2021年07月11日

ジャッリカットウ 牛の怒り   原題:Jallikattu

Jallikattu.jpg

監督:リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ
出演:アントニ・ヴァルギース、チェンバン・ヴィノード・ジョーズ、サーブモーン・アブドゥサマド、ジャーファル・イドゥッキ、シャーンティ・バーラクリシュナン

南インド、ケーララ州の奥深い森の中にある小さな村。土地が買えなくて肉屋になったさえない男アントニ。水牛を屠ろうと鉈を研ぎ振りおろそうとすると、命の危機を察した牛は怒り狂って全速力で逃げ出す。夕食のカレーや、婚約式の料理のために屠られるのを待ち構えていた人々も、アントニと共に一団となって牛を追いかける。暴走する牛は、村の商店を破壊し、ハーブやタピオカ畑も踏みつぶして台無しにしてしまう。
農場主や教会の神父、地元の警察官も交え教会に集まり対策を立てる人々。穴を掘りワナをしかける。
アントニは恋心を寄せるソフィに愛想を尽かされていたが、自分の手で牛を捕まえてソフィに見直してもらいたいと奮闘する。一方、かつて密売の罪で村を追放された荒くれ者の猟銃使いクッタッチャンが呼び戻される。ソフィをめぐっていがみあい、自分を密告したアントニを恨んでいた。牛追い騒動は、いつしか人間同士の醜い争いになっていく・・・

松明をかかげて、牛を追って森の中を疾走する大勢の男たちの姿に度肝を抜かれます。
バリ島のケチャにも似た掛け声が森の中に不気味に響きます。正常心を失って、人間ピラミッドまで作ってしまう男たちに対し、家で静かに過ごしている女性たち。女性は家にいるものという考えがあるのかもしれませんが、かえってしたたかで賢く思えます。
ケーララは、インドの中でもキリスト教徒の多い地ですが、この村にも土地持ちの人が寄付した場所に教会が建てられています。
ヒンドゥー教徒は牛は神聖なものとして食べませんが、キリスト教徒はOK? というか、牛と水牛は別物なのでヒンドゥー教徒も食べるのか?と、関係のない疑問がちょっとわきました。
それにしても、CGをほとんど使わないで、実物の水牛とアニマトロニクスを駆使して描いた水牛がリアルです。監督はスタッフと一緒に『ジョーズ』と『ジュラシック・パーク』のシーンを何度も繰り返して観て作り上げたのだそうです。牛だけでなく、どうやって撮影したのかと思う場面が多々あります。撮影監督のギリーシュ・ガンガーダランは、イスラーム映画祭6で上映された『青い空、碧の海、真っ赤な大地』の撮影も担当された方。
とにかく凄い映画なのですが、最後のオチで和やかな気分にさせられました。(咲)


2021年度アカデミー賞国際長編映画賞インド代表作品

2019年/インド/マラヤーラム語/91分/スコープサイズ/カラー/5.1ch
字幕:松岡環 / 字幕監修統括:粟屋利江
配給:ダゲレオ出版(イメージフォーラム・フィルム・シリーズ)
(C)2019 Jallikattu
公式サイト:http://www.imageforum.co.jp/jallikattu/
★2021年7月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー

posted by sakiko at 19:58| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画  原題:Mission Mangal

mission mangal.jpg

監督:ジャガン・シャクティ
脚本:R・バールキ
音楽:アミット・トリヴェディ
出演:アクシャイ・クマール、ヴィディヤ・バラン、タープスィー・パンヌー、ソーナークシー・シンハー、シャルマン・ジョシ、ニティヤー・メネン、キールティ・クルハーリー

アジア初、火星探査機打上げ成功に導いた科学者たちの実話に基づく物語。

2010年、インド・ベンガロール。宇宙事業の命運をかけたロケットの打上げが失敗に終わる。チームリーダーのラケーシュ(アクシャイ・クマール)やプロジェクトディレクターの女性科学者タラ(ヴィディヤ・バラン)は、火星探査プロジェクトという実現不可能と思われている部署に異動させられる。事務所は埃だらけ、配属されてきたのは経験の浅い人材ばかりだった。女性も多い。それぞれに人生の問題を抱えていて、可能性のないプロジェクトには力が入らない。ラケーシュが会議で不在だったある日、タラは科学者としての誕生日パーティを企画し科学者になりたいという夢を抱いた時のエピソードを語る。皆それぞれに初心を思い出し、一丸となって火星探査機打上げを目指す・・・

映画は、朝、家事に追われる主婦の姿で始まります。夫や子どもの世話をして、やっとの思いで車で出かけた先は、なんと宇宙センター。サリー姿でご出勤。しかも、この日は、国民が見守る大事なロケット打ち上げの日。そのギャップにまず驚かされます。
火星探査プロジェクトの研究現場で、小さなロケットでも探査機を火星に送る方法を思いついたのも、プーリー(揚げパン)を揚げる時に予熱を利用するという主婦の知恵からでした。
最後に映し出される実在のチームの写真も、半数近くが女性たち。さすがゼロを発見したインド! 理科系に強い人たちが多いのですね。
宇宙開発の場で活躍した女性たちというと、アメリカ映画『ドリーム』(2016年 )を思い出します。計算係として下支えした黒人女性たちの物語でしたが、原題の「Hidden Figures」が示す通り、まさに表に出ない人たちでした。でも、インドでは、ちゃんと表舞台で女性科学者も活躍している様子が見てとれて素晴らしいなと思いました。

本作を手がけたのは、『パッドマン 5億人の女性を救った男』の製作チーム。監督を務めたR.バールキが脚本を担当。助監督だったジャガン・シャクティが今回、監督を務めています。主演を演じたアクシャイ・クマールが、今回も火星探査プロジェクトのチーム・リーダーとして登場。でも、なんといっても目立つのは女優たち。特にタラを演じたヴァディヤ・バランは、『女神は二度微笑む』の偽妊婦姿が圧巻でしたが、今回は肝っ玉母さん風。
研究所で皆で踊る場面もインド映画ならではのサービス♪ (咲)


パッドマンの主演だったアクシャイ・クマールが今度はヒロインのタラの上司役。集められた女性たちは最初バラバラで大丈夫?と思ったものの、心配無用。個性豊かで、実は有能な女性たちでした。男性には思いつかないようなアイディアで低予算の研究をものにし、本当にロケットを打ち上げてしまいます。チャンスと活躍の場さえあれば、「女性が輝く社会」は作れるという見本。
お題目だけかがけてちっとも前進しない日本。ジェンダーギャップ指数(2020年)が発表になって愕然としましたっけ。経済・教育・保健・政治の4つの分野の男女格差を示す指数です。日本は153か国中121位とこれまでの最低で年々下がる一方です。この映画の舞台のインドは今年108位。
一覧はこちらです。出生率が下がったとか、生産性がないですって?男性が家事育児に参加して、女性に門戸を開き、進出を阻まなければ世の中変わりますよ。(白)


アメリカの宇宙開発を描いた『ドリーム』で、宇宙開発の現場で働く女性たちが紹介されたけど、こちらの映画ではインドの宇宙開発現場で働く女性たちが出てきた。インドの映画で、科学の分野で活躍する女性たちのことを描いた作品は、あまりないと思うし、実際働いている人も少ないとは思うけど、この作品を観て、日本ではどうなんだろうと思った。確かに向井千秋さんや山崎直子さんなど、名の知れた宇宙飛行士の方はいるけど、宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)や宇宙産業の技術部門などで働く女性の実態となると、きっと中国やインドなどより女性の比率は少ないのだろうなあと思う。日本でロケットが発射される時、宇宙センター内の様子がTVで写ることがあるけど、女性の姿はほとんどないものね。それでも調べてみたら、日本でも少しづつ宇宙科学の分野で働く女性科学者は増えているみたい。
この映画に出てくるインドの女性たちは、宇宙開発の分野では地味な分野である火星と向き合い、それでも工夫しながら嬉々として働いている。1960年代~70年代と比べると宇宙開発は、あまりニュースとして話題になっていないような気がするけど、着々と世界では開発されているのだろう。あるいは停滞しているのだろうか。でもこれだけ人工衛星や宇宙ステーションがいっぱい宇宙を漂っているところをみると、まあ滞在技術は進んでいるのでしょうね。夜、空を見ると、けっこう人工衛星が飛んでいるのを見ることができる(暁)。


インド宇宙開発チームが火星探査機打ち上げにアジアで初めて成功した実話を映画化しました。
主人公はアクシャイ・クマールが演じたプロジェクト責任者のラケーシュだと思いますが、作品は女性たちの活躍と葛藤が中心。女性ならではの生活の知恵によって少ない予算で計画を成し遂げていくサクセスストーリーは見ていて本当に楽しい。イマイチ本気になれない仲間たちにプロジェクト・リーダーのタラがこの仕事を志したきっかけを話し、仲間たちも初心にかえるくだりは見ているこちらまで胸が熱くなりました。ただ、「1日8時間勤務だと4年かかるが15時間働けば2年でいける」と話すタラには「それってブラックすぎるでしょ」とツッコミを入れたくなりましたけれど。
このサラは息子の宗教問題や娘の夜遊びに理解があります。残業して帰宅したとき、夜遅くなっても帰ってこない娘を夫が心配していると、夫を娘が遊んでいるクラブに連れて行き、一緒に楽しませて娘の夜遊びを認めさせてしまいます。仕事と家事を両立させた上でのスーパーウーマンぶりに驚きました。ジャガン・シャクティ監督や脚本を書いたR・バールキの憧れが込められているのかもしれません。
ところで、タラを演じたヴィディヤ・バランが『女神は二度微笑む』にも出演していたことは(咲)さんが書いているのを読むまで気がつきませんでした。「えっそうだったの?」と見返したところ、あの頃は妊婦の設定でありながら全体的にもう少しスレンダーな感じですね。すっかり肝っ玉母さん風になっていて、気がつきませんでした。(堀)


映画だから、最後には成功するってわかっていても、ハラハラドキドキ。現実にはそんなに上手くいくわけないって思っても、インドの実話が元ネタなので、単なる夢物語でもなく・・・。歌あり踊りありのサクセスストーリーは、インド映画の王道を行きつつも、女性科学者やオタクっぽい身近なキャラが、宇宙規模で大活躍するというスケールの大きな話で、うれしくなる。かなりくたびれたお爺さま科学者が、まだ50代との設定で、笑いました。(千)

2019年/インド/130分/G
配給:アットエンタテインメント
公式サイト:https://m-mangal.com/
★2021年1月8日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 17:49| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

きっと、またあえる   原題:Chhichhore

kitto mata.jpg

監督:ニテーシュ・ティワーリー(『ダンガル きっと、つよくなる』)
出演:スシャント・シン・ラージプート、シュラッダー・カプール、ヴァルン・シャルマ、プラティーク・バッバル 、ターヒル・ラージ・バシン、ナヴィーン・ポリシェッティ、トゥシャール・パーンデー、サハルシュ・クマール・シュクラ、ムハンマド・サマド

アニルッド(通称アニ)の息子が受験に失敗して自殺をはかり、病院に運び込まれる。アニと息子を励まそうと、アニのボンベイ工科大学時代の寮の悪友たち7人が駆けつける。アニたちのいた4号寮は、建物もボロボロで、競技大会でもどの種目も最下位。他の寮からは負け犬と呼ばれていた。汚名を返上しようと団結して頑張ったエピソードを、息子に次々に聞かせる・・・

原題『CHHICHHORE』は「チチョーラー」という形容詞の複数形で、軽薄な、生意気な、というような意味とのこと。皆で馬鹿をやった1992年の学生時代が、ほろ苦くもユーモア満載で語られます。超エリート校であるボンベイ工科大学に入学できて意気揚々のアニ。でも、あてがわれた古びた4号寮には、一癖も二癖もある寮生ばかり。とんでもない学生生活でしたが、エリートが集まり建物も綺麗な3号寮から引き抜きを受けても、アニは移りませんでした。何年も経って、一大事の時に駆けつけてくれる仲間たち。人生における大切な宝物です。
インド工科大学ボンベイ校出身の監督が、自身の寮生活をいつか映画にしたいと思っていたところに、息子が受験に苦しむ姿を見て本作を製作。人生失敗したっていいんだと勇気づけられます。

松岡環さんのブログ「アジア映画巡礼」に、『きっと、またあえる』のコレに注目!として、現在、<1>から<13>まで掲載されています。鑑賞のご参考に♪
『きっと、またあえる』のコレに注目!
<1>予告編来ましたぁ!!
<13>来場者プレゼントが待っている!!
<2>~<12>は、自力で探してください♪
そして、残念なことに主役のアニを務めたスシャント・シン・ラージプートさん、この6月に亡くなられました。享年34歳。詳細はこちらで
ご冥福をお祈りします。(咲)


インド工科大学ボンベイ校をモデルにしたボンベイ工科大学の卒業生の今と昔(学生時代)を交互に描き、人生は環境ではなく、誰と何をすることかが大事であることを描いた作品です。とはいえ、浮かび上がってくるのはインドに浸透する学歴社会。カースト制度と違って自分の努力で何とかなるからでしょうか。インドでも熾烈な受験戦争が繰り広げられているのが伝わってきます。そして、トップ校に入学できたとしても、その中でまた序列がある。それを覆すために奮闘する主人公たちの姿を笑いと涙で映し出します。しかし、人間というものはどこまでいっても順番をつけたくなるものなのですね。(堀)

2019年/インド/ヒンディー語、英語/143分
配給:ファインフィルムズ
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/chhichhore/
★2020年8月21日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかほか公開



posted by sakiko at 09:56| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

WAR ウォー!!(原題:WAR)

WAR_B5omote.jpg

監督・脚本・原案:シッダールト・アーナンド
出演:リティク・ローシャン(カビール)、タイガー・シュロフ(ハーリド・ラフマニ)、バーニー・カプール(ナイナ)

インドの対外諜報機関RAW(Research and Analysis Wing) に衝撃が走る。RAWのナンバーワンのカビールが、組織の高官を射殺して逃亡したと報告が入ったのだ。ただちにカビールの抹殺が決まり、彼の愛弟子でもあったハーリドがそのミッションに名乗りをあげる。カビールは最も尊敬し、憧れていた上司でもあった。ぬぐい切れない疑問がわき、直接カビールに会って問いただしたかったのだ。なぜ裏切ったのか?

war MAIN.jpg

凄腕スパイ同士の世界各地をまたいだ追跡劇、しかも長身イケメン俳優+渾身のアクションとカーチェイス…これだけ揃えた上、美女とダンスシーンもぬかりありません。『サーホー』を越えて大ヒットしたそうです。迫力のダンスシーンはかなり熱い(暑い)ので、のぼせないようご注意を。
インド映画といえばこの方!松岡環さんのブログ”アジア映画巡礼”にも詳しーい解説が載っていますので、ご覧くださいませ。(白)


W主演のリティク・ローシャンとタイガー・シュロフはどちらも二世俳優。リティクの父は1970~80年代に二枚目スターとして人気があったラーケーシュ・ローシャン。タイガーの父は1980~90年代のトップ俳優ジャッキー・シュロフ。しかし、親の七光りなんてことはなく、リティクは甘い二枚目なうえ、キレのあるダンスステップを披露するし、タイガーはアクションが素晴らしい。2人の年齢差は16歳あるものの、師弟関係の設定でバディを組んでも違和感がありません。
脚本もよくできていて、「あれが伏線になっていたの!」と驚くことばかり。また2人が二丁拳銃で戦うところはジョン・ウー監督の『狼 男たちの挽歌・最終章』を彷彿させます。きっと他にも伏線やオマージュはありそう。(堀)


ハリウッド映画に負けないダイナミックなアクションシーン。加えて、イタリア、オーストラリア、フィンランドなど7カ国 15都市でのロケも超豪華。中でもポルトガルのポルトのドン・ルイス1世橋や、北極圏での砕氷船のシーンは圧巻です。アマルフィのポジターノビーチでの150人を越えるダンサーを背景にしたリティック・ローシャンとヴァーニー・カプールのパーティソングのシーンは、ほんと、熱いです。
インド南部ケーララののどかな風景など、癒される場面も。
国際的なイスラーム過激派テロリストを追う物語ですが、インドの対外諜報機関RAWのハーリドもまたムスリム。信仰に反するのにお酒を飲み干したのはおかしい・・といった言葉もありました。それも伏線。(咲)


2019 年/インド映画/ヒンディー語/カラー/スコープサイズ/151 分
配給:カルチュア・パブリッシャーズ/配給協力:インターフィルム
© Yash Raj Films Pvt. Ltd.
https://war-movie.jp/
★2020年7月17日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開!



posted by shiraishi at 08:24| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

サーホー  原題:SAAHO

saho.jpg

監督:スジート
出演:プラバース(『バーフバリ』シリーズ)、シュラッダー・カプール、マンディラ・ベーディー、ニール・ニティン・ムケーシュ、ジャッキー・シュロフ、チャンキー・パーンデー

ムンバイ、下町の朝。集合住宅で鳴り響く一発の銃声を合図に起こる宝石店窃盗事件。実行犯は皆逮捕されるが、黒幕を誰も知らない。ムンバイ警察署幹部は、凄腕のアショーク(プラバース)を覆面捜査官に任命する。
この事件の3週間前、ロイ(ジャッキー・シュロフ)という事業家が暗殺される。かつてボンベイ(現ムンバイ)の暗黒街の顔役だったが、抗争に破れ、20年前にインドから遠く離れた近未来的な犯罪都市ワージーに逃れた男。ロイは金や石油の裏取引で組織を発展させ、ワージーを仕切るプルドヴィラージ(ティーヌー・アーナンド)から後継者に指名されるまでになった。だが、後継者になれなかったプルドヴィラージの息子デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)との抗争を恐れ、ロイは独自にロイ・グループとしてインド政府からも優遇措置を受け事業を展開していたのだ。
ロイ一家が密かに育てていた一人息子ヴィシュワク(アルン・ヴィジャイ)は、資産2兆ルピー(約3兆5500万円)を保管した金庫のカギとなるブラックボックスがムンバイにあると明かす。秘書のカルキ(マンディラ・ベーディー)がムンバイに赴く。
このことを知ったアショークは、女性刑事アムリタ(シュラッダー・カプール)を相棒にして、特命チームを指揮し、ブラックボックスを市警が入手すれば犯罪組織のムンバイ進出を阻止できると奔走する・・・


冒頭の宝石店窃盗事件から、近未来都市ワージーの犯罪組織の抗争、ムンバイでの暗殺事件・・・と、めまぐるしく物語が転回してクラクラ。しかも登場人物が似たような顔つきの人が多くて、前半はなんだか訳のわからないうちに過ぎていきました。後半、女性刑事のアムリタと、秘書のカルキの二人の女性が、美しくてカッコいいなぁ~と見とれているうちに、話の筋は、まぁどうでもいいっか~と楽しむことに。
こんがらないように予習したい方は、アジア映画巡礼のサイトをどうぞ!

私がこれまでに観たテルグ映画で現代を舞台にしたものは、それほど多くありませんが、いずれもちょっと暴力的で泥臭い印象でした。本作は、ワージーという近未来都市も出てくるだけあって、おしゃれな面も。インド映画に欠かせない歌って踊ってのシーンも垢抜けてます。踊る水着の美女たちに札びらが舞う場面には、呆気にとられましたが・・・
『バーフバリ』シリーズでプラバースが好きになった方には、アクションだけでなく楽しめる場面がたくさん!
私は謎の男を演じたニール・ニティン・ムケーシュが気になりました。ほかの男性と雰囲気が違うから目に止まったのかも! (咲)


「バーフバリ」シリーズで主人公バーフバリを演じて一躍有名になったプラバースが主演するということでインド映画ファン以外からも注目を集めている。スジート監督はその期待に十分応えてくれる作品に仕上げてくれた。とにかく展開がゴージャス! 銃撃戦や肉弾戦だけでなく、カーアクション、アベンジャーズかと思うような空中戦が次々と繰り広げられる。登場人物が多いので、最初のうちは人間関係を理解するのがちょっと難しいのだが、とりあえず見ていて楽しいので大丈夫。冒頭の強盗事件も多数の協力者たちは犯罪の意識はなく、その行為も罪に問えるようなことではない。それがジグソーパズルのように組み合わされて、とんでもない事件となる。そのカラクリを説明するシーンはピタゴラスイッチ的な展開で見ていてワクワクしてくるだろう。そして、ラストが近づいて、様々な伏線が一気に回収されるとすべてがすとんと理解できるから不思議。
ヒロイン役のシュラッダー・カプールは4月24日公開の『きっと、またあえる』でもヒロインを演じる若手の注目女優。名前を覚えておくといいかもしれない。(堀)

2019年/インド/テルグ語/5.1ch/2時間49分
配給:ツイン
公式サイト:https://saaho.jp/
★2020年3月27日(金)全国ロードショー




posted by sakiko at 18:02| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする