロンとの再会を喜んでくれたのは高校時代の恋人で今はシングルマザーのグレッチェンだけだった。
悲しみに暮れるルークの両親から事件の真相を明かしてほしいと懇願され、アーロンは最初に現場に駆け付けた地元の若い警官グレッグ・レイコ―と共に事件の捜査をする。協力的なのは、最近町に引っ越してきたばかりの小学校の校長スコット・ホイットラムくらいだった。実は、アーロンは17歳の夏、同級生の少女エリーが変死し、その犯人ではないかと疑われ、父と共に町を去ったのだった。当時、アーロンとグレッチェン、ルークとエリーの4人で青春を謳歌していて、今回のルークの事件は20年前のエリー変死事件と繋がっているのではないかと疑い始める・・・

冒頭、映し出される乾いた広大な大地に圧倒されます。舞台となったキエワラは、1年近く雨が降っていないというビクトリア州の架空の町。気候温暖化で、オーストラリアではこのような干ばつで苦しむ町は多数あるとのこと。
現在と過去が交錯し、徐々に明かされていく真相にぞくぞくしました。過酷な地で極限状態におかれ、人の心も乾いてしまったように感じました。
世界的大ヒットとなった原作「渇きと偽り」は、ジェイン・ハーパーのデビュー作。1980年生まれでジャーナリストとして活動する合間に作家になりたいという夢を叶えるため、こつこつと書き上げたもの。ジェイン・ハーパーは、ルークの葬儀の場面にカメオ出演しているとのことです。(咲)


2020年/オーストラリア/英語/117分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/G
配給:イオンエンターテイメント
公式サイト:http://kawakitoitsuwari.jp/
★2022年9月23日(金)より、新宿シネマカリテほか全国公開



posted by sakiko at 14:36| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

ニトラム/NITRAM (原題:NITRAM)

NITRAM.jpg
 
監督:ジャスティン・カーゼル
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジュディ・デイヴィス、エッシー・デイヴィス、ショーン・キーナンほか

90年代半ばのオーストラリア、タスマニア島。かつて囚人の流刑地で、観光しか主な産業がない閉塞したコミュニティに母(ジュディ・デイヴィス)と父(アンソニー・ラパリア)と暮らす20代半ばの青年ニトラム(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)。メンタルヘルスの問題を抱え、母親から半ば強制的に抗うつ剤の薬を飲まされていた。
子供の頃から好きだった花火遊びをやめられない彼は、近所からは厄介者扱いされ、同級生からは本名を逆さ読みした蔑称“NITRAM”と呼ばれバカにされている。父がコテージを買ったら牛を飼いたい、ジェイミーのようにサーフィンがやりたい、などさまざまな願望を持っているが、親はコテージを買うことができず、母親はサーフボードを買ってくれない。なにひとつ思い通りいかず、何をしてもうまくいかない日々。
サーフボードを買う資金を貯めるため、芝刈りの訪問営業を始めた彼は、ある日、ヘレン(エッシー・デイヴィス)という女性と運命的に出会い、恋に落ちる。しかし悲劇的な事件をきっかけに、彼の精神は大きく狂い出す……。

1996年4月28日(日)にオーストラリア・タスマニア島のポート・アーサー流刑場跡で起きた無差別銃乱射事件を題材にした作品である。この事件では35人が亡くなり、15人が負傷。銃規制の必要性を全世界に問いかける先駆けとなった。
犯人は当時27歳だったマーティン・ブラインアント。本作は彼の視点で進んでいく。幼いころから危険なことを危険だと認知できず、しかもそれをやりたいという気持ちが抑えられない。そんな彼の気持ちを親ですら理解できず、彼の心は孤独感で覆われてしまう。
しかし、この作品は彼を擁護しているわけではない。やってはいけないことをやってしまった彼の責任は重い。そのうえで暴走しがちな彼を止める手段、親としての責任を必死に果たそうとする父母を支える手立てはなかったのかと社会の在り方を問うている。(堀)


無差別銃乱射事件を題材にした作品ということで、観なくてもいいかなとパスしようと思ったのですが、映画に対する感覚が似ている映画通の知り合いから「この作品は観ておいたほうがいいですよ」と言われ、彼女が言うのならと観てみた。
「銃規制の必要性を全世界に問いかける先駆けになった事件」と映画紹介には書かれているが、この1996年に起きたオーストラリア・タスマニア島での乱射事件のニュースを聞いた覚えがない。日本では大きくは報道されなかったのだろうか。ま、銃撃事件というのが多く、それらの記憶のかなたになってしまったのかもしれないが。
それにしても、こういう銃撃事件はこのオーストラリアの事件より以前からあったような気がしてネットで調べてみた。確かに1966年の「テキサスタワー銃乱射事件」というのはあったけど、その後の事件の記録などは、ネット上にはあまり載っていないのかもしれない。そして、この1996年の事件。その後、世界では銃乱射事件が何度も起こっているように思う。あるいは報道されるようになったというべきか。

そして「ニトラム」という青年が銃乱射事件を起こすまでを描いたこの作品。「ポートアーサー事件はなぜ起こったのか?」というテーマらしいが、あまり説明がなく、観ている間、この青年の行動にイライラした。もう大人なのに大人でない。10代の青年ならともかく、20代の大人なのに仕事にもついていない。芝刈りの仕事をして金を稼ぐというのなら高校生くらいじゃないかと思うんだけど、オーストラリアではそういうこともあるのか。あるいは仕事につけなくて、そういう風にしてバイトをしているのか。20代にもなって親がかり? そしてヘレンとの出会い。私的には恋ではなく、パトロン的な人、スポンサー的な人という感じがした。出会ってすぐ高級車を買ってくれたりと、お金がある人なのでしょうが、彼女自身が孤独を癒してくれる存在として、家出してきた彼の保護者になったということなのかな。
そして、「ニトラム」という人はなんだかわけわからない人物だと思った。20代半ばになっても保護者の庇護のもとにいるし、ヘレンの遺産で暮らしには苦労していない。暮らしは豊かだけど、地域社会の中で孤立していき、それが頂点に達した時、銃撃事件を起こしてしまったのだろうか。
それにしても、危険や迷惑ということに対する一般常識というのがわからない人なのか? 花火の件も、近所が迷惑と言っているのに、毎日続けるとか。親もそれを止められない。母親は医師に相談して抗うつ剤を飲ませていたけど、暴走は止められない。だいたい、こういう行動をするような人を薬で抑制するというは違うのではないだろうかと私は思う。彼自身が自分で、認識できるようにするにはどうしたらよかったのだろうか。結局、それができず、「ニトラム」は地域社会で孤立していったのだろう。アスペルガー症候群の人は自分の行動をうまく制御することができなくて、思いついたことをすぐに行動に移してしまったりするらしいが、そういう病気だったのだろうか。
彼の精神の彷徨の日々を描いた作品なのだろうけど、観ている間じゅう気分は重かった(暁)。


2021年 / オーストラリア / 英語 / 1.55:1 / 112分 /日本語字幕:金関いな
配給:セテラ・インターナショナル
© 2021 Good Thing Productions Company Pty Ltd, Filmfest Limited
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/nitram/
★2022年3月25日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国公開

posted by ほりきみき at 14:41| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング   原題:True History of the Kelly Gang

kellygang.jpg

監督・製作:ジャスティン・カーゼル(『アサシン クリード』)
原作:ピーター・ケアリー「ケリー・ギャングの真実の歴史」
出演:ジョージ・マッケイ(『1917 命をかけた伝令』)、ニコラス・ホルト(『マッドマックス 怒りのデスロード』)、ラッセル・クロウ(『グラディエーター』、チャーリー・ハナム(『パピヨン』)、エシー・デイヴィス(『真珠の耳飾りの少女』)、ショーン・キーナン(『ドリフト』)、アール・ケイヴ、トーマシン・マッケンジー(『ジョジョ・ラビット』)他

19世紀のオーストラリアで、反逆者集団“ケリー・ギャング”を率いた伝説の男ネッド・ケリー。「少年」「男」「モニター艦」という3つの章に分け、ネッド・ケリーの真実に迫る。

「少年」貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリー。罪人の父の代わりに、幼い頃から、母と 6 人の姉弟妹を支えてきたが、父の死後、生活のため母はネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばす。ネッドはハリーの共犯として 10 代にして逮捕・投獄されてしまう。
「男」出所したネッドは、娼館で暮らすメアリーと恋に落ち、家族の元に帰るが幸せは長くは続かない。横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようする。
「モニター艦」鉄のヘルメットをかぶって両手に銃を持つネッド・ケリー。自らの正義、家族と仲間への愛から、ネッドは弟らや仲間たちと共に“ケリー・ギャング”として立ち上がる・・・

本作を通じて感じたのが、アイルランド人であることの悲哀。「じいちゃんはイングランド人に虐げられて、オーストラリアにやってきた」とネッドは手記の冒頭に記します。けれども、オーストラリアに来てもなお、この時代、アイルランド人には犯罪や刑務所行きの運命が当然だったようです。
ラッセル・クロウ演じる山賊のハリー・パワーが、少年ネッドに「イギリス人はいつでも物語を奪って台無しにするから、常に自分自身の物語の作者であることを確認しろ」と教えています。
本作では、ネッドと共に、母親が強烈な印象を残します。夫を亡くし、生きるためになりふり構わず、身も売れば、子どもも売る強い母親。そんな母親を思うネッドにほろりとさせられました。(咲)


2019年/オーストラリア=イギリス=フランス/英語/125分
配給:アット エンタテインメント
後援:オーストラリア大使館
公式サイト:https://kellygangjp.com/
© PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019
★2021年6月18日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開




posted by sakiko at 02:43| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

大海原のソングライン

劇場公開日 2020年8月1日
その他の劇場情報

!cid_ii_kd6rgawt2.jpg
(C)Small Island Big Song

監督:ティム・コール
音楽:マウパワー アロ・カリティン・パチラル アレナ・ムラン ホロモナホロ
製作:バオバオ・チェン

かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる音楽プロジェクト「Small Island Big Song」。

東は太平洋のイースター島から、西はインド洋のマダガスカルに至るまで、16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー。文字が普及する前の時代、数千年に渡って大海原を航海し、地球の半分を覆う島々にたどり着いた人々がいた。彼らはその先々で音楽を残しながら交流していった。その時代、人々をつないだのは文字ではなく音楽だった。オーストラリアの先住民に受け継がれる“ソングライン”という思想、信仰に基づいて、さまざまな歌が重なり合う独特の表現方法で、100名を越える各島々の音楽家たちと共同で、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌を もう一度集結させる壮大な音楽プロジェクト!
「Small Island Big Song」と名付けられた試みは、単なる伝統音楽の記録に留まらず、それぞれの島で生きる人々が伝承の音楽を伝統の楽器で演奏し、やがて一つの壮大なアンサンブルを奏でる。最後は、今、コロナ禍の中で広がっているリモートでつながる方式と同じように、一斉にそれらの人々が歌い上げる合唱になっているのが見もの。
音楽プロデューサーでもる監督のティム・コールとプロデューサーのバオバオ・チェンは3年間に渡りその航路をたどり、台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、マダカスカル、そしてイースター島に至るまで実に 16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録し、さらに最後に壮大な音楽を作り上げた。

まさしく何千キロに渡る「大海原のソングライン」。壮大なプロジェクトの調査と記録。そしてさらには、それらの島の人たちが最後一斉に歌い上げる歌のすばらしさは感動もの。今回、コロナ禍でよく見かけるようになった一緒のところにいなくてもリモートで一緒にコラボする状態を先取りしたような音楽の作り。この状態を予言したような映像だった。古い時代の言い伝えと新たな時代のコラボ。先見の明がある作品ともいえる。それにしても、こんなにも長い旅をして先祖は世界に広がっていったんだなと思える交流と広がりをあらわした作品で、今の非難しあう世界でなく、寛容の世界を思い出してほしい作品ではある(暁)。



公式HP2019年製作/79分/オーストラリア・台湾合作
原題:Small Island Big Song
配給:ムーリンプロダクション
posted by akemi at 21:22| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

ライド・ライク・ア・ガール(原題:Ride Like a Girl)

ride poster.jpg

監督:レイチェル・グリフィス
脚本:アンドリュー・ナイト、エリース・マクレディ
撮影:マーティン・マクグラス
出演:テリーサ・パーマー(ミシェル・ペイン)、サム・ニール(父 パディ・ペイン)、スティービー・ペイン、サリバン・ステイプル

ミシェルは競馬一家のペイン家に10人兄弟の末娘として生まれた。母はミシェルが生後6か月のころに交通事故で亡くなり、以後は父親と兄姉に育てられた。調教師の父のもと、兄姉のほとんどが騎手として活躍している。ミシェルも騎手になることを目標に鍛錬を欠かさず、女性には不利な環境も乗り越えて念願のデビューを果たした。好成績をあげて期待された矢先、落馬で大けがを負ってしまった。復帰を危ぶまれながら、不屈の意思でリハビリに励む。

ride_main1.jpg

オーストラリア競馬では最高賞金のメルボルンカップ。居並ぶ強豪が3200mをわずか数分で駆け抜けます。毎年11月に開かれるこの競馬の日は祝日で、みんなが手に汗を握って見つめるようです。2015年のレースで女性騎手で初めて栄冠を手にしたのが、このミシェル・ペイン。結果を先に言っちゃって申し訳ないのですが、これがわかっていても迫力のレース場面は固唾を飲んで見守ることになります。映画はミシェルがここに至るまでに、どんな挫折と努力があったのかをつぶさに見せてくれます。監督は女優としても活躍中で、これが初長編作品のレイチェル・グリフィス。
ミシェル・ペインを『明日、君がいない』(06)『ベッドタイム・ストーリー』(08)『ハクソー・リッジ』(16)などに出演のテリーサ・パーマー。『ウォーム・ボディーズ』(13)のゾンビのR(ニコラス・ホルト)に惚れられるジュリーも忘れられません。お兄さんスティービーの笑顔が目に留まりましたが、ミシェルの「実のお兄さん」本人でした。(白)


2019年/オーストラリア/カラー/ビスタ/98分/
配給:イオンエンターテイメント
(c)2019 100 to 1 Films Pty Ltd
公式HP  https://ride-like-a-girl.jp
公式Facebook @ridelike.jp  
公式Twitter @ride_like_jp
★2020年7月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ 他全国公開
posted by shiraishi at 22:57| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする