2019年06月27日

Girl/ガール 原題:Girl

IMG_0286.JPG


監督・脚本:ルーカス・ドン
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテ

15歳のトランスジェンダー、ララは娘の夢を応援する父に支えられ、バレリーナを目指して難関のバレエ学校への編入を果たす。それと同時にララが待ち望んでいたホルモン療法も始まるが、効果はなかなか現れなかった。それでも夢のためにバレエに没頭し、そのかいもあって先生の目も少しずつララに向けられるようになる。

近年、トランスジェンダー役をシスジェンダー(身体的性別と性同一性が一致している人)が演じることへの批判が起きているようだ。が、そうした議論は観客にとって関係ない。トランスジェンダーであろうと、シスであろうと肝心要はその俳優が「役を生きているかどうか」だ。本作の主役であるビクトール・ポルスターが現実にはシスであっても「ララ」その人にしか見えない。それほどに、本作に於けるララとビクトールは一体化している。

少女の繊細な感情を生理的な面にも目を逸らさず演出した監督・脚本のルーカス・ドンは、これが長編デビュー作とは思えない安定感を見せる。また、完璧なララ像を造形し得たビクトール・ポルスター無しでは成立しなかった秀作だろう。

成長期にあって、男性性器をレオタードの中に収める苦しさ、テーピングの痛さ、トイレやシャワールーム、あらゆる場所でララの身心を疼痛と困難が駆けめぐる。豆だらけで血まみれになった爪先…。カメラは容赦なくトランスジェンダーが立ち向かう過酷な”日常”を映し出す。飛び散る汗、涙。これほど身体性を痛痒させる青春映画は少ないのではないか。

主人公の痛みを家族や周囲の理解が支える展開が救いだ。本作は第71回カンヌ国際映画祭〈カメラドール〉(新人監督賞)を受賞した。ルーカス・ドンは、ベルギーを超越した新世紀映画界の監督となる大器の予感がする。(幸)


2018年/ベルギー/カラー/105分
©︎Minuet 2018
配給 クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト: http://girl-movie.com/
7月5日(金)より全国公開
posted by yukie at 13:43| Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

パパは奮闘中!  原題:Nos Batailles   英題:Our Struggles

papa funntoochuu.jpg

監督・脚本:ギヨーム・セネズ 
共同脚本:ラファエル・デプレシャン
出演:ロマン・デュリス(『タイピスト!』『ムード・インディゴ うたかたの日々』)、レティシア・ドッシュ(『若い女』)、ロール・カラミー(『バツイチは恋のはじまり』)、ルーシー・ドゥベイ

妻は子どもを置いて家出、職場ではリストラの嵐・・・
人生は日々闘い!


オンライン販売の倉庫で働くオリヴィエ(ロマン・デュリス)。残業続きで忙しく、幼い息子のエリオット(バジル・グルンベルガー)と娘のローズ(レナ・ジラード・ヴォス)の子育てと家事は、妻のローラ(ルーシー・ドゥベイ)に任せきり。
そんなある日の午後、学校から子どもたちを迎えに来るよう電話がかかってくる。母親が迎えに来ないというのだ。子どもたちを連れて家に帰ると、ローラは身の回りの品と共に消えていた。心当たりもなく途方に暮れるオリヴィエ。その日から、オリヴィエの闘いが始まる。仕事は忙しいのに、慣れない子育てに家事もこなさなくてはならないのだ。おまけに、職場で人望の厚いオリヴィエは肩たたきの対象になった人の相談に乗ってあげないといけない。やがて、本格的に会社がリストラ政策を打ち出す。会社側からは、人事部のポストを今より高い給料で用意すると声がかかる。一方、組合の専従のポストが空いたから、ぜひ専従になって会社と闘ってくれと頼まれる。専従を引き受けると、遠くの町に引っ越さないといけないので、子どもたちは母親が帰ってきた時に困ると不服だ。さて、オリヴィエはどうする・・・
Nos batailles sub2.jpg

日本語のタイトル『パパは奮闘中』から、ママが家出して、パパが子育てに奮闘する物語とイメージしていたら、もう一つの物語の軸が、職場でリストラが始まり、組合側につくか、会社側につくかという選択を迫られる話。
がぜん興味を持ちました。というのも、私自身、20年ほど前に、勤めていた会社の経営が悪化して、希望退職とい形で辞めた経験をしているのです。それまで一緒に仲良くカラオケやお酒を飲みに行っていた上司が、部下のクビを切る立場になり、内心、さぞつらかったことと、この映画を観て思い出しました。

そういえば、私の知り合いの男性で、家に帰ったら、奥さんとお子さんが、身の回りの品と共に消えていたという方がいます。お子さんを置いていかれなかっただけ、マシ?

どこの世界にもありそうな物語。結構辛辣なテーマを、ユーモアも交えて軽やかに描いています。

原題Nos Bataillesは、「私たちの戦い」という意味。 ギヨーム・セネズ監督にインタビューした際、タイトルに込めた思いを伺ったら、人生の中で起こる様々な戦いを想定。「戦い」も複数形であることに注目くださいとの答えでした。 (咲)

DSCF8360 papa.JPG
ギヨーム・セネズ監督  
*インタビューは、こちらでどうぞ!

2018年 トリノ国際映画祭 観客賞受賞
2018年 ハンブルグ国際映画祭 批評家映画賞 受賞
2019年 セザール賞 最優秀男優賞・外国映画賞 ノミネート
2019年 ベルギーアカデミー賞(マグリット賞)作品賞、監督賞 含む 5部門受賞

2018年/ベルギー・フランス/99分/フランス語/日本語字幕:丸山垂穂
配給・宣伝:セテラ・インターナショナル/宣伝協力:テレザ、ポイント・セット
協賛:ベルギー王国フランス語共同体政府国際交流振興庁(WBI)
@2018 Iota Production / LFP – Les Films Pelléas / RTBF / Auvergne-Rhöne-Alpes Cinéma
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/funto/
★2019年4月27日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開





posted by sakiko at 21:59| Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする