2019年04月28日

カンパイ! 日本酒に恋した女たち 原題 Kampai! Sake Sisters

2019年4月27日
YEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

カンパイ! 日本酒に恋した女たち.jpg
(C) 2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE

日本酒の未来を切り拓く3人の女性たちを描く
日本酒に魅せられた女たちの物語


監督・脚本:小西未来
プロデューサー:柳本千晶、小西未来
キャスト
今田美穂
千葉麻里絵
レベッカ・ウィルソンライ
久慈浩介
ジョン・ゴントナー

 日本酒に魅せられた3人の男性(外国人日本酒伝道師、外国人杜氏、海外への進出に積極的に挑戦する南部美人の蔵元)を描いた『カンパイ! 世界が恋する日本酒』の小西未来監督が贈る、日本酒ドキュメンタリー映画第2弾! 今回は、かつて女人禁制とされていた日本酒の世界で先駆者として活躍する女性たちの姿を追っている!
 広島で100年以上続く酒蔵をついだ女性杜氏の今田美穂さん、日本酒のバーテンダーともいえる、大胆な日本酒ペアリングで新たな風を起こしている日本酒バーのソムリエ千葉麻里絵さん、そして、外国人向けに試飲会や講習会など、日本酒の魅力をPRするニュージーランド出身の日本酒コンサルタント・レベッカ・ウィルソンライさんという3人の女性の活動を紹介し、新しい日本酒の魅力的な世界を紹介している。
 監督は米国在住で映画ジャーナリストとして長年ハリウッド映画業界の最前線で活躍する小西未来。海外にいるからこそ見える、日本酒の海外展開事情を、私たちに映像で教えてくれる。そして、日本での新しい日本酒製造の取り組みや伝統も伝えてくれる。

今田美穂さん.jpg
(C) 2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE

 長らく女人禁制だった日本酒の世界だけど、そんな中で道を切り開いてきた女性たちの姿が誇らしい。今や「女性杜氏の会」というのもあるくらい女性杜氏がいるらしい。3,4年前の数字で30人くらいというのを見たことがある。そんな中で、この作品に出てきた今田美穂さんは先駆的な存在。こういう人がいたからこそ増えているのでしょう。
そして、前作に引き続き日本酒の新しい波を感じさせる作品に仕上がっている。
それにしてもこんなにも海外で日本酒の魅力が広がっているということに前作に引き続き驚かされる。前作に登場した方も出てきて、今、どうしているかなと思う観客の期待にも沿っている(笑)。実は前作を見た後「南部美人」を探してあちこちの酒屋さんや日本酒を置いているスーパーを巡った私としては、蔵元の久慈浩介さんがちょこっと出ていたのも嬉しかった。最近行った地元の蕎麦屋に「南部美人」を置いているのをみつけたので、今度飲んでみたいと思った矢先にこの作品を観た。今度は今田美穂さんが作っている今田酒造の「富久長」を探して飲んでみたい(暁)。


『カンパイ! 日本酒に恋した女たち』公式HP
製作年 2019年
製作国 アメリカ・日本合作
配給シンカ

なおシネマジャーナルのでは、前作『カンパイ!世界が恋する日本酒』で小西未来監督にインタビューしています。よかったら、こちらもごらんください。






posted by akemi at 21:14| Comment(0) | 日本・アメリカ合作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする