2022年11月13日

マスター 先生が来る!  原題:Master

master.jpg
©️B4U Motion Pictures, ©️Seven Screen Studio, ©️X.B. Film Creators

監督:ローケーシュ・カナガラージ(『囚人ディリ』)
音楽:アニルド・ラヴィチャンダル
出演:ヴィジャイ、ヴィジャイ・セードゥパティ、マーラヴィカ・モーハナン、アルジュン・ダース/ ナーサル(特別出演)

JD(ヴィジャイ)は、タミルナードゥ州の州都チェンナイにある名門大学で心理学(人格形成学)を教える名物教授。アルコール依存症気味で大学の運営本部や教授会からは何かと批判されているが、ユニークな教授法や自由な発想で学生たちには大人気。彼が実施を強く主張した学生会長選挙で暴動が起きてしまい、責任をとって休職し、700キロ離れた地方の少年院に90日の期間限定で赴く。
その少年院は、ギャングのバワーニ(ヴィジャイ・セードゥパティ)の影の支配のもと、少年たちが薬物漬けにされて犯罪行為を無理強いされていた。明日少年院を出所というときに殺人の罪を着せられそうになった2人の兄弟が、新任教師のJDに少年院の実態を訴え助けを求めようとするが、バワーニに知られて殺されてしまう。これにショックを受けたJDは、アルコールを断ち、バワーニの支配を終わらせ少年たちを更生させようと立ち上がる・・・

本作は、“大将”という愛称で親しまれ、インド:タミル語映画界の寵児となったヴィジャイの2年ぶり、64作目となるアクション大作。
超人的なカリスマ性と身体能力を誇り、満を持して登場すると無数の敵をなぎ倒す。キレキレのダンスや歌唱を劇中に何度もこなし、ヒロインも周りの人々も夢中にさせる漢っぷりを振りまく伊達男の主人公。様式美ともいえるお約束で観客を熱狂させてきたインドの娯楽アクション映画界。その中で、『ムトゥ 踊るマハラジャ』『ロボット』等で日本でも知られるラジニカーントの次を担うスーパースターとして、いま最も頂点を極めているのが、本作の主演ヴィジャイ。いきなり顔を出さず、まず足元やシルエットが映され、散々に観客を焦らしての初登場シーン。決め台詞を口にして悠然と歩み去るシーンで多用される仰角のスローモーション。本作はそんなお約束をしっかり押さえながらも、完全無欠のヒーローに対抗しうる強烈な悪役、バワーニに、スター映画とは距離を置く演技派として“タミル民の宝”の愛称で人気を集めるヴィジャイ・セードゥパティを配した対極的なWスターキャストとなっている。


本作では、二人のヴィジャイが互角の主役。オープニング、「大将(Thalapathy)ヴィジャイ」に続いて、「タミル民の宝(Makkal Selvan)ヴィジャイ・セードゥパティ」の名前が掲げられます。オープニング・クレジットで主役と悪役がこれだけ対等に扱われるのは、タミル語映画では実は珍しいことなのだそうです。ヒーローが最終的に勝利するのは大衆映画の決まり事ですが、その枠組みの中で悪役を最大限に力強く造形することに心を砕いたと、ローケーシュ監督は語っています。
その証拠に冒頭で語られるのは、バワーニの物語。17歳の時に両親を3人組のギャングに殺された上に、少年院に送られ、そこで散々辛酸を舐めさせられます。自分を痛めつけた者たちを見返そうと、トラック運送業という表向きの商売の裏で、密造酒の流通や麻薬取り引き、政治家の資金洗浄などを行い、ギャングの元締めにのし上がったのです。純真な少年が、敵や裏切り者を容赦なく殺す冷酷な男になった背景がしっかり描かれています。

JDが着任した少年院は、少年たちが皆、悪事に手を染めさせられていて、管理人たちもグル。指導すべき教師が居つかないのです。
意気揚々と着任し、「♪人生は短い、幸せでいよう♪」「♪教育は必要、やる気が必要♪」と歌いながら踊って鼓舞するのですが、勉強などする気のない少年たち。部屋も荒れ放題です。
JDを見込んで、少年院の教師として送り込むよう仕組んだのは、大学の新任講師の女性チャールー(マーラヴィカ・モーハナン)でした。チャールーは以前、NGOのメンバーとして少年院を調査し実態を聞かされていて、JDが改善してくれることを期待していたのでした。着任初日、いつものように酒浸りで、殺人の罪を着せられそうになっている兄弟の訴えが届かなかったのです。

少年院では、18歳を過ぎても出所しないでいる者たちが、バワーニの指令で動いているのですが、少年たちはバワーニの存在を知りません。少年院を仕切っているのは、ダースという青年。演じているアルジュン・ダースは、タミル映画の俳優には珍しく細身。顔立ちはヴィジャイたちと同様に濃いのですが、眼光鋭く、声が低音なのも魅力で、注目株ではないでしょうか。
JDを見込んだ女性教師チャールー役のマーラヴィカ・モーハナンも、知的でチャーミング。男たちの激しい抗争が続く中、清涼剤になっています。(咲)


★インディアンムービーウィーク2021 パート2で上映された人気作品

2021年/インド/タミル語/179分/ PG12(暴力シーンあり)
字幕:大西美保/監修:小尾 淳/協力:安宅直子
配給:SPACEBOX
宣伝:シネブリッジ
公式サイト: https://spaceboxjapan.jp/master
★2022年11月18日(金)新宿ピカデリーほか全国公開



posted by sakiko at 14:42| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月16日

RRR   原題:RRR(読み方:アールアールアール)

RRR.jpg
©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.

監督・脚本:S.S.ラージャマウリ
原案:V.ヴィジャエーンドラ・プラサード 
音楽:M.M.キーラヴァ―二
出演:NTR Jr.、ラーム・チャラン、アジャイ・デーヴガン、アーリアー・バット

1920年、英国領インド。南部アーディラバード地方の森に、ゴーンド族の少女マッリの歌声が響く。スコット総督が狩猟中、マッリから手に絵を施してもらってご満悦の総督夫人キャサリン。周りで見守るマッリの両親や村人たち。マッリの母親に銀貨2枚を投げつけ、総督一行はマッリを連れ去る。
一方、デリー郊外の警察署の周囲には、反英活動家逮捕に抗議する人々が押しかけていた。警官ラーマ(ラーム・チャラン)は群がる民衆の中に飛び込み、首謀者を抑え込む。昇進を期待したラーマだが、昇格式で名前は呼ばれなかった。ラーマにはどうしても昇格したい事情があった。
ゴーンド族からマッリ奪還を依頼されたビーム(NTR Jr.)は、アクタルというイスラーム教徒の男を装って、デリーで奪還の機会を狙っていた。
総督夫人から、マッリの追手を生け捕りすれば特別捜査官に昇進させると言われ、ラーマはなんとしてでも捕まえようとする・・・

英国に支配されていた時代のインドの人々の気持ちがずっしり胸にささった179分でした。
ビームとラーマは、実在の反英活動家をモデルにしているそうですが、その二人は実際には会ったことはなく、ラージャマウリ監督が想像を膨らませて作り上げた物語。

★<BANGER!!!>に掲載されている南インド映画に詳しい安宅直子さんによるラージャマウリ監督ロングインタビューに、本作製作にあたっての経緯や監督の思いが掲載されていますので、ぜひ、お読みください。

S.S.ラージャマウリ監督『RRR』超濃厚インタビュー!「NTR Jr.とラーム・チャランありきで始まった」【前編】
https://www.banger.jp/movie/85133/
『RRR』ラージャマウリ監督が“現代インド映画&テルグ語映画”をガチ語り!「巧みな物語は言語の壁を超えます」【後編】
https://www.banger.jp/movie/85137/

★ビームとラーマのモデルとなった実在の反英活動家については、
松岡環さんのアジア映画巡礼のブログをご参照ください。
https://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/83637060d40c6ce0b04c19961c265b3b


妹を連れ去られ、身分を隠して取り戻す機会を狙うビームと、ワケあって警官になったラーマが出会って親しくなるのですが、お互いの本心は知らないまま、あることがあって仲違いしてしまいます。
あの『バーフバリ』シリーズを放った監督ですから、度肝を抜かれるスペクタル溢れる場面がスピーディに続きます。
ラーマの恋人の名前はシーターで、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を思い起こさせられます。シーターを演じたアーリアー・バット、可憐です。
ビームが一目惚れする白人女性ジェニーを演じたオリビア・モリスも素敵です。ジェニーは、インドの文化に関心があって、インドの人たちにも偏見なく、邸宅やパーディーに招くのです。
それにひきかえ、総督はじめ、総督夫人や、英国軍人たちは、インドの人たちを虫けらのように扱います。 
マッリを取り戻そうと追いかけた母親に銃を向けた部下に対し、総督、「銃弾はイギリスから金をかけて運んだもの。無駄に使うな」と命じ、部下は木の枝で母親を殴ります。銃弾はインド人制圧には使うなと、事あるごとに言う総督に呆れました。

映画の最後に、NTR Jr.、ラーム・チャラン、アーリアー・バットの3人が踊る後ろに、次々と実在の反英活動家の人たちの大きな肖像画が掲げられます。
カルカッタの情熱の雄牛
グジャラートのしたたかな雄牛
キットゥールの鋭敏な雄牛
ティルネルヴェリの雄牛にかなうものなし
パンジャーブの決意の雄牛
タングトゥーリの頑強な雄牛
パッラーシーの気高き雄牛
勝利をもたらす勇猛なマラーターの雄牛・・・
実に多くの人たちが、インド各地でインドの自由のために闘ったことを思い起こさせてくれます。忘れてはいけない歴史です。(咲)


オンライン試写で拝見しましたが、これはぜひぜひ大きな画面で、音と光と震動に包まれて観るのがおススメです!英国の圧政の元、理不尽にも娘をとり上げられてしまうという始まり。誰かどうにかして、と胸を詰まらせているとヒーローが登場します。髭の男性は苦手ですが、インド男性には必須なのでそんなこと言ってられません。
ビームとラーマが出逢う場面、思わず力が入ってしまいます。その後も続きますので気を確かに。日本映画でこれはできないよねぇ、とただただ見とれました。ラストまでもう苦労の連続、インド映画の過剰さが少しも違和感なく、ドラマを盛り上げます。本国の観客はどんな風にこの映画を観たのだろうと、一度インドの劇場で体感したくなります。テルグ語映画のスーパースターの競演です。インド映画ファンの方、見逃し厳禁。
インド映画に詳しい(咲)さんに絶対観て、紹介書いてと激推ししたのでした。(白)


2021年/インド/テルグ語、英語ほか/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:藤井美佳  字幕監修:山田桂子
応援:インド大使館 
配給:ツイン 
公式サイト:https://rrr-movie.jp/
★2022年10月21日(金)全国公開



posted by sakiko at 16:24| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

響け! 情熱のムリダンガム  原題:Sarvam Thaala Mayam  英題:Madras Beats

muridangamu.jpg
(C)Mindscreen Cinemas

原作・監督:ラージーヴ・メーナン
音楽監督:A.R.ラフマーン
出演: G.V.プラカーシュ・クマール(主人公:ピーター・ジョンソン役)
アパルナー・バーラムラリ(ヒロイン・サラ役)
ネドゥムディ・ヴェーヌ(師匠 ヴェンブ・アイヤル役)
ヴィニート(主人公につらくあたる兄弟子・マニ役)

インド・タミルナードゥ州都チェンナイ。大学生のピーターは、映画スター・ヴィジャイの大ファン。映画初日には、試験も適当に答えを書いて映画館に駆け付け、ドラムを敲いてファンクラブを盛り立てる。そんなある日、南インド伝統音楽(カルナータカ音楽)で演奏される打楽器・ムリダンガム職人の父から、演奏会の会場にムリダンガムを届けるよう頼まれる。そこで、巨匠ヴェンブ・アイヤルの演奏を目の当たりにしたピーターは、自分もムリダンガム奏者になりたいという思いにかられる。だが、動物の皮を扱うムリダンガム職人の家の身分はダリット(不可触民)。アイヤル師の弟子にしてもらおうと直訴しにいくが、一番弟子のマニは身分を理由に追い払おうとする。アイヤル師は、ピーターの素質を見抜き弟子にする。修行に励むピーターに、マニがさらにつらく当たるのを見て、アイヤル師はマニを追い出してしまう。マニはテレビの音楽番組のMCを務める妹の伝手で審査員になる。その番組に出演したピーターはマニとひと悶着起こし、警察沙汰になり、とうとうアイヤル師に破門されてしまう・・・

カーストの壁は厚く、いまだに動物の皮を扱うムリダンガム職人で演奏者になった人はいないのだそうです。ピーターは、その壁を破れるのか・・・
ピーターを演じたG・V・プラカーシュ・クマールは、作曲家でありピアニスト。左右の手の動きが異なるのはムリダンガムも同じ。一年間かけて特訓したそうです。そして、彼は、なんと音楽の神様ともいえるA・R・ラフマーンの甥! A・R・ラフマーンは、本作で音楽監督を務めていますが、ラージーヴ・メーナン監督とは30年来の友人。本作に出て来るカルナータカ音楽は、伝統的な本物で、A・R・ラフマーンは、ピーターの感情を伝える部分などの音楽を担当しています。
映画スターの推し活をしていた大学生が、伝統音楽に目覚め、様々な障害に立ち向かう物語に心躍らされました。


nandri.jpg
この映画に惚れて、日本で公開したいと配給会社テンドラルを立ち上げてしまったのが、南インド料理「なんどり」さんの奥さま稲垣紀子さん。(写真左。お隣は、いつも美味しい南インド料理をつくっている旦那さま。8月17日の試写の折に)

公式サイトに、この映画の推しポイントがたくさん掲げられています。

とにかく酔狂なインド料理店が日本上映権を買っちゃったインド映画が何なのかご興味のある方に!

なんといっても、これが一番の推しポイントでしょう!
ぜひ劇場に駆け付けてください♪ (咲)



◆2018年東京国際映画祭で『世界はリズムで満ちている』のタイトルで上映された折の公式レポート
「A・R・ラフマーンさんとは30年来のお付き合いで親友です」10/30(火):Q&A『世界はリズムで満ちている』
https://2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=51044

大きな変革を遂げる主人公を描きたかった」10/28(日):Q&A『世界はリズムで満ちている』
https://2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=50979

◆映画祭報告に掲載したこちらの記事もどうぞ!
『響け!情熱のムリダンガム』(2018年TIFF上映時タイトル『世界はリズムで満ちている』) 茨城・あまや座でトーク付き上映(4/16・4/17)
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/486377461.html


2018年/132分/インド/
配給:テンドラル(南インド料理店なんどり)
公式サイト:https://thendral.co.jp/mridangam-movie/
★2022年10月1日(土)、東京 シアター・イメージフォーラム他、全国順次公開
posted by sakiko at 19:51| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

スーパー30 ~アーナンド先生の教室~   原題:SUPER30

super30.jpg
(C)Reliance Entertainment (C)HRX Films (C)Nadiadwala (C)Grandson Entertainment (C)Phantom Films.

監督:ヴィカース・バハル  
出演:リティク・ローシャン 『WAR ウォー!!』 ムルナール・タークル アー
ディティヤ・シュリーワースタウ パンカジ・トリパーティ

1996年、ビハール州パトナ。数学の優秀者表彰式で金メダルを受賞したアーナンド・クマール。彼にとっては金メダルよりも2位の賞品である数学の学術書の方がうらやましい。メダルを授与した州の教育大臣ラーム・シンは、「パトナの天才! 君にはいつでも援助するよ」と褒め称える。
ベナレス大学の図書館にイギリスから学術書が届くのを見計らって、列車の屋根に乗って駆け付ける。学術書を読んでいたところ、「学外者は失せろ!」と追い出される。図書館員が、「学術書に論文が載れば一生届くよ」と教えてくれる。誰も解いたことのない問題を解いて送ろうとするが、イギリスまで220ルピーかかる。足りない金額を、郵便局で皆が寄付してくれる。夢見るアーナンドに、「王になれるのは王の子だけ」という郵便局員に、「今は違う。賢い者が王になれる」と豪語する。
そして、ついに、ケンブリッジ大学の入学許可が届く。アーナンドの論文に目を留めてくれたのだ。旅費の半分は父が年金を前借りしてくれたが、足りない分を工面しようと、かつて援助すると言っていた教育大臣に会いに行く。「母国を忘れるな」とけんもほろろに断られる。父は心労で逝ってしまう。アーナンドは留学を諦め、母と弟プラナヴと3人でパーパル(豆煎餅)を作って、自転車で売り歩く。
そんなある日、ラッラン・シンという男が、自分の経営するインド工科大学に入るための予備校で教師をしないかと声をかけてくる。看板教師となったアーナンドは、バイクで予備校に通い、母のために家政婦を雇う。羽振りがよくなり調子に乗っていたアーナンドだが、突然予備校を辞め、貧しい子に無料で教える「スーパー30」を立ち上げる・・・

2003年、貧しい家庭の子に無償で食事と寮と教育を与えるプログラム「スーパー30」を立ち上げたアーナンド・クマールの実話に基づく物語。
ドラマチックに見せる為、フィクションの部分も多々あるそうです。実在のアーナンド・クマールは、最初から無償の私塾「スーパー30」を開設しています。予備校の看板教師になり、その後、辞めて無償の塾を開いたために命を狙われるという紆余曲折はフィクション。可憐で良家の娘のスープリヤという恋人の存在も、花を添えたものと思われます。 
それでも、アーナンド・クマールの「教育は天国への道」と、貧しい為に進学を諦める優秀な子どもたちに機会を与え続けてきた精神はずっしりと伝わってきました。
インドといえば、ゼロを発見した国。二桁の掛け算を暗記していることでも有名ですが、そのインドが生んだ天才数学者ラマヌジャンのことを知ったのは、映画『奇蹟がくれた数式』を通じてのことでした。論文に目を留めた教授よりケンブリッジ大学に招聘され、イギリスにわたり、天才数学魔術師と呼ばれた人物です。
そして、アーナンド・クマールの開設した学校の名前は、「ラマヌジャン数学学院」!

♪人に能力があれば、世界は変えられる。生まれが何?♪ 
という最後に流れる歌の歌詞には、まだまだインドでカーストが根強く社会を支配していることを感じさせられました。インド社会で、カーストを乗り越え、実力が評価される時代が来ることを願わずにはいられませんでした。(咲)


2019年/インド/ヒンディー語/シネスコ/154分
配給:SPACEBOX 宣伝:シネブリッジ 
公式サイト:https://spaceboxjapan.jp/super30/
★2022年9月23日(金)全国順次ロードショー



posted by sakiko at 22:40| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

ジャッリカットウ 牛の怒り   原題:Jallikattu

Jallikattu.jpg

監督:リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ
出演:アントニ・ヴァルギース、チェンバン・ヴィノード・ジョーズ、サーブモーン・アブドゥサマド、ジャーファル・イドゥッキ、シャーンティ・バーラクリシュナン

南インド、ケーララ州の奥深い森の中にある小さな村。土地が買えなくて肉屋になったさえない男アントニ。水牛を屠ろうと鉈を研ぎ振りおろそうとすると、命の危機を察した牛は怒り狂って全速力で逃げ出す。夕食のカレーや、婚約式の料理のために屠られるのを待ち構えていた人々も、アントニと共に一団となって牛を追いかける。暴走する牛は、村の商店を破壊し、ハーブやタピオカ畑も踏みつぶして台無しにしてしまう。
農場主や教会の神父、地元の警察官も交え教会に集まり対策を立てる人々。穴を掘りワナをしかける。
アントニは恋心を寄せるソフィに愛想を尽かされていたが、自分の手で牛を捕まえてソフィに見直してもらいたいと奮闘する。一方、かつて密売の罪で村を追放された荒くれ者の猟銃使いクッタッチャンが呼び戻される。ソフィをめぐっていがみあい、自分を密告したアントニを恨んでいた。牛追い騒動は、いつしか人間同士の醜い争いになっていく・・・

松明をかかげて、牛を追って森の中を疾走する大勢の男たちの姿に度肝を抜かれます。
バリ島のケチャにも似た掛け声が森の中に不気味に響きます。正常心を失って、人間ピラミッドまで作ってしまう男たちに対し、家で静かに過ごしている女性たち。女性は家にいるものという考えがあるのかもしれませんが、かえってしたたかで賢く思えます。
ケーララは、インドの中でもキリスト教徒の多い地ですが、この村にも土地持ちの人が寄付した場所に教会が建てられています。
ヒンドゥー教徒は牛は神聖なものとして食べませんが、キリスト教徒はOK? というか、牛と水牛は別物なのでヒンドゥー教徒も食べるのか?と、関係のない疑問がちょっとわきました。
それにしても、CGをほとんど使わないで、実物の水牛とアニマトロニクスを駆使して描いた水牛がリアルです。監督はスタッフと一緒に『ジョーズ』と『ジュラシック・パーク』のシーンを何度も繰り返して観て作り上げたのだそうです。牛だけでなく、どうやって撮影したのかと思う場面が多々あります。撮影監督のギリーシュ・ガンガーダランは、イスラーム映画祭6で上映された『青い空、碧の海、真っ赤な大地』の撮影も担当された方。
とにかく凄い映画なのですが、最後のオチで和やかな気分にさせられました。(咲)


2021年度アカデミー賞国際長編映画賞インド代表作品

2019年/インド/マラヤーラム語/91分/スコープサイズ/カラー/5.1ch
字幕:松岡環 / 字幕監修統括:粟屋利江
配給:ダゲレオ出版(イメージフォーラム・フィルム・シリーズ)
(C)2019 Jallikattu
公式サイト:http://www.imageforum.co.jp/jallikattu/
★2021年7月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー

posted by sakiko at 19:58| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする